So-net無料ブログ作成
検索選択

東京喰種 トーキョーグール 実写映画 感想 [映画感想]

はい、東京喰種 トーキョーグール~実は密かに気になりつつも、最近の実写化作品の評価、あまり宜しくなかったり~
そもそも、よくわからない、にたりよったりな高校生向けの恋愛漫画系の実写が多すぎて邦画映画自体興味なくなっていたのですが・・(笑)
今回は、思い切っていってみることに~♪
元々窪田君が好きで、原作の方もそこそこ興味があり、一応中身もそれとなく目を通したことがあり~という状態で・・
CMや特番で見た限りセコイ作りしてなさそうですし・・
CMはR12~のせいか、あまり見かけない分、番線ではかなり気合入ってるようだし・・
作品を知り尽くしていないが故の目線で見れるのが一番面白いのかも?
窪田君の演技なら、上手く役作りしてくれそうだし・・
何より、旦那自身が原作読んだこともある作品だし・・

てないくつかの条件により、見に行くことにしたのです(笑)

そう、旦那は漫画で一応ためし読みをして・・
旦那が予約していたアニメを偶然私も3話くらいまで見て・・しかし、3話以降は予約失敗して見れずそのまま・・
と、いった感じです。
映画もここ暫く見に行ってなかったので、久々に見に行くのも悪くないしいいかな~と、軽い気持ちでいったのですが・・(笑)
個人的意見ですが、凄く面白かったです♪
アクションも手抜きしていないし、喰種のCG合成・・
美しいものから、グロテスクな物まで・・
本当に動き一つ、どれをとってもリアルで丁寧な作りだったと・・
そして、窪田君の演技が本当に素晴らしく・・
ヘタすれば二次元の世界観よりも、実写ならではの、より生々しくも過酷は映像になっていたかと思われます。
アニメや漫画だと、どうしても二次元の世界~という枠ひきが頭の中に出ていたので・・
正直、アニメのときは、ここまでの生々しい恐怖感・・ての感じられなかった気がします。
多分、役者さんの演技と二次元でhなく三次元~という枠だからこそ感じた緊迫感だったように感じます。
勿論、1本の映画という枠の中、入りきれなかった物語もあるようですが・・
でも、そういうシーンがなくても、ああ、この人は何か過去の経験に背負い、今ががあるのだろうな・・
というのが、物語構成、そして役者さんの演技一つ一つに滲み出ていたので、違和感なく登場人物達に感情移入し、物語に入っていけました。
そう、登場人物達の心理も、人間側と喰種側の心の葛藤がリアルに、ダイレクトに伝わってきて・・。

世の中、人が人を殺めることを罪とされていますが・・
でも、それだけが罪じゃないんですよね。
命ある物全てにおいて、命を奪うということは罪な行いなのです。 人は生きるために命あるものを奪う・・これは立派な罪です。
肉だけでなく、植物にも命はある。声がなくても意志がなくても命には変わりなく、これも立派な罪・・。
野生の動物だって弱肉強食・・強い物が生きていくために弱い者の命を奪う・・これも罪。
でも、そうしなければ生きていけない・・
生きとしいけるものは全て罪を犯しながら生きている・・
必死で生きたい・・死にたくない・・だから命を奪うことしか出来ない・・
と、作品の中の登場人物はいっていました。
どんなに罪だと分かっていても、そうしなければ生きていけない・・
そんな体に生まれてしまったのだと・・
主人公は人でありながら喰種という生き物になってしまった・・だから余計に、それらの強い葛藤と苦しみに苛まれます。
理性と、本能・・・
人が生きるために当たり前に犯してしまう本能・・。 それに抗うことは出来ません、水だけで一生生きていくことは出来ないのですから・・ そう、だからこそ、命の尊さを大事にするのです。
頂ます、ご馳走様・・ その言葉で感謝を伝え、生きる糧を頂けることの感謝を忘れずに食すること・・
それが人が生きるうえにおいて、生きていくために忘れちゃいけないこと・・
野生の動物達は色んな食物連鎖があり、奪った命を無駄にしません。
ハイエナという骨まで噛み砕くという、野生の掃除屋・・という生き物がいますが、彼らがいるからこそ食べ残しなく、尊い命を無駄にすることなく生きとし生けるものの糧となっていくのです・・。
そんなことを、ふと、作品の中での語らいにて、思い出しました。
最初は、人の形をした生き物が、人を餌とする残酷さ・・
異形の生き物の非道さ・・
そして、異形の生き物とされるだけで生きていることは罪だといって見せる人間側の残酷さ・・
生きているだけで罪扱いされ命を奪われていく無常さ・・
人の命を虫けらみたいに安易に奪うことのできる喰種という異形の生き物への恐怖・・
そんな、登場人物達の心の葛藤と過酷な現実のリアルさにひきこまれ・・
ドキドキハラハラ、息をのみ、すっかり世界観にはまって見入っていきました・・。
・・・と、リアルな考え方の視点においた感想だと、こんな文面になっちゃいますね。
個人的には喰種側視点の被害者的な見方をしていましたが・・
よくよく考えると、ある意味両者の言い分も正しい・・といいうよりは、リアルな発言が多いのかな・・と・・
そういう意味も含めて、人でない生き物でりながらも、心ある生き物・・
それゆえに人間臭い葛藤があり・・
それらの感情一つ一つがダイレクトに伝えてくる・・
そんな作品の用な気がします。
結構、血生臭いシーンも勿論ですが、人の形をした生き物が人を食する・・なシーンが多々にあるので・・ R12扱いなのでしょうね~
はい、その当たりの描写、かな~りリアルで生々しいので、油断対敵!苦手な方はご注意を!
でも、だからこそ、この物語の過酷さが伝わってきたのかもしれません。
なんといいますか、久々に、色んな意味で刺激のある映画で良かったです♪
物語の展開やシーンだけでなく、役者さんの演技やCGのクオリティ等含めて全て満足♪
ただ、この映画は途中退席はNG~ちょっとで、少しでも席を外してしまうと、作品の面白みが半減しますのでご注意を!
その分、中だるみ感は一切なしなのも確か・・♪
個人的には、続編あったら、多分見に行くかな~~
でも、その場合は窪田君の年齢もあるので早目にしないとね~とか思いつつ・・。

そんな感じの感想です♪
はい、お金出してみるだけの価値はありました♪

結構考えさせられる作品かと思います。

てのが原作浅い知識人間からの感想です(笑)
いえ、でも、本当、変に固執することなく見れたので凄く楽しかったです。

タグ:窪田正孝
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。