So-net無料ブログ作成

KinKi Kidsのブンブブーン  横浜中華街を満喫 [TV感想]

今回のゲストは、北斗、佐々木夫婦と中華街を歩く~~
て内容でしたが~
惜しいです!
随分前に泊りで旅行にいったのですが~
キンキのお二人がいった所に是非よらせて頂きたかった~~とか思いながらの視聴でした~~(笑)
因みに私は食べ歩きメインでしたね~
だって、気になる食べ物沢山あるし~
お店の中で食べちゃうと、他の物、まったく食べれなくなっちゃうんですもの(笑)
裏道にいくと、安い値段で美味しそうなコース料理~~とかありましたが~~いやいや~~絶対あんなに食べれません~~(笑)
洋食のコース料理だってお腹一杯一杯になるのに・・中華のコース料理って妙に(普段、すきやで小盛の牛丼しか食べない私には)量が多すぎなんですもの~(笑)
美味しそう~ていうか、きっと美味しいんですけどね(笑)
おお~今キンキの皆さんが食べた~
多分、この小龍包頂ました
汁が熱々で、包みに穴をあけてから、中身の汁を啜りながら食べてた記憶が~~♪
適度に油の甘味もあって、凄く美味しかったんですよね~
季節も寒い時期だったので、心も体もぽっかぽか~~と・・♪
途中、栗の押し売り~な中国人の兄ちゃん、おばちゃんのしつこさには困ったものですけどね~
いや、美味しいならいいけど、食べたらまずいのを大量に買わせようとさせるんで、必死ににげてきましたよ~
いや~本当にしつこかった~~(笑)
ヘビのようでした!!
にしても、こんな、開運風水花文字屋なんてのは全然みたことなかったですけどね~。
多彩な色使いで龍の絵で文字を書いてくれる~なんてのも、記念にはいいかも♪
そして、占いの館~みたいなものもあったんですね~~基本、お金払って占ってもらう~てのはしないんですよね~
だって、お金高いから~でも、今回の
占いの館愛利 本店摩訶蓮(まかれん)さんに占ってもらうんですが、この占いが面白い~~
青年月日と名前を数字に変換する~という方法~~
そこで、キンキの光一君はオレオレ王子様~ならぬオレオレ王様主義~らしい(笑)
座長も勤めてるし、リーダーシップ度も高く、人をまとめる力も強いでしょうね~♪
そして、剛君とも同じ数値の11があるらしく、二人とも向上心や仕事へのプライドは高く、仕事上では凄く気があうらしいんです。
ただ、光一君の方はの数値が多く「俺が決めたこと、人の言う事ききたくないし俺を見ろ~俺が一番」気質らしい(笑)
そして、プライベートも王様~~てどれだけ~~(笑)
そして、剛君は、安定、堅実派な真面目タイプ~~でも、プライベートは王様らしい(笑)
その後の占いの結果とかも凄く面白いですね~~。
私の名前の数字変換はどんな感じになるんだろうな~とか思いつつ・・・。
そして、北斗さんが太鼓判を押す横浜大飯店 本店へとメンバーはいきます!
食べ放題大人3750円らしいけど、絶対~~~食べ放題とか私には元とれないだろうな~~とか思いつつ・・
この夫婦は、ものすごい勢いで注文しにいきます。
しかし、キンキのメニューはお腹が膨らむとか、あれやこれや~と、キャンセルしては、北斗さんの食べたいものを、ただ只管注文しまくっていく様子に・・
キンキの二人の突っ込み関係なく19品で前菜とか~どれだけ食べるんだ~~
普通はこんなに食べれないって~~~
その後にご飯とデザート~~
しかも、剛君の頼んだスープ以外は全て二人分とか~~~~(笑)
と、旦那と一緒に突っ込みながら視聴~~
そして、食べたいメニューを取ろうにも、食べるものがテーブルの上に並びすぎてまわせない状況~~
止む終えず光一君は立ち上がってメニューをとります~(笑)
そして、食べてはお皿をさげて、食べてはお皿をさげて
というか、この夫婦はちゃんと味を堪能しながら食べていらっしゃるのかしら?
なんか噛まずに、飲み込んだり流し込んだり~~な感じにしか見えなくって・・・(笑)
いえ、普通は噛むと満腹感得るので大量に食べれないんですよね。
大食いの人は噛まずに飲み込むので、脳に食べたよ~ていう信号がいかないから、いくらでも食べられる~と昔にいわれていた記憶が~~(笑)
いや~どれもこれも美味しそうなのに、勿体ないです~(笑)
そして、その後は結婚記念のプレゼント話になり~
と、なんだか、プレゼントするのが嬉しい~ていうあたりは、うちの旦那とよくにてるけれど・・
私の旦那は基本的に私の喜ぶ物を送ってくれるので・・
結婚記念等のプレゼントに送ったものをバザーに出しちゃう~~とかいうのはありませんけどね~~(笑)
てな感じでした~~♪

あ~また、中華街いってみたくなっちゃいます(笑)
今度はキンキがいったお店とか~~て、北斗さんお勧めの食べ放題のお店は食べれないので無理~ですけど(笑)
食べ放題にしても元取れないから勿体無いんですもの(笑)

タグ:キンキ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

TVドラマ  ストロベリーナイト [TV感想]

当時、リアルタイムで視聴していたのを再放送により再視聴していましたが・・
本当に、この頃のドラマは凄く面白いです♪
主人公の姫川が女がてらの敏腕刑事で、見た目のクールさとは反して、悪事を働く犯人への追求・・
ズバ抜けた直感と本能により、真犯人へとたどり着く操作方法・・
有能だけれど、組織というわくにはまらない・・
無鉄砲に見えて、人情が熱く熱血で・・・
自分勝手な理由で犯罪をおかしたり、手をかした奴には男も子供も関係なく制裁を与え・・・
そうでない、巻き込まれたゆえの罪人には人情を忘れない・・
その、異常なまでの正義感は、過去自身が犯された事件と、そんな彼女に生きる強さを与えてくれた、ある男の存在のおかげ・・・
そんな彼女を思う、母親の異常なまでの執着・・
そして、親から子への、間違った愛情表現も・・
人間は利口じゃない・・
間違っているとわかっていても、自分の子供が危険かもしれない・・
そんなわが子を守りたい気持ちだけが先走り、追い詰められれば目の前のことしか見えなくなる・・
思いが深ければ深い程に・・・
愛情表現は不器用になってしまう・・
それは、犯罪を犯した犯人だけでなく、ヒロインの母親・・
そして、彼女をとりまく刑事たちにも、色んな過去を背負っているものもいて・・
彼らの必死な思いと姿に、息がつまりそうな思いと、悔しさで涙がにじんできてしまう。
そうして、そのことにヒロインもようやく気付くんです、1クールを通し、最後の事件に出会い。
自分で自分を守ることしかできない、そうする生き方しか知らなかったヒロインが・・・
なんだかんだで、人情あふれた作品なんですよね。
犯人をおいつめるシーンだけでなく、仲間同士での和気藹々とした、シーンに和まされたり・・
あ~仲間なんだな~と、何気ないやり取りに、ふと感じられる瞬間って凄い好きなんですよね。
仕事以外の休憩時間ってのは、仲間同士の絆の深めあいのシーンなので、個人的には何気に大事な時間でありシーンだと思いますし♪
自分とは正反対だけど、相手の能力を認めざる終えない・・・
いわゆる、口にはしないけれどライバル的な存在?
普段は敵視してるけど、いざってときは、なんだかんだで手を貸す形になったり・・
そして、一人っきりで走り続ける彼女を、そっとサポートし続けるパートナーと・・・
犯人に対して怒ったり、泣いたり・・・
感情をむき出しにする彼女と、その心の叫びが本当に心うたれ、共感できる部分が多く・・・
最終回は本当にひきこまれた作品でした。
やっぱ、刑事者は、人情があるほうが面白いな~~と、しみじみ思わせてくれる作品の一つ~
そして、そのまま映画へと繋がる~て展開ですが♪
映画では、あることが理由で女になってしまうんですよね。
TV版水に映画のみをみた旦那は凄い驚いていましたが、シリーズ全部通してみると、あの弱さも納得~
でも、個人的には、その弱みを見せた相手が~~~
と、ずっと傍らにいる相棒の存在を思うと、凄い複雑な心境になった記憶があります~~。

も一度、全話見て、映画の方も見てみたいな~と、思ってみたり~~
再放送の時録画し直しとけばよかったかな~~とか思いつつ・・(笑)
一度、再度見ちゃうと、又見たくなるんですよね~
多分、なんだかんだで好きなんだと思います♪

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

TVドラマ情報! [新ドラマ情報]

はい~4月から放送のドラマ情報です!!

4号警備
http://www.nhk.or.jp/dodra/yongou/

窪田正孝 × 北村一輝 のコンビで贈る、アクションあり、ユーモアあり、それでいてハードな問題提起とディープな感動を呼び起こす、本格ドラマ!!

こういう作品を待っていたのです!
しかも窪田君主演~~!
これはみないはずがない!!



CRISIS 考案機動操作隊
http://www.ktv.jp/crisis/index.html
という~~
小栗旬と西島秀俊のコラボ~~~
事件や刑事物は大好きなので~~これはもう、見なきゃ~~ですね♪

以上です♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

猫忍 最終回 [TV感想]

ということで、とうとう猫忍最終回です!
もう、ここまで、本当にはまっていまうなんて~~!!
てなことで期待の最終回感想です!

ということで~~
はい、ラス戦です!
冒頭はギャグなしの忍同意の戦いです!
ああ・・にしても、戦闘中もやはり父上を離されないのですね・・。
父上を抱えて、庇っての戦いだから主人公悪戦苦闘!
てか、父上でかすぎなんです~!!
そんな彼の様子を気にしてるのか、気にしてないのか~父上は相変わらず気持ちよさ下なお顔~~(笑)
緊迫シーンが一瞬和らげられちゃいます(笑)
そして、傷ついた彼を心配して・・
今まで携わってきた、通りすがり~だった、ご近所さんの皆が集まってきて~~
なんだか、すっかり仲間~ですね♪
父上のおかげで、主人公の人付き合いの幅が、ぐんと広がった感じです♪
主人公のピーンチ~~も皆で守ろうとするけれど~~
て、やはり、こういう展開は~予想は出来ていても、何気にハラハラさせられちゃいます♪
そして・・
まさか、このドラマで、こんなラブロマンスな展開をみせてくれるとは思わなかった~♪
最終回はシリアスでまとめてくれるだろう~とはおもったけれど、こんな、この二人の急接近の展開~そして、主人公の決断!
これは予想外でした!
まぅたく想定外(笑)!
いい意味で期待を裏切っていただき有難く存じます♪
ちょっとお涙頂戴な展開です!!
というか、この二人の関係凄くお気に入りだったのに・・
映画はこの後の話になるのかな?
て、そうなると~この二人のやりとりは映画では見れないってこと?
それはそれで寂しいな~とか思いつつも、映画はばっちり見に行くつもりですけれどね(笑)
そして、父の言葉

「人生を謳歌することをためらうな。 忍びの掟よりももっと大切なこと。 古い掟に縛られず、様々な生き方を見とめる世の中になればいい。 いや、自分で作っていけ。 恐れずにまえに進め 俺は何時までもお前の見方だ」

という父の台詞と~
主人公のモノローグ~

誰にも負けないものを一つだけ見つけ磨いていけ それは諦めないこと

この二つの語りは大好きすぎます!
私の心に思う言葉そのもの~~!

とか思いつつシーンは変わり~
うん、この茶屋のおばちゃん、面白い~~面白いくらいにしつこい~~
そして、父上が主人公に代わってニャーニャー返事しているやり取りがたまりませんね♪
そして、そこでの主人公の台詞が又感じさせてくれるんですよね。

そう、人は一人では生きてはいけない。
生きているつもりでも、それは生かされているの間違いであるり、その考えは、ただのおごりであること。
自分が思うよりも、誰かが自分を必要としてくれているし・・
だからこそ、人は生きていけるし、無限の力を得ることができる。そして、どこまでも頑張ることができる。
私も、今まで生きてきた中で、多くの友や、心をたくせる人と出会うことで、人は差さえあってこそ生きているのだと強く感じてきました
今の世の中、何があっても崩れない信頼関係をきずく前に逃げ出したり、一線をひいちゃう人も少なくないようですが・・
逃げ癖をつけちゃうと、大人になり社会に出ると、イザってときに大切な物見失うし、世間の波にのまれて、一人ではどうにもできなくなったときに大変です。
だから、大人になる前に、若いうちに、辛いことも楽しいことも沢山経験して、色んなことへの免疫と経験を豊富につけていけば・・
努力は報われる・・・て言葉に、きっと実感を持って貰えるんじゃないかな~と、思います。
努力により達成した感動は、それまでの苦労なんて消し飛んでしまうくらいに凄く嬉しいし、自身の自信にと繋がります。
その上で、人間、出来ないことと出来ることがあって丁度いいと思うし・・
その辺りの見極めも経験によって身につけていくものです。
私は、自分には不器用で無理だからと、簡単に投げ捨てちゃう人より、不器用なりに頑張れる人が好きかな? そう、苦手なことが沢山あっても、誰にも負けない長所を見つけ、磨いていくのって、凄く素的なことです
そう、この主人公みたいに・・♪
人とのふれあいで、今まで気付けなかったものに気付けた・・・。
温もり、努力、感謝の心・・
な~んて考えていれば~~(笑)
凄い間の抜けた男の声が~~と思いきや、予想外な子とご対面~~~(笑)
いや~ちょっと笑っちゃったよ~でも、そこが猫忍っぽいんだろうけれどね♪
そう、その後の彼女の言動が又素的で・・・♪
なんだかんだいって、仲間なんだな~
こういう、和やかなやりとりは大好き♪
そうして・・
なにやら、すれ違ったあの人達は、映画にそのまま、関係し、続く人達なのかな?
と、深読みしつつ~~~

はい、今年は、久々に邦画を見に映画館にいきそうです~~
うん、洋画系が多かったですからね~~♪

いや~
父上の正体が本当に明らかになるのでしょうか~~~とか思いつつ~~

次のブログは、多分、新作ドラマの情報あたりでしょうか?
お気に入りの俳優&面白そうな内容の作品が、少~~し、ありますので~
ではでは~

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

フルハウス 海外ドラマってやっぱ好き♪ [TV感想]

この作品の魅力的な所は・・・

アットホームで、シンプルで面白いギャグの中に、熱い感動の家族愛があること~~
最近の日本のドラマは恋愛系の作品が多く、家族同士のワイワイ賑やかな雰囲気の作品って、すっかりへってしまったので・・・
懐かしくてし方ないのですよ・・
そう、自分がまだ子供だった頃の作品ですが、全然色あせないのです。
今の若い人達やお子さんに是非見て頂きたい。
きっと、忘れてしまった大切な家族の絆や、あり方・・
イタズラして、悪いことをいて、家族に怒られて、おしおきされる・・
それは家族だからこそ、注意すべきところは注意して悪いところは直して立派な大人に成長していくお話しです。
勿論、大人にだって失敗はあって・・
親戚同士での問題や、若い親が子供を甘やかしたゆえに言うことや反省の出来ない子供に成長していったり・・
そういったことに、真っ向から題材する・・というものではなく、あくまでドタバタなギャグの中に、さりげないメッセージが入れられており・・
そんな、暖かくて、笑いのあるドラマ。
笑いのツボも私好みなんですよね。
旦那いわく、ギャグのセンスがちょっと違う~らしいのですが(笑)
日常に溶け込めるような、さりげないギャグ~て、好きなんですよ。
露骨なネタものより、話術とか、雰囲気とか・・・そんなギャグが好き♪
そう、理想の家族像~とでもいいますか。。
あんな家庭ばかりなら、イジメや、先生の体罰とかで、一人抱え込むこともなく・・
家族が守ってくれるのかな~と、ちょっと思ってしまいます。
自分の居場所が、きちんとどこかで見つけられれば、人間、どんなことがあっても、ギリギリの所で生きていけると思います。
それを探すのが難しい世の中になりつつあるのかもしれませんけれどね・・
後は、自分の心をどこまで強く出来るか~でしょうか・・。

最近の日本のドラマでは、面白い~と思えるものが、ここ数年で数がへってきた気がします・・
その分、海外ドラマ再熱中のものも少なくないかな~とか思いつつ・・
次のブログでは、猫忍の感想のUP~ですね。
そして、その次には気になる新作ドラマの感想を~

ではでは~~


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

KOICHI DOMOTO CONCERT TOUR 2006 をゲッド! [買い物♪]

というわけで~~

KOICHI DOMOTO CONCERT TOUR 2006 mirror~The Music Mirrors My Feeling~/堂本光一 (完全初回限定版)

最初は、あまりにケースがミニサイズなのと、500円という、お得なお値段からCDかな?とか思っていたら、収録時間が1枚2~3時間の片面二層のDVD~てことで入手~(笑)
まだ中身見てないので楽しみです~♪
というか、3枚も入っているので、どれから見ようか凄く悩んじゃいますね~♪
ボリュームありすぎて、何時みようか~ま~ちょこっとづつ?みまようかね(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

猫忍 10話 [TV感想]

はい~猫忍10話です!!

おお・・
冒頭から・・・父上が息子の顔をじ~とみつめる、もの凄い眼見(笑)!
そして、疑問符を浮かべながら身をおこす主人公と一緒に??と、一瞬私もなにがったんだっけ~と、思わず前回の話を多い出しつつ・・・(笑)
そう、忍びの世界で色々あって、こ~なったんだったよね~(笑)
てか、父上~~どこまでフリーダムなんですか! こんな状況なのに、めっちゃ気持ちよさそうに目細めて~~余程彼の膝の上が心地よいとみられる・・(笑)
何があっても、ブレないのですね、その姿勢は・・(笑)
てか、相変わらず自分の招待隠してるのか隠してないのか~天然ボケもいいところな主人公♪
あんな庭、堂々と目立つように忍び道具置く奴がいるか~~正体ばらしたいのかお主は~~~(笑)
そして、完全に父上~主人公の膝の上だけでなく肩の上でも爆睡中ですわ♪
もう、本当に何されても、主人公の傍らだと寝ちゃうのね~(笑)
そして、そして~
こ奴の陰謀は???
最初から妙に怪しい奴だと思ってたのですけれど~~
戦の身に、置いているものゆえの考え・・
彼の本意ではなかった~てこと?
緊迫した雰囲気でも、父上は目細めて心地よさそう~て、いつもこの猫は主人公の腕の中で安心しきってます~
その様子が癒しすぎてたまらないんですが(笑)
てか、親父の話と同時に腕の中の父上の顔を効果音で出される凄い笑えるんですけど♪
そして、父上が、凄い連続でニャーニャーむっちゃ鳴いてるんですが・・(笑)
あ~喉なでて気持ちよさそう~て、そんなものに忍法名なんてあったんかい~!
そんな癒し系忍法がわるなら私にもさせて~♪
猫でなく私の方が癒されて差し上げます(笑)
それでもって、私も父上抱っこしたい~~とか思っていれば、忍とは何か~~忍びの定めについての語りが、再び始まり~
それが終われば、父上への語りかけモードになるのですが・・
その度にニャーニャーなきながらも父上~~なんか既にネムネムモードで目が瞑ってます!
そして、主人公~~昔懐かしの一休さんの演出が・・・(笑)
そして、父上の真実がここに???
いや~なる程、そういう展開できますか~~♪
これならシリーズとして、1、2~と作れそうです♪
そして、マジモードの戦闘シーン再び!!
今回のは本当にちゃんとシリアスだよ!!
それでもって、今回父上よく鳴きます。
いい意味での、その場の演出になって良いですけれどね♪

今回のエピローグも凄くいい!

やったことの後悔は、日に日に小さくなるけれど やらなかったことの後悔は日に日に大きくなる 後悔ばかりの毎日を、若者は変えていきたいと思った 目標が見つかったから、人は生きられる

そして、クライマックスへの最優戦か!!!

じわじわと盛り上がっていった猫忍~!
あ~DVDのBOXが微妙に欲しく感じてしまいそうな自分が怖い・・
特典が地味に気になるのですが(笑)
というか、BOXと、ディスクレーベルの父上の絵が可愛いすぎるんです~~~!!!
てか、猫忍写真集が気にならなくもない・・
とはいうものの・・10名にプレゼント~だからね~流石にもらえそうにないかな~(笑)
BOXで1万しない~~てのは凄い気になるのですが~~
とか思いつつ~
待て、次回!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ホワット ライズ ビニーズ [映画感想]

はい、ハリソンフォードの映画!

内容は~

郊外の美しい湖畔の家に住むスペンサー夫妻。平和で当たり前の日常の中~
そんな中、喧嘩がたえなくなっていく隣家が気になっている最中、主人が車のトランクに人大きな荷物を積みこむのを目撃してしまい・・
それ以来、家の中で不可思議な現象が起こり始める
それは、衝撃の結末へのプロローグに過ぎない・・
サスペンスホラーが・・・!

てな感じの内容になるかと~

感想としては、前半はまったり~
後半でいっきに盛り上がる~といった雰囲気です!
元々昔見たことのある映画なので、犯人は誰か~というのは、ちゃんと記憶に残っていたのですが・・
明らかになっていく真実・・
もう、犯人を突き止めたときのヒロインの追い込まれる様が怖くて怖くて・・・
ハラハラドキドキ感は十分に味わえるかと思います。
ただ、そこにいきつくまでが非情に時間のかかる作品でしたね~~(笑)
結局最初の事件はなんだったんだろ~~という疑問もやや残る作品でしたが・・
そこそこ面白かったです♪
なので、中古にて250円でみるくらいなら、おためしで見てみても悪くないかも?
ホラー&サスペンスがお好きな方はどうぞ~軽い気持ちで見ればそれなりに面白いですよ~♪
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

キンキキッズのブンブブーン DAIGO ~~~♪ [TV感想]

てことで、待ちに待ったブレイカーズのDAIGOがゲストです!
でがしら出てくるダイゴ用語にキンキも応戦しつつ~~
今回はお酒です~~♪
凄いですね~
私も、そこそこ好き(とはいってもカクテルやワイン派)ですが・・・
日本酒も奥が深いです!
うん、ワインにも、料理に似合うワイン~てありますものね~
しかも今回のは、お酒を一口含むからこそ、その味わいにより料理をひきたたせる~~という食べ方は凄くしてみたいですね~~♪ジがあるので、そんなに美味しいなら是非いただきたい~~恩う
イチゴの酸味とお酢とお酒の味のミックスによる美味しさか~~
日本酒~て、辛いイメー
特に気になったのは~
花陽浴
というお酒~
パイナップルジュースと区別がつかない~てどれだけフルーティーなんでしょう!
そして、目隠しで味わうダイゴにイタズラするキンキ二人~そんな二人に知らずに振り回されるダイゴ・・・(笑)

そして・・
美味しそう~に飲み食いしつつ~~♪
ダイゴの天然っぷりも健在!
そして、光一君の地元~福寿
グレープフルーツの苦味か~~♪
柑橘系大好き!!

そしてそして~

他では絶対のめないという~ 84年のビンテージ!!
凄い、薄く綺麗な透明の32年もののお酒~~
本当に綺麗な色合い~
そして~
本気のマジのみしたい~とか言い出す光一君
てな感じで終わりつつ~~

です♪
はい~
タグ:キンキ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

若葉のころ 感想 [TV感想]

というわけで~
若葉のころ、話の感想をまとめていっちゃいます!

はい、この作品は、私がまだ未成年で、キンキキッズにどハマリ(笑)していた頃の作品です♪
キンキ出演する番組は、ドラマだけでなくバラエティ、音楽番組~と、当時はまっていて、ドラマも絶頂期に面白かった時代で・・・
主人公が苦難を乗り越え成長していく~という、正にそんな雰囲気の作品です。
それを、今こうしてみてみると・・
学生時代の自分を思い出し、色々共感しては鳴いたり笑ったり、ハラハラドキドキしていた~そんな懐かしい頃・・・♪
今の年齢で視聴しても凄く面白いのは、やはり、問題定義~を含んだ作品だからでしょう。
ここに登場してくる人物の多くは、少なかれ多かれ、いろんな悩みや嘘や真実を隠しています
それは自分のためだったり、大事な人を守るためだったり・・。
武司(剛)は酒に溺れ子育てを放棄した父親を憎みます
甲斐(光一)は自分を認めてくれない、愛よりもお金を優先する冷徹な父親を憎みます
甲斐の、とりまきの、甘ったれのお坊ちゃんは、自分から甲斐を奪う武司を憎み・・
武司の父親の、甲斐の父親の人間関係に、思い・・
と、前半で登場人物達の生い立ちと、心の感情をしっかり、丁寧に描き・・
そして、物語が動きながら、真実が明るみになっていくのです。
私は昔見ていたので、ああ、ここからこうなっていったんだっけ・・
な~んて、1シーンを見ながら、色々思い出しつつ、それでもハラハラドキドキしながら見ていたのですが・・・。
うん、最初は、どの大人も好きになれませんでしたね~
大人になった今でも・・・うん、冒頭の部分では・・ね・・話しが進むにつれて、それぞれの思いや経過を知った後では、頭ごなしに嫌いになれなくなってもいました♪
それでも、大人の事情って奴は、子供には理解出来るものじゃないんですよ。しかも、高校生とか一番難しい時期~子供の頃に植えつけられた気持ちとかは・・
大人は子供の敵~そんな雰囲気で、子供を守るべき大人が少しも出てこず、そんな環境だからこそ、二人の少年は心を通わせていくことが出来た・・といっても過言ではないでしょう。
同じときを往き、同じ涙を分け合った二人だからこそ通じる思いに気づけた・・。
互いを思いあうことが出来た。
そうして、何度も二人で試練を乗り越え絆を深めていきます。
そうして、二人を取り巻く環境も良い方向へと変化していったかと思いきや・・・
とんでもない事件が起こり、二人供に学園生活を送ることが適わなくなってしまうのです。
相手のためにつく嘘・・
自分が濡れ衣を被ることで誰かを救う方法って、時には相手を傷つけるけど、相手を救える唯一の方法~のときもあり・・
それでも、二人の友情は変わらぬまま、それぞれの生活を送っていく・・・。
本当に、罪のない罪を被りながら、孤独と戦うなんて、きっと生半端な思いや、中途半端な強さでもきっと出来ない・・。
それをやってのける彼は、本当に心の強い少年だったと思うと同時に、そんな行動が出来る彼に共感し、その苦しみに涙してしまいました・・。
でも、そこにいくまでの過程で救われた所もちょくちょくあり・・
それは、彼らにとって敵でしかなかった彼も、ちゃんと彼らの真実をてくれる、心の温かい大人達がちゃんといてくれたこと・・
そのシーンには、本当に胸が熱くなって、一番涙だがこぼれてしまうシーンだったかもしれません。
そうして、新しい、もう一つの舞台で、新たな苦悩を与える物語がはじまっていったのです・・。
けれど、彼は何があっても、自分を信じて待ってくれる友を神事、最後には、そんな彼の直向な思いに、頑なに心を閉ざしていた大人の心を解きほぐしてしまいます・・。
けれど、彼の真実の戦いは、それからだったのです。
一番裏切られたくない人からの裏切りによる絶望、孤独・・
そして・・
それゆえに守りたいものが、どんどん自分の手元から離れていき・・
真実を知ったのは全て終わってしまった後・・。
家庭内の事情ってのは、結構複雑。
表面では見えない、色んな物が家族の中にあって、それは身内でしか分からないことも少なくない~てこともあるんですよね。
他人の幸せ~てのは、どうしても羨ましく思ってしまうものでしょうから・・・。
そういう気持ちに囚われすぎちゃうと、大事な物を見失ってしまうこともある・・。
この物語は、そういったことも教えてくれているのかもしれません。
本当の友情って、やつは、ちょっとしたことぐらいでは、なかなか壊れないものなんだろうと思います。
ふとしたときに友情が戻ったりもして・・♪
そのことに気付けたとき、無事にハッピーEDを迎える~てわけです。
何も失わずに得られたハッピーEDではありませんでしたけれどね・・。
大人でも間違いはある。
大人だからこそ気付けない純真で置くの底にしまってしまっていた思い・・。
どうしようもない二人の親だったけれど、生まれたときから悪人~な人間なんて存在しない・・
その象徴~でも、あったのかもしれません。

本当に色々と重く深い話しを、しっかりと教えてくれた作品。
こういう雰囲気の作品を見るのも久しぶりで、本当に面白いし、刺激があってよかったです♪

タグ:キンキ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ