So-net無料ブログ作成

ヒトヤノトゲ 1話感想 [TV感想]

はい、ようやく購入したDVD BOX~ヒトヤノトゲの1話感想となります!

悪徳刑務所の内部を描いた社会派サスペンス 癒着、虐め、隠蔽・・ 閉ざされた刑務所の中は想像を遥かにこえていた・・

等いった内容になるのですが・・・
なる程、ネットで言われていた内容感想は、きっとこういうシーンのことだったのか~~と、1話を視聴して思わず納得したところでしょうか・・。
夢も希望もなく、主人公がいきついた職場がこの刑務所になるのですが・・
昔は、こういった虐め等のシーンや内容は、家なきこなど、厳しい環境の中生き抜いていく・・そういう世界観を演出しており、劣悪な環境でも生き抜いていく主人の強さ・・そういうのを強く伝えてきてくれていたのですが・・。
最近は、その手の問題提示~な作品は視聴者が以上に嫌がるようになり・・・
結果、視聴者の意見ばかりを取り入れるあまり・・その手の作品傾向は、めっきりなくなってしまった・・・。おかげで生ぬるく現実味のない物が足りに、魅力の一切感じられない登場人物ばかり~な作品が以上に目だってきて・・
なにより、ご都合主義な展開の作品が本当に多くなりました。
かと思いきや、今度はサスペンス系統の作品が増えてくるものの、やはり無意味に鬱な登場人物だらけで・・リアリティがすっかりなくなってしまった作品が大半な近年~~
ようやく、全うな思考の持ち主の主人公が出てきた~~~て、感じのドラマです♪
はい、とりわけ正義感が強かったり、技量があるわけでもない・・
でも、間違っていることは間違っている、そういう認識がとちゃんとあり、行動できる・・
そういう主人公です。
多少~そのための、やり方の方針~てのが問題あるときもありますが・・・その点は、ちょっと、ハラハラドキドキさせられましたね~(笑)
でも、それ以外の方法はない~ていう彼の心理は理解できます。
実際に自分がその立場になり、同じ行動を出来ていたかどうかは別・・ですが・・(笑)
けれど、善悪の区別と意識はあるし、ちゃんと物が言える子です。
ただ、その正義感に比例するだけ心の強さが備わっていないというか・・
本当に優しくて普通の男の子なんですよね。
そう、自身も虐めにあった経験があった上で向けられる優しさ・・
痛みを知る人間は人の痛みを理解しよう・・そんな優しさがわいてきます
それが、今の彼のありかたなのでしょうから。
そう、他人のために、よかれと思ってした結果というか、たどり着いた真相が・・!!
まさに、これこそ社会派サスペンス~て奴です。
あの、気の弱そうだった受刑者の、豹変したような相手の顔を見たとき、私でも、主人公と同じ立場なら、自分に、この仕事やっていけるかどうか自信もなければ、不安になってしまうと思います。
人の表と裏の顔・・
そのギャップを見てしまうのって、本当に怖い・・
もう一つの顔が良い一面なら良いんですけど・・。
例えば、自分が信じ、頼っていた人がこんな人間だったなんて・・と、気づかされるのは凄く怖いし、相当ショック受けそうな気がします。
そういう、人間の心理と、社会における秩序に入りこむ矛盾における闇と光の葛藤による心理戦・・ そして、謎・・
そういう作品が本来のサスペンスかな~と思っています♪
この刑務所の中でも職務に正義を持つ人間と、賭博や隠蔽により腐敗しきった職員と、きっちりと光と闇の存在が浮き彫りにされ、表現されています
その対立が又、この社会派サスペンスという作品に奥行きと面白さを表現してくれていて凄くいいです♪
主人公目線でしっかりと見れるのも凄くポイント。
正義って、行動したくてもどんな相手でも強気で出て行くには勇気がいる。自分の考えは間違ってない自身はあるけれど、脅されてしまうと足がすくんでしまう。それでも必死に勇気を絞るけれど、自分に出来るのはこれが限界・・
そんな主人公の心理はよくわかると同時に、どうしてもっと強気になれないのだろう・・と、自分自身と重ね、小さな苛立ちも同時に感じてしまったり・・。
信じるべき相手を誤ってしまった自分の力量も浅はかだな~~と、自分で自分を責めたり・・
そういう葛藤が違和感なく上手く伝わってきて作品に入り込みやすい
にしても、刑務所~なんて場所、足を運んだこともなければそんな場所にお勤めしている人もいないので・・
本当に、刑務官~て、どんな職務でどんなことを、どんな気持ちで仕事されているのだろう・・
なんてことを思いつつ視聴してしまいました。
いえ、本当に未知~の世界ですから。
そして・・
ここからが又一つ物語が動いていきます。
そう、この、腐りきった刑務所を正すために、主人公は、とあることを頼まれることになるのですが・・てな展開になり・・
2話からどうなることやら・・て感じです。

そして、最後に~~
窪田君の演技~
ラストコップと、四号警備や、デスノートなイメージが定着していたので・・
こういう素朴な役柄も悪くないな・・と、思ってしまいました。
髪を少し切って表情を変えるだけで、こうも雰囲気を変えることが出来るのか~~と・・・
やはり、演技派俳優さんって素晴らしいですね♪
彼は色んな色を演技で表現できて素的だと思います。
熱血系や、闇を抱えたタイプに、ダメ系素朴タイプ~など・・
めったに他人を褒めない旦那が、彼の演技は凄い、と、素直にいってるくらいですし♪
彼の演技は七色に変幻自在~な気がします♪
やはり、そんな窪田君は最高ですね♪
まだ、ドラマの内容は1話しか見ていないのですが・・
今後、どんな展開になっていくのか・・
けして、笑って楽しく見られる作品とはいえませんが、奥行きはなかなかありそうな雰囲気です♪
物語がどう変化していくのかが楽しみですね♪

タグ:窪田正孝
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。