So-net無料ブログ作成
映画感想 ブログトップ
前の10件 | -

僕のワンダフルライフ [映画感想]

僕のワンダフルライフ
http://boku-wonderful.jp/

最近気になる洋画がないな~と、思いつつ~久々に旦那と映画館に見に行った作品ですが・・
個人的に、凄く面白かったです♪

幸せな人生を全うした主人公ならぬ~主犬公(笑)?は、生まれ変わりご主人に出会うために~というお話なのですが・・
その展開になるまで、多少のプロローグは長かったものの、その分ワンちゃんへの感情移入もしやすかったです♪
やはり、日本ではありえない、海外ドラマならでは~な豊かな発想による作りが凄く楽しかったですね♪
そう、そして、ただ楽しい・・というだけの内容ではなく、作者のメッセージが結構詰まってる作品のように思えました♪
犬の飼い主への役割というか・・
動物って言葉には出来ないけれど飼い主が思っている以上に主人に忠義をつくしている動物・・
何があっても飼い主が犬にとっては全てなのは事実・・♪
飼い主のペットへの愛情が深ければ深い程に・・
そういったものが、心より暖か~く・・・
ときにはホームコメディとして・・ ときにはホームドラマとして・・ ときにはロマンスとして・・ ときにはワンちゃんの大冒険物として・・
色んな要素にて語ってくれた作品のような気がします。
個人的には、どんな生まれ方をし、どんな風にご主人様をおいかけるのだろう・・という期待を膨らんませつつ~な、ワクワク感で見させて頂きましたが・・♪
期待通りであり、想像以上な出来栄えに非情に感動させて頂きました♪
うん、見てて、凄い癒し度が半端ないです・・♪
ペットはやはり命ある生き物・・ 人間が思う以上に心のある動物・・ 命は命、大切にしなきゃいけないな・・と、思い改めさせられた作品でした・・
少しいうこと聞かないからといって簡単に捨てたり・・
それは、犬が悪いのではなく飼い主の犬のしつけ方がヘタなだけであり犬には犠牲者なんですよね。 そういうこと、理解できない飼い主~が犬を虐待したりする・・ そう、お馬鹿なワンちゃんになるか、賢いワンちゃんになるかは飼い主次第・・
それでも、どんな扱いをされても健気に飼い主に従順になろうとする動物を見て心痛まないのは、きっと人の心を忘れてしまった人・・
て、この作品はそこまでシビアな展開ではなく、悪魔で、ワンコロの可愛いさにメロメロにさせられる~てのがメインですが・・♪
でも、ふとした瞬間にそんなことを思い出させてくれる作品でもあるのです。
私が動物好きで、その手の番組をよく見ているから・・・かもしれませんが(笑)
イタズラするときとか、さり気に編めてみせる姿とか・・
どんなことがあってもご主人につくそうとする姿とか・・
そうして、何度も生まれ変わりながら、ワンちゃんも学んでいくんですよ、本当にいろんな飼い主により色んな生き方を学び・
ときには暖かい家庭で幸せだったり、ときにはご主人のバディとして仕事を頑張ったり、時には飼い主に捨てられられたり・・
それでも・・
彼はご主人様を求めて、犬生(笑)を全うします・・・
犬生を繰り返して学んだことは、勿論楽しむこと 困っている人を探し救うこと 好きな人を舐め 過去を何時までも悲しまず未来を憂いもしない ただ今を生きる 今を一緒にいきる それが犬の目的

という台詞がとっても大好きです♪
犬だって必死に生きてるんです。 この世に生まれたら誰だって生きたいって思うし、頑張りたいって思うものです。
彼の最初のご主人様は家庭環境が色々すぐれず、辛い思いをしていたけれど、だからこそ、そんなご主人様に笑顔をあげられたのが、人間のパートナーである犬・・
ペットのワンちゃん・・♪
彼が思う通り、彼の人生ってご主人様のためであり、共に生きることだったんだな・・
というハッピーEDが本当に素的でした。
そして同時に、犬の人生は人間よりもずっと短いんだな・・と、改めて思い出しました。
子供のコロは犬猫よく飼ってたんですけれどね・・。
人間が歳を重ねていく間と、主人公のワンコロが新しい命により目覚める時・・
時系列とかも改めてみてると、なかなかよく出来ているな・・なんて思いつつ・・。
なんだかんだで、実は見に行きそびれつつ~今にいたる作品ますが・・
いや~他にも見た映画あったのですが上映されてなかったりしたので、見そびれていたのですよ(笑)
本当、見に行って凄く良かったです♪
最近はこういう雰囲気の作品も少なくなってきていたので・・
凄く良かったと思います~
というか、もっと増やしてもらってもいいくらいかな♪
なんて思ったのでした・・♪
犬も人も最後にはハッピーEDでいうことなし~ですね♪


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

東京喰種 トーキョーグール 実写映画 感想 [映画感想]

はい、東京喰種 トーキョーグール~実は密かに気になりつつも、最近の実写化作品の評価、あまり宜しくなかったり~
そもそも、よくわからない、にたりよったりな高校生向けの恋愛漫画系の実写が多すぎて邦画映画自体興味なくなっていたのですが・・(笑)
今回は、思い切っていってみることに~♪
元々窪田君が好きで、原作の方もそこそこ興味があり、一応中身もそれとなく目を通したことがあり~という状態で・・
CMや特番で見た限りセコイ作りしてなさそうですし・・
CMはR12~のせいか、あまり見かけない分、番線ではかなり気合入ってるようだし・・
作品を知り尽くしていないが故の目線で見れるのが一番面白いのかも?
窪田君の演技なら、上手く役作りしてくれそうだし・・
何より、旦那自身が原作読んだこともある作品だし・・

てないくつかの条件により、見に行くことにしたのです(笑)

そう、旦那は漫画で一応ためし読みをして・・
旦那が予約していたアニメを偶然私も3話くらいまで見て・・しかし、3話以降は予約失敗して見れずそのまま・・
と、いった感じです。
映画もここ暫く見に行ってなかったので、久々に見に行くのも悪くないしいいかな~と、軽い気持ちでいったのですが・・(笑)
個人的意見ですが、凄く面白かったです♪
アクションも手抜きしていないし、喰種のCG合成・・
美しいものから、グロテスクな物まで・・
本当に動き一つ、どれをとってもリアルで丁寧な作りだったと・・
そして、窪田君の演技が本当に素晴らしく・・
ヘタすれば二次元の世界観よりも、実写ならではの、より生々しくも過酷は映像になっていたかと思われます。
アニメや漫画だと、どうしても二次元の世界~という枠ひきが頭の中に出ていたので・・
正直、アニメのときは、ここまでの生々しい恐怖感・・ての感じられなかった気がします。
多分、役者さんの演技と二次元でhなく三次元~という枠だからこそ感じた緊迫感だったように感じます。
勿論、1本の映画という枠の中、入りきれなかった物語もあるようですが・・
でも、そういうシーンがなくても、ああ、この人は何か過去の経験に背負い、今ががあるのだろうな・・
というのが、物語構成、そして役者さんの演技一つ一つに滲み出ていたので、違和感なく登場人物達に感情移入し、物語に入っていけました。
そう、登場人物達の心理も、人間側と喰種側の心の葛藤がリアルに、ダイレクトに伝わってきて・・。

世の中、人が人を殺めることを罪とされていますが・・
でも、それだけが罪じゃないんですよね。
命ある物全てにおいて、命を奪うということは罪な行いなのです。 人は生きるために命あるものを奪う・・これは立派な罪です。
肉だけでなく、植物にも命はある。声がなくても意志がなくても命には変わりなく、これも立派な罪・・。
野生の動物だって弱肉強食・・強い物が生きていくために弱い者の命を奪う・・これも罪。
でも、そうしなければ生きていけない・・
生きとしいけるものは全て罪を犯しながら生きている・・
必死で生きたい・・死にたくない・・だから命を奪うことしか出来ない・・
と、作品の中の登場人物はいっていました。
どんなに罪だと分かっていても、そうしなければ生きていけない・・
そんな体に生まれてしまったのだと・・
主人公は人でありながら喰種という生き物になってしまった・・だから余計に、それらの強い葛藤と苦しみに苛まれます。
理性と、本能・・・
人が生きるために当たり前に犯してしまう本能・・。 それに抗うことは出来ません、水だけで一生生きていくことは出来ないのですから・・ そう、だからこそ、命の尊さを大事にするのです。
頂ます、ご馳走様・・ その言葉で感謝を伝え、生きる糧を頂けることの感謝を忘れずに食すること・・
それが人が生きるうえにおいて、生きていくために忘れちゃいけないこと・・
野生の動物達は色んな食物連鎖があり、奪った命を無駄にしません。
ハイエナという骨まで噛み砕くという、野生の掃除屋・・という生き物がいますが、彼らがいるからこそ食べ残しなく、尊い命を無駄にすることなく生きとし生けるものの糧となっていくのです・・。
そんなことを、ふと、作品の中での語らいにて、思い出しました。
最初は、人の形をした生き物が、人を餌とする残酷さ・・
異形の生き物の非道さ・・
そして、異形の生き物とされるだけで生きていることは罪だといって見せる人間側の残酷さ・・
生きているだけで罪扱いされ命を奪われていく無常さ・・
人の命を虫けらみたいに安易に奪うことのできる喰種という異形の生き物への恐怖・・
そんな、登場人物達の心の葛藤と過酷な現実のリアルさにひきこまれ・・
ドキドキハラハラ、息をのみ、すっかり世界観にはまって見入っていきました・・。
・・・と、リアルな考え方の視点においた感想だと、こんな文面になっちゃいますね。
個人的には喰種側視点の被害者的な見方をしていましたが・・
よくよく考えると、ある意味両者の言い分も正しい・・といいうよりは、リアルな発言が多いのかな・・と・・
そういう意味も含めて、人でない生き物でりながらも、心ある生き物・・
それゆえに人間臭い葛藤があり・・
それらの感情一つ一つがダイレクトに伝えてくる・・
そんな作品の用な気がします。
結構、血生臭いシーンも勿論ですが、人の形をした生き物が人を食する・・なシーンが多々にあるので・・ R12扱いなのでしょうね~
はい、その当たりの描写、かな~りリアルで生々しいので、油断対敵!苦手な方はご注意を!
でも、だからこそ、この物語の過酷さが伝わってきたのかもしれません。
なんといいますか、久々に、色んな意味で刺激のある映画で良かったです♪
物語の展開やシーンだけでなく、役者さんの演技やCGのクオリティ等含めて全て満足♪
ただ、この映画は途中退席はNG~ちょっとで、少しでも席を外してしまうと、作品の面白みが半減しますのでご注意を!
その分、中だるみ感は一切なしなのも確か・・♪
個人的には、続編あったら、多分見に行くかな~~
でも、その場合は窪田君の年齢もあるので早目にしないとね~とか思いつつ・・。

そんな感じの感想です♪
はい、お金出してみるだけの価値はありました♪

結構考えさせられる作品かと思います。

てのが原作浅い知識人間からの感想です(笑)
いえ、でも、本当、変に固執することなく見れたので凄く楽しかったです。

タグ:窪田正孝
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

僕だけがいない町 映画 [映画感想]

僕だけがいない町
時折、本屋さんでみかけては、家庭やイジメ等の問題定義~なお話かな?と、表紙だけで勝手に思い込みつつ・・(笑)
だったら気になるな~でも、絵が好みじゃない~とかいいながら、今年になってしまいましたが・・・(笑)
うん、TVでの放送で、たまたま偶然見かけた~てことなので、途中視聴だったのですが~~
なんか、予想外な内容で、あれ??とか思いつつも・・
でも、素直に、凄い良かったです!
はい、近年の実写映画の中では良策だったかと・・
近年の実写化は、どうも、興味のあるもの、出来の良い物~てのがなかなか出てこなくって・・
というか、似たり寄ったりな恋愛物ばかりで思わず、どれも一緒じゃない?又これか~と、映画見に行く機会が、すっかりへってしまい・・・
はい、私が思うに、るろうに剣心以来に良い出来だった作品のように思います。
うん、あの作品もファンとしては完璧ではなかったのですが・・・(笑)
この作品は、無難に面白かったです♪
私自身が、学生の恋愛物よりは、サスペンス系の方が好きだ~~て、理由もあるのでしょうが・・。
過去と未来を行き来する・・
そして、変えたい過去を変化させる・・てのも、よくある展開の物語であり・・。
しかし、登場人物が凄く良かったんですよね。
少年、少女達の繊細な心理・・・
何故、この子はこんなことをいうのだろう?
子供らしいむじゃきさがなくて、疑問に思っていれば、ああ、家庭問題で色々抱えてる子だったんだな・・と、途中視聴ながら心理描写が凄く理解しやすく、おかげで、すんなりと物語の中に入っていけたのです。
そう、何度も何度も過去と未来をいったりきたりして、必死で母親を助けるために、クラスメイトの女の子を助けようとするけれど・・
結果は上手く伴わなくて・・
どうすればいいんだ?と、主人公目線で世界観にどっぷりはまりつつ・・
一つ解決しては新たな謎が生まれる・・というより、新聞に記録されている事件の模様が、主人公が過去を変えていくことにより、過去の中でも浮き彫りにされていくんです。
そんな中、偶然見つけた犯人らしき人物の影と、置いていった荷物・・
その二つが私の中で、何かしらひらめき、結びついちゃったんですよね。
そう、こういう作品は、謎をときたくってしょうがなくなるんですよ!
あの人、微妙~~~に怪しかったけど、まさかね~とか・・
でも、私が見た限り、男の人のメインな人物像って、この人しか思い当たらないし・・・と、かなり憶測で予想してたら、ものの見事にビンゴ(笑)!
いや~一件、なんの変哲もない行動とってるようで、凄くひかかっていた部分が、酷く納得させられた瞬間~とでもいいますか。
旦那曰く、いや、この役者さんは犯人役とかしないし、ありえないだろ~とかいってたので、私の推理が当たって、反対に驚いてまいましたが・・(笑)
いや~推理というよりは、ただの直感でしたからね(笑)
人の動きとか、素振り、心理描写~そういうのに敏感で、ちょっと仕草が気になって仕方なくなるんですよ。
この人、なんでこんな棒読みなの?台詞が嘘臭くないか?という疑問から、ここでこの行動も変だしな・・なんかひっかかる~という直感がジョジョに結びついたとき、犯人像が、当たっちゃうんですよね(笑)
後、トリックとか・・(笑)
そんな感じで、その核心が得られたのは、やはり何気ない会話です・・
そう、女の子無差別殺人~をおっている刑事さんと主人公の会話・・・
あの時、あの人はこういっていたけれど、刑事さんはそんなの知らない・・・だと~~!!!!
という所で、もしや~の疑惑が90㌫の確立で、やはりアイツが犯人だ~~と、核心。
でも、もしかしたら、どんでん返しがあるかもしれないけれど・・なんて気持ちを秘めつつ、物語の流れに見入っていきます。
そして、主人公は、そんな犯人へと勇気を出し、そしておいつめ・・・
その結果、全てはハッピーEDに終わります。
そう、彼の身近な人達の幸せだけは確保できたのです。
でも、事件はそれでは終わらず、最後のクライマックスで・・・
色々大事なことを語ってくれていました。
それは、そのラストの結末ゆえに伝えられる言葉だと思うので・・
主人公がどうなり、何をいったのかは、実際視聴された方のお楽しみ~てことにしておきましょう~(笑)
にしても、私の中では、藤原竜也って、どうも、サスペンスやミステリー系の焼くが多い印象持って仕方ないんですよね~~
旦那曰く、シリアスな作品ばかりなのは確かだな~な~んていってましたが・・(笑)
確かに、私がシリアスが好きで、そういうの見てる作品が多く、そこにたまたま彼の主演が多い~てだけなのかもしれません・・(笑)
素直に、こういう作品こそ「この漫画が凄い」「漫画代償」に値する~近年の漫画であり、それを完璧に作り上げた実写化作品~と、個人的には思っております♪
最近、この手の評価の作品の本読んでも、面白いと思えた物も少なく、なので、過大評価されている作品だからこそ、余計手にとるのを遠ざけていた作品の一つだったかもしれません(笑)
はい、悪まで、原作を知らない人間故の感想ですけれどね(笑)
まあ、ラストの展開は、確かに、多少は肩透かしで、ゆるい感はありましたが、個人的には、近年の実写の中ではまともな出来だったように思います♪
原作が終わってない状態のオリジナルEDなら、あれの終わり方もいたし方ないのでは・・と、思います。
だって、最近は中高生向けの実写やら、手抜きアクションな実写とかばかりであきあきしていましたからね~(笑)
なので、個人的には満足です!
原作や、アニメファンの方には納得頂けない内容のようですが(笑)
両方知りませんし・・・(笑)
なので、作品は気になってたけど手を出していない、またはまったく興味がない~という、まっさらな心で見れる方には、楽しめるのではないかな~と思います。
少なくとも役者さんの演技が素晴らしく引き込まれる程の魅力があります
なので、それだけでも、十分楽しめるかと・・・
少なくとも、原作等、まったく知らない私と旦那には十分楽しめた作品でしたので♪
まあ、そもそも、原作ありきの作品を100㌫ファンの納得のいくような実写作りできる方が少ないというか、難しいというか、多分ファンの方からの厳しい評価もたれるのは、普通であり、いたし方ないのでは~とか思います。
作り手と、視聴側の感性を100㌫一致する~なんてのは、なかなか難しいものだと思います。
私の大好きだったドラマ~GTOだって、駄作だなんだ~~て言われていましたしね~(笑)
まあ、原作は原作、実写は実写~て感じで割り切る方がいいような気がする・・(笑)
ガラスの仮面だって、役者さんの演技が完全に原作から独立し、役者さん独特の世界観のガラスの仮面を作り上げていたり・・
そういう作りでいいような気がします。
原作大事にしつつオリジナルを上手に組み込むなり、役者さんに作品を食ってもらう程の演技をして、新しい作品を生み出すもよし~で、いいと思います。
そう、大事な所はしっかりと大事に、斬新に作るべきところは斬新に~で、いいと思います♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

トレジャー バディーズ 小さな5匹の大冒険 感想 [映画感想]

はい~
まず此方~~旦那と一緒に鑑賞した映画バディーズシシリーズ~~♪
個人的には、1、二作品の「サンタ バディーズ」と「スノー バディーズ」の方が中だるみなくて面白かったかな~~て感じかもしれません(笑)
でも、これはこれ~インディージョーンズをモチーフに、可愛いいワンコのドタバタ劇~が見れるのは~それはそれで面白いし、可愛いことには間違いです~♪
500円で見れるなら、悪くないかな~てレベルでしょうか。
ちょくちょく~と、子犬~ではなく、大人のバディーズも回想にて出てきたり・・
もしかして、これが初代のバディーズ?違うのかな?とか思いつつ・・(笑)
こういうの見ると、そっちの方もみたくなっちゃいますね~~♪
物語としては・・夢やフアンタジーぽい要素は若干低めだったせいか、ちょ~~と無理のある展開も一部ありましたけど・・(笑)
飛行機に乗り込むときとか色々突っ込み所満載(笑)
いや~~まさか爆弾に紛れてもぐりこむだけではなく、爆弾食うとか、どんだけ食い意地強いんだ~~いや、その前に体大丈夫か~~(笑)!!
うん、冒険~の割には、ちょっとだけ、危機感薄めで、まったり、のんびり感~~も否めないですけどね。
で、後は、今回はワンちゃんの活躍は勿論ですが、飼い主の男の子がメインのシーンも多く、その分ワンちゃんの活躍、前回にくらべて薄い目かな~~と・・・(笑)
そんな感じでしょうか・・・♪
とかいいつつ、シリーズ作品~500円で返る範囲のもの限定で、ボチボチと集めていくかもしれません~~(笑)
今回も、ワンコの性格がよく映えていて可愛いかったです。
食いしん坊に、おませさんに、マイペース君に~~
と・・そのあたりは相変わらず大好きですよ♪
後はゴースト バディーズと、スペース バディーズ~~此方も凄い気になりますが、どんな感じなんでしょう・・(笑)
でも、まだお値段ちょっと高目なんですよね(笑)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

 映画 猫忍 [映画感想]

はい、映画 猫忍見てきました~~♪

多くは語りません(笑)
シリアスに見えて、やっぱり、雰囲気はやはり、TVシリーズの雰囲気のまま~ほんわか癒し系のギャグ満載~な感じでした(笑)
しかし、流石映画~というだけあって、戦闘シーン等はTVにはない派手さがあり爽快感~♪
シリアスシーンも多くはあったのですが、何分猫忍ですから~シリアスに見えて、そこでギャグ路線で持っていくのか~~という、なんでしょう、ある意味まんねり感がなく程よくバランスのとれた作品だったかもしれません。
しかし~ここで、凄く重代な所~~
内容は十分面白かったのですが・・
この作りでは続きはどうなるのだ~~という~終わり方です。
私的に謎はとけてすっきりする~と同時に、これだと続き見れる要素は薄いのか??
と、旦那と供に寂しさを感じております。
本当、近年のドラマは恋愛物より、俄然こういう作品や家族で楽しめそうなものか、リアルな刑事もの~が個人的にブーム~を得ていますので・・・。
最近、本当、どうも動物物に相当弱いらしですね。
動物に癒されながらも、物語の本筋がしっかりしている作品・・。
そう、猫忍の面白さは、父上である猫の存在は勿論ですが、主人公の成長と、人との係わり合いによる人情~そういった過程をさりげなく、しっかり描いてくれている所だと思います。
以外と視野の広い作品です。
そう、最初は主人公の視野が狭かったので、内容も狭い雰囲気でしたが、主人公が人とふれあい、少しずつ成長し、人付き合いにより心を豊かにしていくことにより、物語の世界観もじょじょに広がっていき~
気がついたら、いつのまにかお気に入りな作品になってしまいました(笑)
そして、登場人物全てが憎めない~て所も又魅力的に感じるのかも・・♪
悪役人も、なんか愛嬌があって面白いんですよね。
でも、シリアスなシーンはちゃんとシリアスでしてくれるし・・
カッコイイ所と、笑い癒されるところのメリハリが凄く素的なのです。
ギャグって、センスがなきゃ面白い物作れないんですよ~~
そのギャグセンスが個人的にはツボ過ぎる作品!

猫忍お好きな方は勿論!
そして、猫と主人公のやりとりに癒されながらもちゃんとした物語があって、カッコイイアクションも入ってる作品っていいな~~て方に凄くお勧め作品です♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ラストコップ THE MOVIE  [映画感想]

はい、ラルトコップの映画~ラストコップ THE MOVIE~~見てきました~~

うん、普通に面白かったです♪
流石映画というだけあって、アクションの気合の入れ具合が最高です!
そして、ハッチャケアクションがグレードUP!
最初は、ちょっと待て~そんなんありか~~いや、ラストコップらしさ100倍だけど~と、思っていたら・・オチに又笑わされると同時に、何気に安堵してしまっている私・・(笑)
映画ならではの登場人物も出てきて・・
なんと、ふなっし~再登場です!
しかもハイテク化されたぶなっし~という、これまた可愛げのないミニふなっしー二号機もどきが・・
面白い・・と同時に、どこでそんな口の悪い言葉記憶されたんだ~~とか思いつつ・・(笑)
今回は、このハイテク技術により問題が起こるのですが・・
うん、それは凄く大変な、大規模なことになります、今まで以上のピンチが・・!!
けれど、その展開に入るまでの、京極と亮太とぶなっし~のコンビが笑えすぎました!
京極のぶなっしーへの扱いが酷すぎて笑えすぎる
いや~京極ならやりそうだな~と、思ってしまうというか・・いい意味で展開が読めてしまうというか・・(笑)
そして、機会相手に無茶やる京極にパニくりながらの突っ込む亮太が又可愛くて見てて楽しすぎるんですよね(笑)
そして・・
お馴染みの熱い京極の熱い台詞も健在・・!

誰かに決められた人生をただ歩くなんてつまらない 人間失敗して成長して、そんな人生だから、頑張れるし、それが楽しくて意味があるんじゃないか?

てなことを、もっと突っ込み、奥まった感じで語って見せる、彼の言葉は本当に共感できます!
そうです、人生に無駄なものなんてないけれど、やはり自分で選んだ結果にこそ、何よりの価値があるのです。
たとえ失敗したって、自分で選んだ道なら後悔することなんてありませんから。
仕事が楽しくていいね~な~んていう人もいますが・・。
それは、楽しくなるように努力や工夫をしているから・・。
辛さや大変なこと以上に、その先を見て頑張れる・・。
仕事して、上司に認められる、自分の仕事がスキルUPする、お客様に感謝される・・等色々・・
そういうことを感じられるように日々仕事を努められているか~に限るのです。
そう、仕事に対して真剣に、必死にならなければ、決して到達できない感覚・・。
それは、何に対してもそうです・・
勿論、世の中にはブラック企業~てのは確かに存在するし、頑張っても恵まれない厳しい仕事も確かにあります。
だから全てに~とはいえないけれど・・
ちょっとしんどいから、ちょっと辛いから・・とかいう理由で投げ出す人・・
辛くても頑張る~て、気持ちをまったく抱けない人には、どんなに環境の良い仕事にいっても、きっとやっていくのは難しいでしょうから・・。
お仕事って、何処でも絶対にしんどいし大変ですからね、本当に~!
と、思わず心で叫びつつ・・
そして、ラストは予想外な展開・・・!
そう、山場の感動シーンが半端なくて・・!
思わず本気で涙ぐんじゃましたよ!
んで、オチがそうくるか~~て感じでしたがね~(笑)
若干物語りの後半は駆け足な部分があり~ていうのと、事件が起こるまでには多少の時間がかかった~ていう所もありましたが・・
ラストコップ好き~さんなら、一度はご覧になられてはいかがでしょ~て所でしょうか
メンバー皆の何時もの賑わいを楽しみつつ~
映画ならではの規模な内容を堪能されてみては~て所でしょうか・・♪
TVでは見れなかった、念願のラブシーンも見れてウハウハでした♪
うん、見てよかったです♪
やはり、ラストコップは最高です♪
タグ:窪田正孝
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

視聴予定の映画リスト(笑) [映画感想]

映画 ラストコップ 2016

http://lastcop-movie.jp/
今の時代の人にはむちゃくちゃな設定かもしれないけれど、昭和時代の作品が懐かしい~と、いえるような人間にはたまらなく面白い作品!
設定だけでなく、登場人物もぶっとんでるけど・・
結構昔の人間は、あ~いう勢いと情熱で突っ走ってっちゃう所が普通にあったし・・
決まりごと大事だけど、それ以上に人情が大事だ~~みたいな雰囲気は、今の時代には、なかなかリアルでも作品にも出会えない、貴重なコンセプト~ですからね~♪
凄い楽しみです。
多分ディスク販売されれば購入しちゃう可能性も~(笑)
特典映像とか豊富だとなお更いいですね~
いっそ、メインキャストでコメンタリーとか・・(笑)?
いや、それとも、メイキング映像とか、映画の感想~とかがいいかな~(笑)?


猫忍 映画
http://neko-nin.info/

はい、映画ならではのアクションシーン~ということで~~
旦那にさり気なくTV見せていたかいがありましたね~
見に行きたいなら一緒にいってやってもいいぞ~~と~
ラストコップに続き~~OK頂いたので多分見に行きます♪

く~~
久々に面白そうな邦画に出会えて嬉しいです~
最近のは若者向けのが目立ってしょうがなくって・・
海外の作品も、旦那と私両方が気になる~て作品もなく・・
気がつけば、映画館に行くこと自体久々~なわけで~(笑)
今から楽しみです♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

Xファイル ザ ムービー [映画感想]

ということで~
やはり、海外の映画は面白い~~~
勿論日本のも面白いし好きですが・・
スケールのでかさが、圧倒的に違うな~て感じです。
アクションも、舞台の材料とかいろいろ~~♪
てなことで、今回は中古で購入したXファイルの映画版~です。
物語はシーズン5のその後~
地球生命体と政府の謎について再びせまろうと~とした瞬間、真実をもみ消そう~という政府にXファイルの存続を失われ・・
ごくごく普通のFBLとしての職務についていたモルダーとスカリーの目の前にて事件がおおる。
ただの爆破事件とは違う・・何かが怪しいと踏んだモルダーはそこから不可解な死体を発見することになり、きょうがくの事実を知ることになります。
そう、政府の陰謀が明らかになるのです!
色々あって、謎の人物の登場と助言のおかげで、なんとか辿りつこうとしますが~~
そうは上手くはいかない~~~
体をはりながら、危険と隣り合わせの中~目の前~あと少し~という所までいきますが、やはり見えない壁に阻まれてしまいます。
近づけば近づくほどに遠く離れていく~~
この作品は、基本その繰り返しで、ちょっとづつ謎があかされていくのですよね。
そうして、真実への追求に限界を感じたスカリーと、それでも真実をつきとめたいモルダー!
窮地の場面になりますが、それゆえに二人の関係性が、シリーズをえて、強く深まっていたのだ~と実感させられるシーンになり~~
やはり、こういう男女なシーンがあると燃える!
それ所じゃないことはわかってるのですが!!
と、同時に~スカリーの身に再び危機がせまります!
そのスカリーを助けようと、モルダーも病院送りになり・・・
敵側の中にも色々あり、氾濫がおき始めます。
モルダーに助言しようと彼を守ろうとする敵・・
モルダーの行動をとめようと命を狙うとする敵・・
それぞれの思惑が行きかいます。
妹がいなくなった理由・・
モルダーがXファイルの仕事につき、真実の追究することも・・
そして、今回の映画にて、敵側にも人情~というものがあるのだな・・と・・
TV版ではただただ、やっかいな大物の敵~でしかなかったのに・・
やはり、人は人~ということなのでしょう・・・。
そして、モルダーは見てはいけない、禁忌の領域へとたどり着いてしまうのです!
そして、スカリーを助けるために又、とんでもない展開へと!!
やはり映画はTVとは規模にならないスケールの大きい舞台設定~~
しかし~
解き明かされた謎はあまりにも規格外すぎて、認められるず・・
いつも惜しい所までくるのですが~~!!!
にしても、この規模のでかいシーンの一部も、真実のうちの一部なのか~と思うと・・・
そして、モルダーとスカリーはまだまだ真実を解明するために~~
さあ、この後の続きはTVシリーズ6ですね♪


タグ:
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ホワット ライズ ビニーズ [映画感想]

はい、ハリソンフォードの映画!

内容は~

郊外の美しい湖畔の家に住むスペンサー夫妻。平和で当たり前の日常の中~
そんな中、喧嘩がたえなくなっていく隣家が気になっている最中、主人が車のトランクに人大きな荷物を積みこむのを目撃してしまい・・
それ以来、家の中で不可思議な現象が起こり始める
それは、衝撃の結末へのプロローグに過ぎない・・
サスペンスホラーが・・・!

てな感じの内容になるかと~

感想としては、前半はまったり~
後半でいっきに盛り上がる~といった雰囲気です!
元々昔見たことのある映画なので、犯人は誰か~というのは、ちゃんと記憶に残っていたのですが・・
明らかになっていく真実・・
もう、犯人を突き止めたときのヒロインの追い込まれる様が怖くて怖くて・・・
ハラハラドキドキ感は十分に味わえるかと思います。
ただ、そこにいきつくまでが非情に時間のかかる作品でしたね~~(笑)
結局最初の事件はなんだったんだろ~~という疑問もやや残る作品でしたが・・
そこそこ面白かったです♪
なので、中古にて250円でみるくらいなら、おためしで見てみても悪くないかも?
ホラー&サスペンスがお好きな方はどうぞ~軽い気持ちで見ればそれなりに面白いですよ~♪
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画 アンノウン [映画感想]

今回旦那とみた映画感想はこちら~

アンノウン

評価が大分高いので、どうなんだろうな~と、軽い気持ちで見てみたら、ドンピシャで面白かったです!
本当に七転八倒な展開が凄い!
まず主人公が事故にあい、記憶を失い目が覚めたら病院で~ 慌てて妻の下へいくが、妻は自分のことを覚えておらず・・といった雰囲気で始まります。
物語が進めば進むほど謎が深まっていくばかりで・・
個人的にはすでに、このあたりで、絶対何かがおこっている~妻が怪しい!と思っていたのですが・・
妻が旦那を裏切ったのか、又その逆なのか~そのうち、途中まではどちらかわからなくなり・・・
もう、物語の要りこみ具合に翻弄されまくりです!
ドイツもコイツも怪しい~~!
あのシーンのあそこにでていた、あの物なのでは?
そうなると。彼の身に起こったことは・・
もしかして、この自己は策略?それとも本当にただの事故なのか?
と・・・
オーソドックスなサスペンスな展開を必死で考えつつ・・
しかし、謎が一つとけたと思えば余計に謎を深める・・
といった感じで、本当に、冒頭から吸い込まれるように世界観にのみこまれつつ~
旦那は旦那、私は私なり~の微妙に違った推理のキーワードを探していって、その意見交換も面白かったり(笑)
私では夢中になりすぎて気付かないようなことを、旦那は疑惑に思い、それがラスト、ドンピシャ~な展開に!
推理するのも面白いのですが、同時に主人公の身に起こる危険によるアクションや、スリリングなカーアクションもハラハラドキドキ感が半端なく面白かったです!
そして、結局最終的には~~
憶測による推理をはるかに上回ると同時に、納得~なEDになり、大満足!
最初から最後まで、まったく、中だるみなく楽しめました!
でも、まさかこんな展開でもっていかれるとは~~
と、全ての謎とつじつまあわせの完璧~な作品でした!

スリリングなサスペンスがお好きな方は是非ごらん下さい!
きっと楽しめると思いますよ♪
最後から最後まできっとあきさせません!
面白過ぎて、時間も忘れて夢中になりましたが、世界観に入り込みすぎて、視聴後は思わず脱力~しちゃうくらい~♪

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画感想 ブログトップ