So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

花より男子 感想 [TV感想]

と、いうことで花より男子視聴感想です♪
因みにこれは、日本版の方の感想です~(笑)
はい、旦那と一緒に、まったり視聴してみましたが・・
やはり、当時のドラマは凄く面白いですね。
というか私好みな作りです♪
原作と見比べてみると、話の展開が速かったり、時や場所、細かい物語の展開は、かなりオリジナルになっているものの、本筋はブレルことなく、非情に面白く視聴できました♪
そう、オリジナルを面白くさせるのも監督、脚本の腕なのですよ!!
近年の実写化のドラマは、本筋を無視し、変な形でのアレンジゆえに、可笑しな内容になっているものが多くて・・(苦笑)
本当、何の違和感もなく、スルスルと世界観に入っていけます。
多少のビジュアルの違いはあるものの、原作キャラの個性を壊さず作ってくれてるので、とにかく面白いんです!
そう、原作は少女漫画ですが、男子に媚びない主人公
これが大事!!
お互いに気に入らない同士だった二人が、ひょんな出来事で・・
そして、色んな問題を乗り越えていくことで、恋心を芽生えさせていく。
特に、松本が演じた道明寺なんて、最初は他人の痛みを理解することの出来ない、力で物をいうだけだった男なのに、 井上真央が演じた、つくし好きになることで、人を大事にしたいという思いと、他人の痛みを知って一人前の男へと成長していきます
その過程が、とってもイイんですよ~~~
心境の変化や出来事が、なかなか丁寧に、しっかりつと作られていく!!
とはいえ、英才教育しかお勉強してきてない子なので、根本的な所がズレまくっており、それ故にハチャメチャで、ドタバタなラブコメモード~になっちゃうんですけれどね(笑)
それが面白可笑しくてたまらない~
も~1話ごとに必ず笑いや噴出してしまうシーンが出てしまう・・
でも、閉めるところは、ちゃんとしめるんですけどね♪
つくしはつくしで、小栗が演じる、憧れの少年、類・・・(因みに、私は今も昔もこっち派です/笑)
その彼への気持ちが、憧れによる恋心ではない、本当に好きなを相手見つけていく。
嫌いで、にくくて仕方ない男だったのに、いつの間にか迷惑だけど放っておけない気持ちになっていく。
そして、ピンチの時に助けてくれるの役が、類から道明寺に変わっていく度・・少し、気になる存在が、オバカだけど、頼れる男になっていく・・
そして、最後の最後~大きな試練を乗り越えることで、周囲の反対もなくなり、誰もが認めるベストカップルになり・・ハッピーエンドで終わる
という展開です♪
今の若い世代の人には、イジメのシーンがキツイ~と言われるかもしれませんが、これぐらいの生涯を乗り越えてこそ、人間成長していけると思うし、人間打たれ強くなるべきです♪
そして、痛みや辛さを知るから他人を思いやれる。
その気持ちが人を大きく成長させるんです。
その気持ちがあってこそ、真の優しさを得ることが出来る
敵を見方につけられるかどうかも人間としての器の大きさです。
負けずに頑張った証でもあります。
なので、私は、踏みつけられてもめげない、雑草のつくし~なキメ台詞、凄い好きですよ。
踏まれたら何度でも立ち上がり、立ち向かえばいいんですよ♪
と、そんな強い心の主人公つくしだからこそ、面白い~と、思えたのだと思います。
そして、後は個々の個性でしょうか~~
金持ちのお坊ちゃま~というだけあって、個性が引き立ってて面白いです♪
マイペースで何考えてるか分からないけど、優しい花沢類
自己中心的で、馬鹿すぎて何考えているか分からない道明寺
マダム好きの男に~
つくしの、個性を誰より早く見切った男に~
てな感じの、登場人物ゆえに~
本来なら、シリアスな展開でつき進むはずが、ギャグ路線へと、ちょいちょい転換してくれるので、なかなかテンポが良い感じで・・でも、胸に響く台詞や出来事もちゃんとあって・・・♪
そんな感じの作品です。
本当、脇役もかな~~りいい味出してくれるので・・(笑)
何気ないシーンで、こんなに笑わせてくれる作品~て、なかなかないと思います♪
原作が少女漫画ですが、男性でも楽しめる範囲ですし・・♪
やはり、恋愛物は、近年のものより、昭和~平成にきりかわった当たりの、レトロドラマが好きですね♪
妙にしっくりきます。
登場人物、そして、物語も内容も・・
大人になった今でも楽しめるのですから♪
近年の実写ドラマは、原作は面白いのにドラマが思ったよりも面白くなかったりしますしね。
絶対彼氏~当たりまでは実写ドラマも最高に面白かったんです♪
設定が違いすぎてダメ~とかいいながら見てみたら、原作とは違う、組み込まれたオリジナルストーリーが予想以上に面白くて・・・。
というか、学生からOLな設定に変えられたおかげで物語の視野が凄く広がり、ドラマ版ならでは~の面白さが出ていて、今でもお気に入りの作品です。
そんな風に思えるドラマが増えて欲しいものです。
やはり、作品への愛がなければ面白く作るのは難しいのかもしれません。
商売勘定だけでは、なかなか心のある作品は作れないでしょうし~~
特に恋愛物は~~
と、思ったのでした~。
話脱線しましたが、花より男子、イイドラマです!
恋愛以外にも色んなことに頑張る主人公が見ていて気持ちよいですよ♪
タグ:小栗
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

映画 ビンゴ [買い物♪]

はい、又もや動物の映画です(笑)
映画 ビンゴと、題名にひかれて手にしてみたら犬が飼い主を求めて代冒険~なホームコメディ~ぽい内容で・・
結構、コメディだけど、ラストは、しっかり家族の絆などを描かれて、感動できるんですよね。
だから、何気に動物物~はまってしまうのかもしれません(笑)
というか、動物に悪意のある生き物っていません。
だから、見てる癒されるのです♪
人は、悪意を持って他人を平気で傷つけます。
でも、動物達が牙をむくときは、自分の身を守るとき・・
後、飼い主のしつけが悪い時だけです。
ペットがお馬鹿なのではなく、ペットのしつけが出来ない無知な人間の方が愚かなのです~
と、近年、しつけの出来ていないペットを見ると、よく思います。
可愛そうなのは飼い主ではなく、ペットの方が被害者なのだと~
しつけちゃんとすれば、ペットは皆イイ子になりますからね。
子供のように、ちゃんと愛して育ててあげましょ~~と、思いつつ・・。
又、旦那と一緒に視聴しようかな~♪

にしても、動物物って、どうしても犬系が多い・・
なので猫系の物も見て見たいけれど・・・
やはり、自由奔放なニャンコには演技が難しいのかな~~^
何時か又、子猫物語が、又見たいです。
最近の人は、簡単に虐待だとか、すぐに騒いじゃうけれど・・
本当の虐待を知らない人は、教育的指導と暴力の違いがわからない人も多くて、面倒な世の中だな~て、思います。
親にしつけでぶたれたことのない子供には、ちょっとしたことでも虐待になってしまうけれど・・
人は痛みなくして成長は出来ませんからね。
教育的指導と、本当の虐待~の区別、今の若い大人、子供供に学ぶべき人が増えてきてるような気がしますね。
熱血指導は古い~ていうけれど、それはきっと、経験したことのない、ゆりかごの中でずっと育ってきた人達故の意見なのでしょうね・・
個人的には、ちょっと寂しいですけれど・・
熱血指導は、心鍛えられて凄くいいのに~~♪
な~~んて、映画とは関係ないこと語ってしまってスミマセン~~
いや~話の流れでなんとなく・・・(笑)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ぼくらの勇気 未満都市 情報を更新! [芸能関連]

ということで~まずは、まずは~~~
ぼくらの勇気未満都市~~
KinKi Kidsデビュー20周年~SPも放送されることだし、これを記念に、BOX化しないかな~~~と、少し前に旦那と話してたんですよ~
そしたら、旦那いわく、それは大人の事情で絶対無理、ありえんだろ!
な~んて、ことごとく夢と希望を叩ききられていたので、泣くなく諦めていたのですが・・(笑)
なんと~~BOXが発売決定です!しかも
高画質リマスター版ですよ~♪
BOX発売だけでなく、高画質で見れるとは~~
流石に、ビデオ時代の作品ですからね~
本当、嬉しい出費です♪
ということで~今の所UPされている詳細は以下の通り

ぼくらの勇気 未満都市 Blu-ray &DVD BOX 2017年 7月19日 発売 ブックレットつき



そしてもう一つ~

ぼくらの勇気未満都市 2017
http://www.ntv.co.jp/mimancity/
金曜ロードショーにて、7月21日 金曜 夜9時放送
と、情報更新されていたので、UPさせて頂きます!

にしても、20周年記念に、SPやら、BDの発売やら、まとめて、一揆に出血大サービス~~ですね~♪

本当、最近出費が多い~~
嬉しいのですが、嬉しい出費なのですが~~~(笑)




タグ:キンキ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

2017 6、7月夏のチェック ドラマ [新ドラマ情報]

ブランケット キャッツ
http://www.nhk.or.jp/drama10/blanketcats/
新しい飼い主を見つけるため、ブランケットと共に2泊3日でトライアルされる7匹の「ブランケット・キャッツ」。猫の飼い主探しをする謎の家具店店長と、幼馴染の獣医師が、猫を通じて人々の人生に小さな光を灯します。
という、猫を通しての人間ドラマがみれそうかな~と思っていたら・・
西島秀俊さんが主演~てことなら是非視聴させて頂こう~てことで視聴することを決定!
BSでは今週から~ 総合では来週あたりからの放送~


僕達がやりました
https://www.ktv.jp/bokuyari/index.html
青春とサスペンス~と、なかなか斬新で興味ひかれた~ていうのと・・
後は窪田君が主演なら、見るっきゃない~~~!と、いうことで~~

今回はこの2作品に決定しました♪
今から楽しみです♪

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班  10話 [TV感想]

とうとう最終回は15分の拡大版です!
と~前回の爆発事件の続きから~ということで・・
急死に一生を得た特務班達~~
の、冒頭から、班長の一言に、思わず、ホッと、深呼吸してしまいそうになりました(笑)
だって、皆~生きているか~だったら、後10分だけ休憩して反撃開始だ~~て、どれだけ余裕な素振りなんですか~~(笑)
そして、それに皆して従い、ボロボロのカッコで休憩の体制に入るし・・(笑)
この余裕っぷりが大好きです、このメンバー♪
やっぱ、人間、イザ~て時の余裕あり~なスマートなのがカッコイイです♪
そして・・
罪に苛む稲見と、それを制し、守ろうとする田丸のコンビも、又カッコイイ!
お前を殺させるようなことはしない・・
だって・・♪
もう、このメンバー達はカッコイイ所満載です♪
そして、何気に男同士でのこういう語らいもイイです♪
仲間同士の絆~ていえばいいのかな~~そううの大好きです!!
そして、その結果を面白おかしく見守る?上層部・・
自分自身が危険な目にあってないので、余裕こいてます!
そう、踊る代走査線でいうなれば、事件は会議で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!
てのと、部下は貴方の玩具じゃない!て奴です!!!
本当に、駒は奴ではなく、お前だ~~と、指摘したくて、ムズムズしちゃいます!
そして、奴が動きます。
そう、彼も国家の犠牲者なのですよ。
そう、罪は罪・・犯罪は犯罪・・でも、本当の敵は、ここでもやはり、彼ではなく、国家!!
そして、再びリアルなニュースシーン!
そして、上層部の官僚共は~~
本当に、自分の身の安全しか考えてないのですか!
考えていないんですね!
しかも、自分の息子の命まで平気で餌にするとは・・
人としてだけでなく、父親としても失格だ~~!!
有能な息子は必要で、出来の悪い息子はいらない~て奴でしょうか・・
色んな親子が世の中には確かにいますけどね・・
血は繋がっていても幸せでない家族・・
血は繋がっていないけれど本当の家族以上の絆で結ばれている家族とか・・・
そして、この特務班の絆も・・
そう、危険な立場にいることは、彼らも仕事、その当たりは理解しています。
けれど、部下である自分達に嘘をついて、都合のいい命令を下す・・そんな上司なんて、信じられるはずがないのです。
それ故に、理由のわからない危機に陥ります。
そんな気持ちは皆一致で・・
そんな状態に、病む追えず・・という形で上層部の彼は真実を語り始めます。
その語られた内容に、状況理解は出来ても、納得などできるはずもない・・
しかし、これも彼らの仕事です。
そこは、やはりプロなのですね・・彼らの信頼できる上司、班長は・・。
物言いたげな皆の表情が全てを語りながらも承諾します。
上に逆らえば下っ端の立場なんて・・紙のように軽い扱いですからね・・(苦笑)
そして、やはりドラマを盛り上げるには、個々の個性と、表情・・・ 言葉なくとも、瞳や、表情にうそ臭さのない、演出が本当に大事だな・・と、思いました。
そして、又もや爆破!
更に特捜班の一人が撃たれてしまいます!!
やはり、実践での戦いは、稲見と田丸の腕が物をいうのですね・・
というより、彼らの戦闘技術は相当~なものだと、今更ながらに痛感します。
勿論、他のメンバーは爆破処理や、ハッキング~担当~ということで、実践の戦闘向き~ではないです・・。
人にはそれぞれの役割があって、誰一人としてかけちゃいけないんですよね
かけていれば、出来なかったことも多くあったでしょうから。
それでも、復讐をはたしたい・・と、その強い思いが、相手は強く、稲見達よりも一枚上手・・なのかもしれません。
けれど、傷をおいながらも・・・というよりは、あれは相手の隙をつくためわざとの行動でしょうか・・
血を流しながら、その急所を狙われながらも、必死に戦います・・・。
そして、撃たれた特捜班の様態は・・はい、よくあるオチ~で、思わず笑ってしまいましたが・・(笑)
何はともあれ、無事でよかった~~♪
そして、稲見達の戦いも終止符を打ちます。
こんな男を殺す価値はない・・・
何時ものの、彼のその一言で・・・
そして、亡き愛しい人の亡骸を思い出しながら語る男へと銃口を向けながら、複雑な表情で見つめます。
本当に、彼の語りを聞いていると、憎みたくても憎めない・・
寧ろ命を狙われた馬鹿息子に対して、本当に、こんな男、殺す価値がない・・という稲見の言葉が胸に響きます。
というか、こっちの馬鹿息子のしでかした行為にこそ腹がたちそうというか、なんというか・・
そんな視聴者の気持ちを代弁するかのように、稲見は更に語りかけます。

俺も同じ、生きた屍だ 国家に命令され、無実の人間を殺したあの時から 俺は一瞬だって、きちんと生きた心地がしなかった お前もそうだろ 俺が、お前を解放してやる

そういって・・
これも、この手の番組のお決まりのシーンになるのですが・・
そう、稲見は殺しました。
今まで罪を犯してきた彼を・・

今お前は死んだ でも、生き返れ 俺が羨むぐらい、生きることを楽しめ

そして、言葉なく涙する男・・
そう・・
罪は死んで購うものじゃない・・ 生きて償わなければいけないのです。
なのに、こんな悲しい結果になるとは・・
空を見上げる様子に、凄くイヤな予感はしていたのですが・・
本当に、国家って奴は心のない生き物の塊なのでしょうか。
こんなにも自分の私利私欲のために人を簡単に殺せるのでしょうか。
人を殺めて心を痛めない人間の心が知れません
命令だから・・
上司に逆らうことは・・と、階級昇進のためにいたし方ないのでしょうか・・
そんな気持ちでトップに躍り出ても、正しき世の中のために働く国家へとかえることが出来るのでしょうか・・
人は、罪を負えば、胸を痛め、反省する。 その気持ちがあってこそ、人は成長していきます。 それなくして、何のために失敗をするのか・・ 人間、学ぶために失敗するのです
そして、自分の想像通りに働かない連中に対しての上層部の一言・・
本当に、この男の思想は、私にはついてゆけません。
ついていきたとも、到底思えないのですが・・。
事件は解決しても、特捜班の表情に安らぎの表情は一切ありません。
そう、まだ本当の決着はついていない・・
今後どうなっていくのだ~~~という所で、残念ながら続き~~という形になってしまうのですが・・
そう、本当に、このラストの終わり方が最高に、続きを気にさせてしまう!!
本当にこの作品は監督、脚本、演出、全てが最高のクオリティの作品だったと思います。
公安機動捜査隊という物は聞きなれず、普通の警察官とは違うな・・とは思っていたのですが・・
この仕事は、主に爆発物等を用いたテロ事件の初動捜査や特殊な鑑識活動、NBCテロの研究などを担当する部隊・・
特捜班は、その上のクラスの部署の模様。
普通の警察官とは違い、捕まえることが前提の仕事で、否認被疑者を落とす”等の刑事の真髄とは多少異なるようですが・・
やはり、軽く調べただけでも、特殊な部署?のような気がします。
というか、このドラマ~~本気で二期とかしてくれないのでしょうか・・
かなりお気に入りのドラマになってしまいました♪
近年の金儲けしか考えてない、ペラペラのドラマとは一味も、二味も違い、こんなにはまれたドラマは、なかなかないです♪
ヘタしたら、4号警備よりも、ちょこっとだけ好きかもしれません。
はい、ほんの少しだけ~~ですけどね(笑)
4号警備も十~~分に面白いし、イイ出来だし、見ごたえはバッチリ~なのですが・・
続きが気にさせる最終回~~~という締めくくり方は、此方の方が一歩だけ上かな~~て感じで・・(笑)
いやはや~
今期は二作品供に当たりドラマでよかったです♪
次から始まる、僕達がやりました。は、チェック作品の一つでもありますが・・
面白いことを祈っております♪

ではでは~~♪

本当、こういう実のあるドラマ、もっと増えて欲しいですね♪

次は、真ドラマの情報UPかな~♪


タグ:小栗 西島
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

BORDER2 贖罪 [芸能関連]

BORDERがSPドラマBORDER2 贖罪として帰ってくる!

https://blog.so-net.ne.jp/_common/img/spacer.gif

ということでアドレスだけはっておきます。
詳細はまだあかされておりませんが~
お気に入りのドラマでしたので、凄い楽しみです♪
最近は連ドラSP多いですね~~♪
これを機に、再放送して欲しいかも・・♪
タグ:小栗
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

トレジャー バディーズ 小さな5匹の大冒険 [買い物♪]

はい、過去~ブログ立ち上げる前にバディーズ・セットというのを偶然見つけまして~
確か1ケースにて2枚~2作品入っているのを入手したんですよね。
それ見て、少し、はまってしまいまして・・(笑)
で、今回は、それのシリーズの一つを又旦那が発見してくれまして・・

トレジャー バディーズ 小さな5匹の大冒険(ディズニー)

内容は見たとおり~~
ワンパクな5匹のワンちゃんがドタバタと色んな冒険をして~
今回は、インディージョーンズの冒険~もどきなお話です♪
最後、心温まるお話です。
本当、良い意味で馬鹿馬鹿しくもあり、凄く子犬達が可愛いんです!
はい、猫派だけど、犬も好き~です♪
特に子供や小動物ならなんでも好きなんですけれどね。
ウサギ、ヒヨコ、ハツカネズミ、ハムスター
でも、大型の生き物も好きです。
トラ、ライオン、狼、パンダとか・・
なので、動物園は大好き。
後、水族館のイルカやラッコも~~(笑)
と、話がそれましたが・・
ニャンコよりも、ワンちゃん系の作品の方が中古ショップとかでは目立ちやすいというか数が豊富?といいますか・・(笑)
子猫物語とか凄く気になるのですが、流石に500円では買えないので~~
これ、凄く見てみたいのですけれどね♪
てな感じで~~
ではでは~又、感想とかUPしたいかと・・・♪

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

花より男子 DVD BOX [買い物♪]

はい、花より男子 DVDBOXNEC_3883.JPG
中古にて5000円~て値段だったので、久々に見たくなって入手~~♪
本当、この当時の恋愛ドラマは凄い面白かったですね。
主人公、高校生なのですが、恋愛恋愛~で、男子に媚びていない主人公~てのが、この年齢になっても見れる要素かと思います。
そう、主人公が凄くイイんです!
貧乏で苦労人がゆえ、男子にこびず、イジメにも屈しない~て所凄く共感もてるし・・
何より、正義感の強い女の子は憧れちゃいますね♪
あ~いう、人としての強さ~てのは、年齢関係なく、カッコイイな~~と思うし・・♪
そして、俳優人~~小栗旬~~!!
当時はまったく気にしていなかったので・・・ルイ役が小栗だったとは~今になって気がつき爆笑!(笑)!!
てか、もの凄い若!!!!
今の面影殆どないのですが・・・(笑)
そして、松本潤 は今も昔も殆どビジュアル変わってない気がします(笑)
てな感じで、旦那と一緒に、まったり視聴中~
うん、キャラが本当に生き生きしてていいですね。
女であるつくしに、思い切り殴られた道明寺が、唖然とした目で彼女を見上げる様・・
あの表情がナイスすぎて旦那と一緒に大爆笑~~♪
といった感じで~
又、全話視聴後にて感想かかせて頂きます♪
タグ:小栗
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班  9話 [TV感想]

盛り上がりのCRISIS 公安機動捜査隊特捜班 、9話です~~~!
おお~リアリティのある作品だな~と思っていたら・・年代設定も近年にあわせてあったのですね!
こういうの、作品内の雰囲気とか細かに、きちんと作られているからこそ、違和感なく楽しめるかな~て、思っていたら・・♪
そんな小さなことに感動しつつも・・。
いきなり、惨劇のシーンです・・
ボロボロで、血だらけで転がっている肢体・・
くだけたコンクリートの下敷きになっている様があまりにも痛々しくて・・
そして、過去の回想から戻り~現代の、うって変わって、特捜班の、まったり~な休日姿・・(笑)
うん、本当、この3人、せっかくの休日なのに、他にいく所ないのか~~~と、思わず同感しつつも・・
なんだかんだいいながら、雑談してる姿が妙に楽しそうです。
そして、結局、3人で食事して、遊びに出かける~とか・・仲良しだね~♪
刑事ドラマでもそうですが、やっぱ、このメリハリが私は好きです。休憩時間のすごし方で見てとれる人間関係とか見てて楽しいし・・・♪
そして、相変わらず田丸は、一匹狼~本当、空気に馴染もうとしない男です(笑)
そう、こんな団欒~とした雰囲気ですが、物語は前回のラストの続きです。
そう、田丸の思想を利用しようとしている輩が現れた所
そう・・今度は田丸が特捜班の居場所にて悩む番か??
そして・・稲見~~とうとうデート~~~~!
この二人、じょじょに進展してきてる模様ですが、いいな~~
そうか、二人の仲はちゃんと進んでるんだね♪
稲見にとって、唯一の癒しの場所でしょう♪
仲良くても、職場とプライベートでの仲間は又違いますもんね♪
そして、幸せデートの後には、お決まり~に、皆に弄られる姿が、凄い嬉しそう・・・(笑)
でも、田丸は悪魔でマイペース、何があってもマイペースでクール顔崩しません(笑)
本当につるまず一匹狼姿崩れないな~(笑)
でも、そんなホンワカした雰囲気も一人の人物の登場で一気に空気が変わります。
そして、又新たに、何かが起こり始めている模様。
というか、それぞれが、それぞれの正義のために、動きだしそう・・?
いえ、平和のために、腐った国家を正そうという思いは互いに変わらない・・
同じなのに、方法論が・・・凄い、稲見や田丸の求めてる方向とは違っていて・・・
正義のために悪事を起こしてもいい・・なんてことはないんですよね。
きれいごとだけじゃ世の中渡れないのはわかっていても・・・。
もう、上層部の機密主義が、本当にもどかしいです。
命令は出すのに、その理由は教えられない~~て、仕事とはいえ、納得するのって難しいです。
理由わからずに動かされても、人間正確に動くの難しいです。
やはり、順序というか、手順というか、必要なんですよね。
でないと、信頼関係~て、何?と、思わず思ってしまいたくなる・・。
なんだかんだいっても、仕事において一番大事なのは、信頼関係だ~と、私は思う。
だって、信頼できない相手の下で仕事するのは難しい。けれど、信頼できる上司の下でなら、どんな苦しい仕事だって頑張れる・・。
とは、いえ、なかなかこれが難しいのです。
現場を共にしてくれる上司なら、良いけれど、現場知らぬ上司は数字しかみませんからね~
これはどこでも同じ~
公務員~なんて職種で、しかも、国家試験受けてる身だとなお更~~~。
本当、公務員~特に国家公務員なんて特別待遇されてて、いろいろ羨ましい限りです。
頼むから税金払ってる分だけ働いて欲しい!
最近の警察官不祥事多いです!
ストレス発散するのにチカンとか犯罪犯すの頭おかしいです!
読書とか、スポーツとか、もっと健全な方法ないのか~~~~と、思わなくもない・・。
市民を守るための警察官が犯罪犯してたら元も子もないでしょうに~~。
てなニュースが目立つので、なんともいえないです。
踊る代走査線の青島のような警察官は、いったい今どれくらいいらっしゃるのだろう・・と、思いつつ。
そして、そんな上司の下で働いている稲見・・
彼にとって、彼女は大事な子だからこそ、傍にいて危険にまきこみたくもなくて・・
きっと、普通の、当たり前の恋人のようになれたら~なんて、心の中で思っているのだろうか・・と、ふと思ってしまったりすます・・・。
そんな稲見に、上層部の命令は非道です・・
仕事とプライベートな感情は別とはいえ、本当に人の心を、人同士の繋がりをなんだと思っているのだろう・・・と、思えてなりません。
そう、上層部は、本当に自分達のことしか考えていなくて、現場の人間のことなんて見てやしない・・
それがもどかしくてたまりません!
そして、特捜班、今までにないピンチの状態です!
これも、上司がたかをくくっていた結果ではないのでしょうか!
そして、冒頭の惨劇ににた状態ににた結末に!
次回、最強の敵が目の前に!
そして、とうとう特捜班が崩壊??
そして、初めて、事件が解決せずに、次回に持ち越されます!
見逃せない次回を待て!



タグ:小栗 西島
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班  8話 [TV感想]

はい、CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 今まで以上に更に盛り上がる8話~~!!
今回は目に見える事件や戦い~ではなく内面、田丸の心の戦い・・そんな感じの話のように感じました・・。
そう、彼がスパイとして送り込んだ男が表だった動きをみせてくれるのです。
そして・・その事実に心揺れる、その妻と・・
そして、田丸・・
そう、この二人・・・妻の方ははっきりと言葉にしていたけれど・・
田丸はけして言葉にはしていなかったんですよね。
冒頭から、この二人の微妙な距離感は、単純に仲間を裏切りたくない・・
又は、仲間との間に、もっと深い何かがあるのかもしれない・・
そう、思っていたんですよ。
いえ、あの田丸が仕事にプライベートを交えるなんて思いもしなかったので・・・
今思えば、そう、思い込んでいただけなのかもしれません。
でなければ田丸の口から、初めてはっきりいってくれて、驚きつつも、酷く納得させられてはいなかったでしょうから。
そして、そんな田丸を変わらず稲見は冗談めかしにいうんだよね・・。

良かった・・田丸さんも人の心があったのか・・

て・・(笑)
うん、確かに、彼らの目の前では、まったく田丸は感情というものを見せなかったものね。
他人に自分の本心を見せず、押し殺す達人というか・・
起用なようで不器用な男です。
そして、彼にスパイとして送りこまらされた男・・
きっと、田丸からすれば、今の彼は、過去の自分そのものに見えてしまっているのではないだろうか・・
彼とのやり取りで初めて、彼は初めて仲間の前でクールな仮面をとっていました。
苦しそうな、焦りと、色んな思いが・・。
そんな中、稲見は大事な彼女とバーでひと時の安らぎ・・
でも、そんな時間も、何げない彼女の一言で、稲見の心が揺れます。
そう、純真無垢が故に、今の稲見の心には深くつきささる・・。

人は弱いいきものだから、何もかも正直には生きられない生き物・・ だから小さな嘘なら騙されてもいい・・

と・・・
そう・・彼の抱えている嘘は、大きすぎる・・
そんな罪悪感が、ふとわいたような・・そんな複雑な表情を見せる稲見・・
彼女のことを本気で思っていなければ、こんな表情は見せないでしょう。
人間、大事な人には、本音を語りたい、でも大切だからこそ語れない・・そんな矛盾した思いにかられることだってあるものですから。
人間って、本当~に複雑で、やっかいですね~
単純に見えて複雑・・
複雑に見えて単純なことだったり・・ね・・。
そして、一方田丸の方は・・・
個人的に、この奥さんが、何故こんなにも、サインへと素直にペンを走らせたのか凄く不思議でしたが、おいおいそういうことだったのか・・と、後に、酷く納得させられた感じでしたね。
そしてまたまた、この上層部の上司は~~
キレ者すぎて怖いです、田丸の心さえ見透かしていくとかどれだけの洞察力・・
やはり、経験の差か!!!
もう、彼らのためなのか、自分のためなのか、野心家すぎて、分かるようでわからないです、この男の考えていること~いえ、だからこそ、キレ者なのでしょうが!!!
そして~この回のラストを見てわかったのですが・・
なんか、なんだかんだいって美味しい所持っていきやがった~このお親父~~と、思うのは私の気のせいかな~(笑)
いえ、それを実行してくれた人間は悪魔で特捜班のことをキチンと考えてくれる、人情のあるお人でしがね・・♪
でも、だからこそ、この人も上のいうことには逆らえない、複雑~で板ばさみな人なんだけどね・・・。
そして、女であることを最大限の武器にしてせまってくる妻・・・
ここまでくると、私には、この女が悪女に見えてきて仕方がないのですよ~~。
旦那を裏切るとか、そういう行為私の頭の中にはありえないので・・・!
だって、夫がこんなに痛々しい姿になっているというのに・・!!
ひどい目に合わされているかもしれない~と、理解していながら!!!
いえ、本当、見るの辛くなってしまいそうなくらいに痛々しい姿です!!!
そして、ここで、稲見と田丸の会話・・
本当、田丸にこんな過去があったとは・・ね。
けれど、稲見のいうように、人らしい彼を見れば見るほど、私は田丸という男が魅力的に見えてしまいます。
はい、やはり、人間は人間臭いくらいの方がいい
俺の心が俺の信念をまげたんだ・・という言葉が田丸の心の葛藤を凄く表現しています。
そして、もう一つの台詞・・

利用価値のなくなったコマは捨てられるだけだ・・ だが、コマにだって意地はある
ですって~~~~~
好きです、その台詞、凄くわかる!!!!

そうです、力のない人間にだって、心や信念はあるのですよ!
お前はいらないから~~といって、はい、そうですか~~と、簡単に引き下がってなるものですか~~て、奴ですよね♪

そして・・・
そんな彼を、彼の気持ちを、この段階で、皆見通していたのだろうか・・
なんて思えてきてしまいます。
だって、クールに見えて、仲間意識はとても強い人達だもの♪
そして、女はいう・・・人間は人の言葉には説得されない・・・と・・
確かに、相手の言葉に耳を傾け感化されることはあっても、その答えに頷くのは自分自身・・
でも、お説教して理解させるという分からせ方もあるのは事実で・・
なんだろ・・
今回は男と女な会話なので、もっと複雑なんだよね。
感情と体は別というか・・
本能と理性というか、なんというか・・
そう、男女の関係って人くくりでは表現できないです・・
私、恋愛の経験はあっても、そこまで情熱的に誰かを思う~て経験はなったですからね~(笑)
友達と同じ人を好きになっても、身を引いちゃうタイプだったし・・
恋よりも友情を大事にしていた若かりし頃・・(笑)
そんな感じなので、男女の恋愛って、感じ取ることは出来ても、言葉や文章にすると、なかなか難しいので、上手く表現できず申し分けない~て感じです(笑)
そう、私の恋は、もっと、穏やかで、有り触れたものが好み・・♪
そして、そんな彼女とのやり取りで、田丸も決断したのでしょう・・
決戦の場へ向かうと・・・
ひょうひょうとした面持ちで、仲間が集まってきます!
もう、その時の田丸のなんともいえない、嬉しいような、泣きたいような、戸惑っているような、この言葉に出来ない表情がたまらなくいいですね
そして、普段のたわいない会話をかましながら、爆発音とともに突撃です!
皆力合わせてGO~~!
で、なんだかんだで、最後は稲見&田丸コンビへと託されて突進していくのですが~~
く~~やっぱ、警棒取り出すシーンがカッコよすぎです!
軽く振る動作と同時に、ジャキンという音が響く瞬間が好きなのです!!
銃を構える仕草とか、なんでしょ、そういうシーンに憧れてしまうんですよね。
アクションも、自分には絶対出来ない物なので、あんな風に自分も出来ればな~~と、心のどこかで思ってるのでしょうか・・・(笑)
そして、残りの二人~
田丸と稲見がこんなに苦戦するのは始めてみるかもしれません!
ズタボロにされながらも戦います!
そして、死んでいるのか、生きているのか~~もう、傷だらけの仲間を凝視し、ボロボロの体で抱えてつれいきます!!
さ~出口はすぐそこ~~~という所で、最悪の事態に!!
だがしか~~し、その絶望も一瞬で消し去られ~~~~!!!
こっちの上司~~やっぱ、憎めないし、寧ろ好感度上がっていきます
だって、少なくとも、こっちの上司には愛が感じられるもの♪
そして~~
田丸とこの二人は、もう、二度と会うことはないのでしょう・・。
そう・・そんな鑑賞に浸る時間もなく・・・
次回、とうとう最終章に突入~~!
クライマックスに向けて最後の盛り上がりへ!!!
タグ:小栗 西島
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | -