So-net無料ブログ作成
TV感想 ブログトップ
前の10件 | -

アンナチュラル 3話 [TV感想]

はい、アンナチュラル3話感想です~
今回は、ごくごく普通な印象の内容でした。
もの凄く面白いというか、普通にまあまあ面白い・・という感じ(笑)?
というか、何、アレ?
スマホでの連絡の交換~て、あんなよくわからない動きでするものなのか?
私は何時までたってもガラゲーなので未だに理解できず~(笑)
と、いう所から物語がスタート(笑)
だって、携帯はメール、電話以外使わないし、連絡手段としてはスマホよりガラの方が扱いやすいんですもの♪
短文のラインとかは待ち合わせに便利だけれど、電話で話す方がいいし♪
ネットでの短文は、やはり好きじゃないし、そういうのに慣れすぎている人とは全然波長が合わなくて苦手です(笑)
そして、今回の事件~
いや~本当に、なんで、いくら妻だとはいえ、役立たず~なんてこと平気で罵る妻と一緒にいる夫の気持ちが、本当理解不能です。
出来ないからしない~て、そういう考えは多分日本人思考な気がする。
海外だと、ズルズルしてないで、スパッと離婚できちゃう・・
そんなイメージかな?
少なくとも私の昔からの印象ではそんな感じですが・・・。
どろどろしていくよりかは、すっきりとした人間関係の処理が出来て気分的には悪くないのかな?
と、思わなくもないです。
まあ、日本人は建前とか世間体や生活費とか色々気にして出来ない~て理由があるようですけれど・・。
てな、個人的心情なので、やはりここでも、主人公側ではなく、窪田君演じる彼の一言に同感
とはいっても、気に入らないからって、簡単にホイホイ離婚する~てのも私は好きじゃないですけれどね。
どこぞの芸能人みたく二ヶ月離婚~とか・・
恋人同士の延長戦じゃないんだから、そんな簡単に離婚するなら、結婚する前にもう少し考えて行動すべきだ~て、凄く思う。
子供がいなければ、不倫とか大人同士の問題なら夫婦の間だけで結論すればよいでしょうけれどね・・・
なんて思いつつ・・・
今回は裁判での証言で主人公がたつ~という内容のようですが・・。
て、日本って、凶器物って処理しちゃうの?
本当に??
その理由は海外と違って保管するスペースがないから???
ていう理由なら、なんとなく理解できなくもないですが、何処までが事実なのか、やっぱこの作品内では、わかんないや・・(笑)
なので、今回の展開も、入り込めなかったのかな・・
と、思いつつ・・(笑)
て・・大人しい人間程切れると怖い・・とはよくいいます・・
でも、だからって、必ずしも殺人にはならないよ~。
それだけが理由で必ず犯罪になるなら、世間の皆様が犯罪者になってます~~(汗)
その一区切りで勝手に納得されちゃうのはね~と、思わず心のつぶやきが・・(笑)
いや、でも、大人しい子程切れると怖い~てのは本当かな?
普段笑顔が絶えない子が笑顔消す時って、それは本気の怒りモード・・(笑)
そういう子の方が結構ご機嫌とるのに手間取ったり・・
な~んて、若かりし頃を思いだし、語っちゃいましたが・・(笑)
はい、本編に戻りましょう・・。
にしても、ちゃんとした、正確でない証拠を確かな証拠だといってのけてしまう検事~
本当、私もいい大人ですが、こういう大人の事情は未だに好きになれない・・。
真実より、自分の手柄と、早期解決とか重視とか・・。
そういう野心がないので、共感できないし、したい~とも思えない・・。
今時の警察官も、現場の人間だって、ストレス発散のためセクハラしたりとか、当たり前の人情やモラルは何処へいった~~と、思わずいってしまいたくなる無能な公務員さんが一時期目だってましたしね~。
とか思いつつ・・
そして、実際、こういう証言場所で、主人公のような勝手な発言してしまうと本来どんな形になってしまうのでしょう?
と、やはり、この作品だと疑問符が浮かびまくって、とまらない・・(笑)
あ~いう状態が何処までまかりとおれるのか?
基本的には、リアル重視か、完全なコメディ作品かしかみないので・・
こういう、中間地点の作品って、あんまり見たことないので・・(笑)
とはいっても、刑事ドラマも実際ではありえない演出とかあって、その違いを知れると又面白いというか・・
そして話は・・
気の弱い人間が圧力に負けて、犯罪してない行いを認めてしまったりして・・・
その気持ちは理解はできなくもないですけれど・・。
でも、なんだかな~え、感じが正直しちゃうかな~。
にしても、この主人公、本当に自分の感情のみで、考えなし~で突っ込んじゃうタイプみたいで・・
大人の社会に生きていくには、なかなか厳しそうな子です、相変わらず。
怖いもの知らずと正義感は紙一重って思えてきそう??
なんて思ってる間に話は進んでいきます。
そして、女とか、自分よりも実践経験ないから~なんていいきれる頭でっかち男は好きじゃない。
確かに経験は大事だけれど、数少ない実績でも、それがどれだけ真剣に向き合っているかどうか~だと思います。
あ~~
もう、見れば見る程この検事、すっごい腹がたつ~~(笑)
自分のミスを他人のミスへとすりかえていく・・・
そして、相手の挑発に軽く乗ってしまう主人公・・
そして、窪田くん大人しく彼女らの言動につきあっちゃってるし・・(笑)
しかも、なぜかそれが仕事扱いされている・・(笑)
そして、こっちはこっちで問題が・・
て、その問題に対しての主人公の突っ込み・・
あれだけためていう一言が、感じ悪い・・・て、そこまでためるなら、性格悪いよ・・くらいにいうべきでは・・(笑)
そして、彼に対して訴えてきた人間も人間・・・108回もの暴言・・て・・
そんなん記録してる暇があるなら真面目に仕事しろ~~~
108回もいう方もも問題ですが、どっちもどっちでしょうが~~
と、思うのは私だけ???
そして、被告人も~主人公達の言動に乗っかって無罪を訴えておきながら、不安だからと、やはり罪を認めて軽くすませたほうがいい・・・とか・・
もう、ころころ意見かえて~男ならシャキっとせんか~~!
一人の女性の印象が悪いと、他の全ての女性も同じような人種だと思いこむ・・
これって、視野の狭い人間の視点そのもの~です。
男だって、優しいけど頑固な人だったり、頑固なくせに気が小さかったり、器小さいわりに機だけは強かったり・・
異性だって、いろいろいるんだぞ~~。
て、それだけ精神的に束縛されて視野が狭くなってる・・てだけなんでしょうけれどね・・。
そんな被告人の言葉に負けず、主人公は持ち前の自由奔放さで頑張ります。
一つ問題解決を発見したと思えば新たな問題が出てきて・・・
で、なんとか証拠を見つけるのですが・・
そして、こちらの問題は問題で~
く~~このさえないおっさんもダメだ~~~~
何、この後ろ向きオーラ前回!
そんなうじうじしているから上手くいけるものもいけないんだよ!
パワハラだって、〇〇程度の発言でめげてるようじゃ今の厳しい社会生きていけない!!
根性足りなさすぎだろ!
もっと、できることをやれるだけやってから諦めようよ~~と、思ってしまいました。
てか、確かに自分の仕事のモチベーションくらい自分でなんとかしろ~ていう、パワハラ男の言葉もある意味事であり、納得してみたり・・(笑)
ようは言葉の使い方なんだろうけれどね(苦笑)
思ったことを思ったまま発言して生きていけるなら、人間生きるの苦労しないですよ~
なんて思いつつ・・。
そして、裁判が再び開かれ・・
まさかまさかの人間による代理の承認が~~
イヤ~本当、この男のように好き勝手に生きられたら、どれだけ楽だろうな~~なんて思いつつ・・(笑)
私には到底、あんな自由奔放な振る舞い怖くて出来ないですが・・(笑)
でも、能力というか才能だけは確か。
言葉の選び方は大問題ですが、明かされる事実や、いってることは確かなんですよね(笑)
もの凄い暴言っぷりだけれど、この、それ以上に自分勝手な検事を上手く畳み掛けてやれ~~という、ちょっとしたスッキリ感はありますが・・(笑)
そして、すっかり丸め込まれた検事の負け犬の遠吠え・・(笑)
そして、真犯人・・なんとなく、この男だろうな~的な予感はしていましたが、こんな形での証拠つきつけるとは~~。
捨て台詞が又彼らしい(笑)
そして、事件解決~ですが・・
本当こういう事件の真相見ると、なんでそんな理由で犯罪をおこしちゃうんだろうね・・
と、毎回思ってしまう・・(笑)
犯罪に手を染めるほどに誰かを憎むくらいなら、いっそ嫌いになるか、頭で割り切るか~した方が楽です(笑)
推理物とか基本的に好きなんですけどね~~♪
次回は、1話での、あの二人~次は、二人関連?
そして、今回の検事も絡むのかどうか~?
て、所でしょうか~
てな感じで今回の話おわりです~。

タグ:窪田正孝
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

近年の金ちゃんの仮装大賞みて凄く思う [TV感想]

はい、子供の頃から、きがつけば毎年見続けていたお気に入りの番組・・
だったのですが、近年は、年々見る回数がへってきていて・・・
その理由というのが・・
何故、この作品が大賞になるのか・・
昔の仮装大賞じゃありえないよね?
と、年々疑問に思えるようになったのです。
勿論、これは私だけでなく、私と価値観の180度違う旦那共に感じていることで・・
個人的には今回の合格作品の中では、不思議の国のアリスが優勝候補だと思っていたので、かなりびっくりです・・・
今回の大賞、確かに凄いけれど、ただ大縄跳びを頑張っているだけ?ですよね?
いえ、私もあの大縄跳びはすごいと思います。
でも、間違えてはいけないのは・・
仮装大賞は技の見せ合いではなく、工夫の見せ合いです
近年の仮装大賞は、色々評価の仕方が変化しすぎなのではないでしょうか?
大縄跳びで優勝するのならば、大縄跳び大会で優勝~それなら私も大きな拍手をお送りしますが・・。
と、思うのです。
そして、何故、いかにも仮装大賞らしき作品影絵ジャックと豆の木が落ちてしまったのか・・
凄く工夫していて完成度高かったと思うのに・・凄く疑問で・・
まあ、一人一発芸系が、意外と受けるのは今も昔も変わらないので、評価高いのはいいとして・・
冷静に、色々考えてみました・・。
近年の審査員は若い人が多く、それ故、芸術性よりも派手さばかりを求めている
ようは、繊細に工夫されている部分よりも、ぱっと見ただけのインパクトのみ~な審査なのかな~と、思います。
ようは・・

凄い→見た目の技術、又は派手さのみ
楽しい→笑いのみ

これらには工夫した素晴らしさというも評価がない・・
ようは、物理的技術であって、芸術的技術としての素晴らしさを、まったく評価できていない・・
て、ことだろうと思います。
その要因は、若い子の審査委員が多く、若い子向けの審査結果になりがちだから・・。
そして、更に、今時の若い審査員には芸術的センスがないからではないだろうか・・
なんて思ってしまうのです。
なので、年々仮装大賞見るのへってきちゃいましたが、久々に見ると、更に酷い審査結果に、唖然としてしまい、思わずブログにUPしちゃいました(苦笑)
もう、仮装大賞じゃなくて、運動会とか運動技術大賞か、お笑い大賞と命名された方が良いような気がします。
受賞作品を見た感じでは・・ですが・・
個人的には、狼と七匹の子ヤギとか受賞されてなかったのが以外だったかな?
中には、斬新なやり方で~と、審査員がいっていたけれど、昔から仮装大賞大好きで見ていた私としては、いやいや、まったく同じようなことを昔の人は、もっと面白可笑しく、イイ感じのオチつけて、違うテーマでやってるの私はみたことあるぞ~~
と、思ってしまったし・・
スターウォーズごっこも、凄く、一人で一生懸命で面白かったし、個人的には凄く好きですが、まさか受賞作品になるとは~と、驚いてしまいました(笑)
やはり、審査員、年配の人と若い人と、きちんと半々にした方がいいような気がします・・。
と、思いました。
個人的には、今回の作品は・・
受賞作品の中で2得点入れてもいい~て思えたの、不思議の国のアリス喧嘩三番勝負サファリーパーク、ぐらいですね~。
因みに、受賞しなかったもの、合格しなかったものでは、狼と七匹の子ヤギジャックと豆の木2作品のみ(笑)
他7割は1得点、残り3割が0得点・・
と、子供の頃からずっと見続けていた私ならではの厳しい結果に・・
個人的に、これで厳しい評価なのか?という感じでしたね。
年々、本当に、凄いな~~て、思うものが本当にへってきていて・・
芸術性が本当に減ってきていますね。
それは、応募者の自由で豊かな発想~てのがへってきているのでしょうか?
番組側のセンスなのか、どうなのでしょう・・
昔はもっと、一つ押しか二つにすべきか悩み所~な作品が多かったのに、今では迷う必要がないですね。
良作とそうでない作品の落差が激しくて・・
なんて思いつつ・・・。
本当、お気に入りの番組だったので、改善して欲しいです。
良質の作品も確かにあるのに、そういう作品が埋もれてしまうのは悲しい!!!

と、思わず力説していました。
伝統的な作品だからこそ、昔を重んじて欲しいというかなんというか・・
それが時代だというのなら、この番組をお気に入りから削除してしまえばいいのですが・・
なんだかそれも切ない・・
この番組みながら成長してきたといっても過言ではない番組なので・・
まあ、それだけ愛着があるからこそ、思う気持ちが出てきてしまうのでしょうが・・・(苦笑)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

アンナチュラル 2話 [TV感想]

アンナチュラル 2話感想です。

はい、1話で、そこそこ面白いかな~
な~んて思っていた所ですが・・
2話で前言撤回~~
期待していたものでないとはいえ、多分凄く面白い出来栄えです(笑)
相変わらず不真面目っぽい登場人物ばっかで、好きになれるかどうか~というと、窪田君演じる人物以外好感持てないのは変わりないですが・・
ストーリーだけでいうなれば面白い部分です。
登場人物の性格はおいといて~ですが(笑)
これで、もっと仕事に打ち込む意識のある登場人物達ならば、もっと広い視野での物語りも展開されていくのだろうと思いますけれどね。
人物の心理描写とかが、かなり薄目な作りがやや欠点かな?なんて思いつつ・・。
うん、それでも、今回の話は前回以上に、かなり盛り上がった感じだったかと~♪
それにしても・・・主人公達だけでなく、刑事さんまでこんなに、ぐだぐだでいい加減な人物像でいいのか~~
とか、検視官~て、必ず現場に赴くものではないのだろうか?
それでいいのか???
という、専門知識にかけている私には????
な部分が色々、相変わらず沢山~な感じですが・・・(笑)
まあ、それを差し引いても今回の展開は良かった~とだけいっておこう
そう、今回の事件、一家心中~と思いきや・・
ネットを通して~という、今の時代ならでは~に、リアルにありそうな事件だな~
なんて、変な所でリアル感出してくれるので・・・
割り切るべきか、割り切らずにいるべきか悩み所の作品ではあります(笑)
とか思いつつ・・
更に、死因に新たな不明点が出てくるのですが・・
だがしかし、あのサイズの紙の塊って普通に飲み込めるものなのか?喉につまらないのだろうか?
な~んて素人疑問を再び抱きつつ~(笑)
心中という用語は、確かに日本独特のもののようですね・・
海外では普通に自殺、という表現にとどまっているようですが・・
この作品に、唐突にリアルな発言が出てくると、本当か、これ?と、一瞬疑ってしまってしまう困った私です・・(笑)
そして、ヒロインの過去、ぬぐいきれない経験があったようで・・
でも、だからといって、私自身は、絶望=殺人犯と結びつけるのは短絡的かな・・と、思います。
そういう過去を抱えているからといって、皆がそうなる・・とは限らない・・
勿論絶対ならない・・・ともいいきれませんが・・
きっかけを実現してしまうか、しまはないかは本人の心次第・・
だと思う。
勿論、他の人と変わりなく、不自由なく、トラウマなく、生きる・・なんてことは難しいでしょうが・・(汗)
人が生きるのって、本当に紙一重の境界線なのかもしれません
生きたいが故のどんよくな思い・・
他人を傷つけることで欲求を満たしたい・・
他人の命よりも自分の命の優先をしたい・・
という心のコントロールは、簡単だったり、難しかったり・・
理性でコントロールできるものだったり、生きるか死ぬかの瀬戸際による本能だったり・・
人間、本当に複雑であり単純でもあり・・・と・・
本当に人くくりでは表現できない生き物のような気がします。
理性がないと正しく生きていけない。
でも、生きたいという本能が人を生かすときもある。
人間だけなんですよね、無意味に他人を傷つけてしまえる残酷な心があるのは。
野生の動物達は、生きるために他者を犠牲にするけれど、その命は無駄にはしません
そう、人間だけなんです。命という物をないがしろにするという、あってはならない罪の心。
こんな心、なくなってしまえばいいのに・・なんて思わなくもないですが・・。
でも、それが人間。なので、そういうわけにもいかないから、理性でコントロールしなきゃいけない。
それが人の生き方なんです
そして、本編に話を戻しますが~~
娘の遺体と対面した両親が涙の再会~となるのかと思いきや、やはりここでもコメディ展開に・・
その時の、主人公の言葉が凄く共感してしまいました。
子供は子供、親は親・・
どんなに血が繋がっていても、別の生き物
それぞれの人生が確かにあり、子供は親の所有物ではない・・と・・
大人になったからこそ、子供の頃の自分を冷静に振り返り、見つめ直すことが出来たりもして・・(笑)
そう、彼女程の経験はなくても、似たような経験なきにしもあらず~ですからね・・。
子供は愛情持って育てるのが一番。
大人の思う通りに動かないときもある、それが子供だと思う。
愛のない指導は教育とはいえません!
そして、一人だけ不自然な死をとげた少女の死の原因。
てか、ここでも、店の刑事への対応が、かな~り面倒くさそうな対応が妙に気になります。
どうせなら、面倒臭いというよりは不快感を露に~という演出の方が個人的にはしっくりするかな?
な~んて・・(笑)
だって、ここに登場してくる人、全員仕事に対して不真面目~な雰囲気にしか見えないんだもの~~これは、私の偏見(笑)?
プライベートでああいう態度ならともかく、仕事であ~いう態度とるとか、私には地球がひっくり返っても出来ないんですもの(汗)
普通、そんな態度したら、お前クビだ!て、言われかねないし、そんなぐ~たらな姿勢で仕事してたら、絶対ミスるし、自分で自分の首絞めていくとか理解できないし(苦笑)
本当、親族も、刑事も、全ての人間が人一人の命に気をとめるのが面倒くさいと、放置してしまう~
そういう流れで命に感することを語りたい~て感じなのでしょうけれどね。
持っていきたい展開は、なんとなくわかりはするのですが(笑)
まずは不道徳的現状を取り出しつつ、それは間違ってると正論でときふせる~とでもいいましょうか・・。
個人的には、その不道徳~な部分が個人的に、あまり好きではないのが難点~なんですけれどね。
主人公達に感情移入しやすければ、この作品への評価も更に高くなるうのでしょうが~・・・(笑)
にしても、この主人公四六時中食べてばかりなイメージが・・(笑)
この演出はどのように受け取ったらいいんだろう?
食べることはエネルギー補充すること・・
食べることで気分をまぎらす・・
そして、それを、他人に勧めるのはお前も元気だせ・・
と、言いたいのだろうか・・?
その辺りの演出が微妙によくわかりません(笑)
いや、進め方に違和感があるのか、なんかわからないんだけれど、面白いはずなのに、しっくりこない作品なのは何故だろう(笑)
この子の行動・・・微妙に理解不能(笑)
そして、まるで刑事の操作~な展開に・・・(笑)
そして、そして~
なんだかんだで、犯人の痕跡に辿りついたのですが・・
たどり着いてしまったが故のピンチが!!
しかし、それ故に、色々頭が冴え渡ってきます。
人間、切羽詰まったときに思いもしない能力を発揮しちゃったりしますからね~
頭が冴えて起点がよく回るようになるというか・・(笑)
犯人に見つからないように、メッセージの入った紙を飲み込んだ~て事実は今さら感なネタ証のようでもありますが(笑)
しかし、あのメッセージの本当の意味も判明し・・・
だがしかし、主人公達の命も危うい!
そして・・
主人公とよく衝突する、この、ぶっきらぼう男・・
かなり有能です!
普通、あれだけの情報で場所の特定してしまうとは!!
にしても、この緊急時のやり取り、切羽詰ってるが故に、人物像が出ていて面白いというか・・(笑)
嫌いじゃないです、こういうやり取り・・♪
そして・・
死をま近に経験した彼女だからこそ、人は意外としぶとい・・
て言葉には、凄く真実があったかな~なんて♪
公式のホームページでは、色々いい感じの人間像に描かれていましたが、2話まで見た感じでは、皆が楽しく幸せに暮らせたら・・
なんて考えている人物像らしいけれど・・
私には、そういう人物には全く見えないのは気のせい?
1話でのグウタラ仕事~なイメージが定着してしまったせいでしょうか(笑)?
いや~そんな、明るい笑顔っていえるような笑顔みせてくれてないと思うのだけれど・・
ホームページ、ちと美化しすぎでは?
というのが、最近の公式ホームページには多いですね
膨張して書きすぎているせいか、脚本と人物設定にブレが出てくるというか・・(苦笑)
な~んて思いつつ・・。
なにはともあれ、無事、事件解決してよかったね・・・なのですが・・・(笑)
後、最近はすごく思います。
この作品で、ネットだけの会話で友達成立させているけれど
それって、何処までを友達というんだろうね?
表面的な会話しか出来ない、顔を見たこともない相手に対し、どこまで友達といえるのか?
と、最近はすごく思います。
数年前は確かに、ネットだけの付き合いでも心分かち合える人は沢山いました
悩んだり、苦しんだとき、優しく、時には厳しく接してくれた友・・
でも、今では、リアルでさえ、そういう付き合いが出来る出来ない~のふり幅が広くなってきたというか・・。
懐かしい友達も、変わらずにあの頃のままいてくれる子もいれば、すっかり様変わりしてしまう子も・・。
人は時とともに変化するし、他者の影響を受けます。でも、どうせ受けるなら、より良き人の影響を受けて生きて生きたいな・・と、心より思った次第です♪
近所づきあいは浅く広く・・
友達づきあいは深く狭く・・
で、いいかな~と、思います♪
友達にも、近所づきあいに限りなく近いのと、心の友に近い親友と、最愛である心の友~
と、振り分けられますがね・・・(笑)
本当、そんな時代だからこそ・・
親友、心の友・・と呼べる間柄の人は心より大事にしていきたいです♪
友達は簡単に作れても、親友や、心の友は簡単には作れませんからね♪
そう、ちょっとやそっとでは切れるものではないからこそ・・・です♪
別れの瞬間は、新しい出会いと、今ある大事な物を大切にすべきものがあることを教えてくれてるような気がします。
自分にとって、より素的な人との出会いとこれからを大事にして生きていきたです♪
な~んて、上手く語れてるのか、語れてないのか、言葉に表現するの難しいですが・・♪
そんなことを考えつつも~~
本当、この作品はラストにスカ~と、してくれる・・。
それが売りの作品~て、感じでしょうか?
うん、登場人物がダメダメだからこそ描ける物語ってのもあるのかもしれません。
最後までこんな感じなのか、変化していくのか~
まだ、わかりませんが・・・
色々割り切ってみると、面白いと素直に思える出来栄えです~
さて、次回も面白いといいな・・♪

タグ:窪田正孝
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

アンナチュラル 1話 [TV感想]

アンナチュラル 1話感想

はい、この作品の第一印象は、登場人物は突っ込み所満載すぎて、好きになれないけど、話はそれなりに面白かった・・
て、感じでしょうか。
もの凄くいい番組~て感じではないし、好きにもなれなっければ、嫌いにもなれない・・
普通に見れる範囲なので、まあ、いいかな?て、所でしょうか(笑)
はい、その理由は・・
出だしがかなり軽い雰囲気のノリからのスタート・・ていうのが一つの理由でしょうか?
なんか、初期のコードブルーとか、医竜とか、そういう雰囲気の、人の命に真剣に取り組んでいる人達・・てなノリを少なからず想像していましたが~
やはり、逃げ恥の脚本家さんだけあって、登場する人物は逃げ腰の軽目の人物が、あまりにおおすぎて、ちょっとびっくり・・(笑)
後、何気に気になったのは、題名のアンナチュラル~直訳すると不自然な、異常な、変態的な~という意味で、不自然な死というのは、ドラマ限定の用語表現のようですね~
そっか~リアルでは、使われていない用語を作品に持ってこられると、やや、リアル性にかけてきそうな・・
一抹の不安を抱いてましたが・・・
いえ、リアルに存在しないものを、さも存在するぞ~と、思わせるのが、監督、脚本家の腕の見せ所・・
なんですが・・
登場人物のほとんどが職務に対して真剣に取り組んでいない所に違和感感じて仕方ないのです・・。
遺体の解剖、腐敗してるから手をつけるのやだからジャンケンで決めるとか・・
ジャンケンじゃ全然公平な決め方じゃないです、仕事に対する姿勢がそんなんでいいのか~~と・・・
そんな、仕事に不真面目な彼女達へ、仕事能力低めだけど真面目な窪田君演じる人物の突っ込みがナイスすぎて、あるいみ、彼の存在で、この作品なんとか持っている~というか、唯一の救いというか・・(笑)
女性人達だけではなく、諸事情とはいえ、そんな理由でいい加減なお仕事でいいのか???
と、思わずにはいられません!
そして、そんな私の気持ちを見事なまでに代弁し続けてくれる久窪田が君がナイス!!
本当、女性人達、色々語ってくれてますが、人物構成が構成なだけに説得力が粗ないのですよね。
論理的には、凄く理解はできるんです・・
だがしかし・・・
そういうのは、ちゃんと仕事に向き合っている人物がカッコよくこなせてる女がいうからこそ、説得力があるわけで・・・。!
そう、正直、この人らに言われてもね~~という気持ちが先走るというか・・(笑)
同じ台詞一つでも、その人となりによって印象ってのは100パーセント変わっていくものですからね・・
仕事できないけど、まだ真面目に仕事こなそうとしてる窪田君の方がずっとイイと思いますよ。
いや~途中刑事もどきな尋問してる所は、ちょっと待て~~と、いいたくはなりましたが・・(笑)
人間上辺だけ仕事できてればいい~てもんじゃないですし・・
てか、この作品、どういう方工に持っていきたいのでしょう?
何、刑事物??
医学系?
どっちなんだ~~なんか、よくわからなくなってきましたぞ(笑)
てな所で・・
ダメダメ人物達による、ぐだぐだ展開から、空気が一転し、中盤あたりから、ちょ~~とだけ面白い雰囲気になったかな?という感じです。
物語の流れ的には
仕事の依頼→事件発覚→死の真相解明→主人公成長→問題解決

てな感じの流れの作品でしょうか・・。
その事件が起こったことにより、人の命の在り方をようやく理解する・・
という感じにより、人の死について考えさせる・・
という雰囲気に持っていきたいのかな??
にしても、登場人物も達ですが、社会の雰囲気も酷いですね。
病原菌持ち込み死んでしまった家への非難ばかりで・・
てか、主人公達も、死を蔑ろにしてきた人間なので、そういう人たちに向かって立派なこといえる立場でもないのですが・・(笑)
解剖して、ちゃんと調べていなかった・・
そっちの方の責任は、一切問題視されていないのが、凄く違和感あってしょうがないのですが・・。
ちゃんと解剖していれば真実も、もっと早くに明るみになっていたのでは・・
と、思わずにはいられないかな?
ニュースや報道でもそうだけど、賛否両論~の賛否の両方をあげてるのと、両方げていないのとでは印象が、がらっと変わるし、偏った見方では視野が狭くなって物語に深みが出なくなる~といいますか・・・
もう少し、感情論だけでなく世界情勢をしっかり描いてくれればな~なんて、思わなくもないのです。
そういう違和感が一つでもあると、作品の世界に入りにくくなっちゃって、後になって、ああ、そういうことか~
と、納得させて頂いても、作品の面白さが少し下がってしまうのが残念かな?
そして、政治家も院のTOPの人間の我感せず~な腹黒さといったら~嫌悪感一杯です!
本当に、この手の人間は自分達に被害が届かなければ何も動こうとしない~~
自分達だけがよければ~て思考、嫌悪感が増してなりません!
そして、主人公の言動・・
言いたいことはわかるけれど、問いかけ方が変態親父のソレと一緒だと思うぞ?
もう少し話の持ちかけ方お勉強した方が・・
100㌫相手ひきまくってるし・・(汗)
しかし、そのおかげで、ここで新たな展開というか、気になっていた想像通りのキーワードが無事真相へと繋がり・・・
て~~こういう所でこういう雰囲気にて、和気藹々としたシーンはいらないです~~
今は、そんな和んでるときじゃない~~!
だいたい、和みのシーンで生かされるのって、人物同士の信頼関係があってこそ~なのでは?
なんて、個人的に思うのです。
いえ、こういう和み方に持っていくのならば・・の、話ですが・・
私の好みでもあるでしょうが・・。
更に、ぼんやりと浮かび始めた真相が核心へと変わり・・
て、急いでいるとは、いえ・・・というか、急いでるときに、そんなこと気にしていられるのか??
と、思ってしまうのは私だけでしょうか?
ああ・・疑問符で一杯に・・。
と、思っていたら、上司は上司で動きを起こしていて・・
そこに、主人公が現れ、犯人は貴方だ~的に真実を明らかにし・・
と、ラストの展開は嫌いではなかったです・・♪
腹黒人物の野望を気持ちよく打ち砕いて下さったので・・♪
てな感じでしょうか。
そして、主人公と恋人の関係・・
なんとなく、こういう雰囲気になりそうな予感は何処かでしてたと思うんですよね。
心を何処か許しきれていない・・
寝顔を見せられないってのは、そういうことなんだろうと思います。
心許せない相手と恋愛結婚ってのは、かなり難しいですよ。
昔みたく、お見合い結婚のようには最近の若い人には出来ないでしょうから・・。
でも、恋愛よりも仕事だけを優先してきた彼女の生き方ゆえの恋愛の結末だったのでしょう
恋人の気持ち考えられないようでは、結婚は難しいですよ・・(苦笑)
そんな感じで、最後の最後で、納得のいく感じの終わり方でよかったです。
そして、ようやくここで仲間意識が・・
仕事に対して責任持って行動できるようになるのかな?
そして、次の事件が・・・て・・・
この作品、どちらかというと、刑事ドラマ的な視点でみたほうがいような気がしてきました・・。
見方かえると、それなりには楽しめそうな感じかな~????
て所で、待て、次回~(笑)

タグ:窪田正孝
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

離婚弁護士 ハンサムウーマン が凄い面白い! [TV感想]

はい~
やはり、ドラマは最近の物より昔の物が最高にカッコイイ~なんて思いつつ・・♪
本当、見たいドラマ、すっかりへっちゃいましたね。
好きな役者さんがTVで出ること事態少ないし・・
出てると思っても、ドラマの内容がないようだし・・
今期の、アンナチュラルは期待したい所ではあるのですが・・・(笑)
ということで今回たまたま見た再放送のドラマの感想です~
実家に正月挨拶にいっていたとき、皆が集まる少し前までの僅かな時間を、母、旦那、私の3人で堪能していたドラマ

離婚弁護士

この手の作品って、シリーズ者でも1話完結~で、好きな時に好きに見れていいといいますか・・
そして何より魅力的なのは・・

人情~~です!

そう、物語は離婚や相続等~男女関係に纏わる依頼から、家族関係にいたるまで~の問題をカッコ良く解決していく~て話なのですが・・
最後が本当にカッコイイんです!
家族のためプライドも金繰りすてて必死に頑張っている定年旦那さん。
会社一筋、家族一筋~で地道に現場を回って頑張って頑張って・・
けれど、もう歳いった現場しかできない人間はいならない~と、薄情にも切り捨ててしまう会社・・。
家族を苦労して養ってきた妻に相談するのも申し訳ないと、ただ只管新しい仕事を探し奮闘するが、年齢も年齢で上手くいかず・・・
仕事に一生懸命になりすぎて家族の中に亀裂が入ってしまう・・
それを奥さんが浮気だと思いこんで・・
そう、慰謝料というのは口実で・・
この奥さん的には、他の方法で解決して欲しかった・・
けれど、たまたま担当になった弁護士は冷徹きわまりなくて・・
見た目美人なのに心の中はブリザード~~
夫婦の間を円満ところかどんどんひきさいていって・・
それをストップさせたのが主人公貴子・・・
そう、此方はうって変わって人情で接します。
奥さんの知らない事情を理解しもう一度やり直すべきだと語りかけますが・・
依頼された側の弁護士がいらぬ存ぜぬをふきこんでしまって、拗れるは、拗れるは~~(汗)
そして、最後の最後~~
リストラされた会社の若く、何も知らない部下の馬鹿だの無能だの時代遅れだのリストラされて当たり前だの、あざ笑いながらのいいたいほうだい~
に、私が切れそうになった瞬間~(笑)
貴子が勢い良く席を立ち、にっこり微笑みながら、その騒ぎ立てる若者集団に近づいていきます。
そして、悠長に高価なワインを貪る彼らのグラスに中身を注ぎながら・・

コンビニ担当してる外食産業
狭山さんが開拓したって知ってる?
頭悪そうだから教えてあげる。
好き好んで頭下げてるわけじゃないの、頭下げて戦ってるの。
ああやって家族のため自分犠牲にして戦ってるの。
あんたたちみたいにに自尊心だけは高い、薄っぺらいガキとは違うのよ

と、凄くカッコ良くいいきってくれました!!
そして、最後の捨て台詞に・・

ワインよりジュースのほうが似合うわよ
ぼくちゃんたち

と立ち去っていくんです~~!
もう、こういうシーンは見ていて本当にスカっとするし、自分でもあんなに、はっきりとカッコ良く言えればどれだけ気分いいだろう~~と・・
こういう登場人物~は憧れてなりません!
それだけでなく、そう、彼女だって女であり人・・
恋に生きる部分もあり・・
けれど、彼女の選ぶ道は、誰かを泣かせてまで幸せにんりたいとは思えない・・
と、妻子あることを知らずに恋仲になってしまった男性と涙の別れ・・
人として当たり前の行為だけれど、浮気だと知らずに芽生えてしまった恋。
勿論、彼女はそんなことを理由に自分の罪を正当化せず、どうどうと恋よりも人情を優先したんです。
そして、その悲しみの後に思い浮かぶのは、恋した男性の笑顔ではなく・・
今まで請け負ってきた依頼者の「有難う」とともに向けられた幸せそうな笑顔が・・
そして、最終回~最後の戦いに挑みます!
自分の株の不正に気付かれ、それを消すために、その相手へとセクハラ捏造男へと!!
そう、今まででつきとめることの難しかった彼の偽造を可笑しいくらいに明るみにしてくれるのです!
も~~この、イヤミったらしい男へと、満面の笑顔でイヤミを言い返してしまう~~
く~~~やっぱ、カッコイイ!
自分達の利益だけを目的に生きている頭でっかちな国会議員とは違います~~
国会議員も一部ではなく、全ての議員がこんな人達ならば、どんなにか幸せなことか・・♪
そして、議員さん同士にて仲間思い~みたいなのは、私だけの理想であり願望なんだろうな・・。
そういう心のつながりで出来ていたら・・
全てが全てではなくても、このドラマの弁護士達は、なんだかんだで心が一つなんですよね♪
普段、表立って馴れ合うことはないけれど・・
主人公が恋よりも仕事を選んだとき・・
泣きたくても泣けない彼女の代わりに、新人弁護士君の必死な涙が心動かされてたまりません♪

弁護士だって人です。
好きになっちゃいけない人を好きになることだってある。
最初から知っていて好きになったわけじゃなくて
矛盾があるのが人の生き方なんじゃないですか。
せっかく両思いなのに・・
今でも好きで・・
なのに・・
それが人の心って奴で・・

みたいなことを、涙ながらに訴えるんですよ。
そういう、仲間同士の優しさというか、この男の子はまだまだ世間を勉強しなきゃいけない・・
でも、若く青臭いからこそ、大人には言えない心の本音をぶちまけてくれているというか・・
何はともあれ、こういう仲間意識・・ていうのも悪くないですね。
だからといって、彼の言葉に自身が選んだ道や結果に心揺るがされることはない・・
けれど、自分のことのように泣いて思ってくれるなんて人間関係が築けあえるなんて、最高の仲間だと思いますよ♪
本当、こういう昔のドラマを見て思います。
最近の脚本家や監督さん・・
知識とか、視野とか、人付き合い~てのを大事に出来っる人が少ないのか・・?
こういう専門的でリアリティがあり、心温まるような物語・・
かつ、カッコイイ~と思える登場人物~~な作品、めっぽうへってきて寂しいですね~。
多分書き手さん側に、そういう人がいなくなってきてるからなんだろうな~と、なんとなく、勝手に~ですが、思ってしまいます。
だって、ものづくりには経験と、それにより培われる価値観は全て作品に準じますからね。
自分の中にない物を表現するなんてことは難しいですから・・(笑)
やはり、質のある作品は経験がないと~ですね~~
仕事だけでなく、TV、映画鑑賞、読書、歴史、スポーツ、ニュース、人間関係等色々によって磨いていかねば~~ですね♪
本当にも~~
アンナチュラル~~頑張ってくれるといいな~~(笑)
恋愛物や、中途半端なサスペンスとか飽きちゃいました。
何か作者なりに売ったえるべきものがある作品でないと~~
でないと良い作品作りどころか、選ぶことすらままならないぞ~~
人気あれば映像化すればいい~~てものでもないと思うし・・(笑)
と、思ってみたりもして~~

ではでは~
そんな感じで・・。

いや~本当、このドラマいいですよ~~
相棒とか、はぐれ刑事純情派 とか王道な人情系作品がお好きな方にオススメです♪
推理もの~じゃないですが、最後のスカっと感が最高です!
やはり人は人情ですね!!
人情がなくして人が生きる意味ってなんだ~~て、思わなくもないです♪

にしても、創造以上に母が、ハマってくれたのは嬉しいというか、面白かったです♪
最初はドタバタと、本当に、ちょっとしたすれ違いから生まれる問題が積み重なっていって、主人公も自分のことで手一杯でしたが、最後には大事な物に気付くことが出来て、依頼者とも上手くいって・・
と、その、上手くいった時の主人公の態度が、本当にイイ女~て感じなんですよね♪
多分、そうやって、1クールは依頼者を通し、主人公も学び成長していき・・
二期には、本当に頼りがいのある、依頼者の心に寄り添える弁護人になり、そんな彼女ならえはの解決の仕方がみれる・・
そんな雰囲気に、シリーズでまとまっていっている作品のような気がします♪
いいですね、やはり、成長物や人情ドラマは面白いです♪




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

奥様は取り扱い注意 最終回は以外と面白いつつ、改めてこの作品にはまりきれなかった分析を・・♪ [TV感想]

というわけで、奥様は取り扱い注意の最終回
西島演じる主人公の旦那が、強盗に襲われた際~妙に玄人くさい演技が気になって・・
しかし、ドラマでは結局その謎は明かされないらしく~ということでスルーしていたのですが・・
なんと、番宣では、その謎が明かされる~ということで・・
最終回だけ見てみましたが、結構面白かったです(笑)
アクション、ちょこっとだけカッコ良かったかな~なんて・・♪
話の展開も、やはり核心を得た内容であり、闇の組織の人間は、やはり闇の組織との繋がりめいたものがあってこそ、私好みの作風になっていいかな~て、思いました♪
水戸黄門めいた雰囲気の、正義が悪を捌く~みたいなの凄く好きですが、この作品には多分求めていなかったんだろうな~と・・。
最終回のような展開の話の内容を凄く求めていたのだと思う。
ようは、1話完結ではなく、完全なる続き物の内容が多分見たかったのだと・・。
そして、綾瀬~今回はアクション凄くスピーディーでカッコ良さが滲み出ていたと思うのですが・・
綾瀬が素人相手のアクションを演じるには、玄人に向ける余裕の微笑みというか、貫禄~めいたものがたりず・・
多分、元々アクション系の作品は見慣れちゃってる私には、色々足りなかったんですよね。
闇に生きていたクールな女を演じるには、表情には何かが足りない・・
普段の奥様してるときの顔と、闇の世界で生きているときの表情がまったく同じなのが、凄く気になったんだと思います。
そう、西島は、表と裏の表情、100㌫変えて演じていたので・・
ああ・・その変わり身がカッコイイな~なんて思えていて仕方がなく・・
そう、普段の彼の、のほほ~んとした演技に凄く違和感があって仕方がなかったのですが・・
そういう意味では、凄く納得出来た部分でもあり~
その後の展開はもの凄く面白かったです♪
ただ、ラストの西島が綾瀬に向ける銃の意味が、よくわかりませんでしたけどね・・。
綾瀬がそれを見て微笑んでいる理由は・・ああ、やっぱ普通の世界よりも、こういう世界の刺激の方が彼女は好みなんだろうな・・
な~んて終わりです。
100㌫満足~というわけではありませんでしたが・・
こういう展開に早めに入って、もっと闇組織~な深堀展開ならば、まだ少しはまれていたのかな~
なんて思いつつ・・。
この作品とびとびで見ている間に・・
もう一つの、偶然み始めるようになったドラマ~

ゆがみ
此方の方が地味にはまっちゃいました(笑)
こういうデコボココンビ系~て凄く好きです♪
推理ものでも、刑事ものでも~
トリックガリレオラストコップとか・・
なんてこと思いつつ~
なにやら映画とかSPとか・・製作予定だそうで・・
かなり辺り作品~だったようですね。
うん、日常の脚本は確かに悪くなかった~
後は、綾瀬の演技が非情~~に惜しかった作品~て感じかな♪
うん、悪い作品ではなかったんですけれどね・・
好みにあわなかった~て感じなだけだろうと思いますが・・(笑)

では~
1月のドラマは是非期待したいですね♪
情報は、おいおいUPさせて頂きます~
窪田君~
今回はいい役どころだといいのにね♪
タグ:西島
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ドラマ 医龍を見てコードブルー3期を振り返ってみる(笑) [TV感想]

ドアラマ 医龍を見てコードブルー3期を振り返ってみる(笑)

はい、コードブルー3期も普通に面白いじゃないか~
何故そこまで辛口になるのだ??
と、密かにいわれているようですが~その辺り~
恋愛どうこう~以外のことを私的目線で語ってみようかな~なんて~
再放送の医龍を見て、思わず語りたい衝動が・・・(笑)

そう・・
医龍は本当にカッコイイんです!
てか、やはり病院ものは面白い!
コードブルー1期、二期とも凄く面白くて・・
病院者の何が面白いかって・・
命と向き合い頑張る医者達の姿が凄く好きなんですよ。
医者だって普通の人間、一般の人より医療技術に詳しく長けているだけの話・・
本当に命と向き合うことは誰だって怖い・・。
そのことを、医龍という作品はもの凄く伝えてくれるんです。
腕や技術だけじゃない、人の命を救いたい・・という思いがなければ医者は務まらない・・ということ・。
そう思うと、コードブルー3は、本当にその辺りの内容が薄くて仕方なかったのですよね。
確かに今の医者は人の命と面と向きあわず雑な作業による医療ミスが目立つけれど・・
だからこそドラマでは本来あるべき、まっとうなお医者様の姿を描いてほしい・・。
人の命と向き合うことを避け、逃げるような人が医者になるべきではないと思うのです。
サラリーマン勤めしているのではなく、人の命を預けるべき場所で・・
同じ価値観でお勤めしていては、きっといけないと思うのです。
そういう意味で、本当にコードブルー3期は、医者でありながらも、医者じゃない新人が多すぎて、みるにたえない作品だったんですよね。
別に、医者だって人だし恋愛もする。
多少のラブコメ入れるのも、緊迫した医療現場の和みだし、医師としての立場を通すことで育まれる恋愛もある。
公私混合さえしなければ良いと思うし・・
ただ、それを描いている度合いが強すぎて・・というよりも、脚本家さんの腕なのか、好みのせいなのか・・
人の命について語るシーンは、あまりにおざなり・・というより、誰かに言われなくても分かりきった語りやモノローグしか語ってくれないので、物足りないことこの上ない・・
あれ?医者の仕事に対する意識って、サラリーマンと同じレベルでいいのか?
なんて、思えてしまうのです。
そう、私達では気付けないような・・
又は、さすがお医者様だな・・と、思えるようなモノローグや語りが、まったく足りないんですよね。
私が日々の日常で感じている、ごくごく当たり前すぎる語りは、正直医者物には必要ない~と、思うのです。
私達が当たり前すぎている故に人の命の尊さ・
けれど、医者だからこそ思える命の尊さ・・てあると思うんですよ。
その重い一言を語ってほしいのに、コードブルー3期にはそれが一切ない~~
いいたいことはわかるが、重みが一切ないのですよ。
命って尊くて大事な物なのに、三期に限っては、それがなぜか伝えてくれない・・
多分、命に関しての語りに対して、説得力~が、多分足りないのではないのか・・と・・
確かに過去のコードブルーを知らない、医療系のドラマをあまり見ない人には十分に面白い作品なのかもしれません・・。
実際、初見の旦那も普通に面白い・・と、いっていたので・・♪
でも、コードブルー、医龍、チームバチスタ~
等いった医者物がすきで色々見てきた私には、やはり物足りなさが強かったのです。
医龍でも、確かにダメ医者はいました。
人の命ではなく自分の腕を見せるためにと、やっきになっていたが故にミスをして・・
でも、そこはちゃんとした医者です。
自分のミスで命を落としてしまうかもしれない人間が目の前にいるのに、怖くて震えている暇なんかなくて・・
命の重みを、ちゃんと感じているからこそ、心に余裕がなくなるし、怖い・・
その重みが本当に深く、重く伝えてくれるのです。
そして、そんな医者へと、何気にフォローするのが主役の役で・・
結局は主人公の手助けなく、自身の手で患者を救ってみせるんですよね・・
最後には、本当の医者のあり方・・ていうのを悟り、その人物は一回り大きくなったのです。
元々技術は良くて、問題なのは性格だけ~でしたからね~
て、いや、その、医者としての志が一番大事なのでしょうが(笑)
けれど、ダメな奴でも、医者は医者なんだな・・
と、最後には、カッコイイ・・と、思わせてくれる作風になっていくのが、より良き医者物だと思います♪
そう、医龍では、この人になら安心して任せられる
頑張って、その人の命を助けてあげて~~貴方ならきっとやれると・・どうか、手術が上手くいきますように・・・という、ハラハラドキドキ感なのですが・・♪
コードブルー三期は、手術中も、見てるこっちが怖いんですよ、失敗しそうで・・こんなのに手術まかせて大丈夫なのか・・・と・・
自分が患者だったら、怖すぎて、この新米たちには絶対手術頼みたくない~~
なんて、思えてしまうのです・・(苦笑)
だって、人の命と向き合えてこそ技術も腕も進歩していくのです。
人の命と向き合うの怖いから嫌だ~なんていう人に、人の命を救えるなんて私にはとうてい思えないのです
そういう意味もあり、コードブルー3期は病院ネタとしては面白みにかけていた・・と、いう所でしょうか・・。
多分、医者物がすきな人間からすると、脚本家さんの描ける作品と、求めているものに激しいズレ~が生じていたような気がします。
初期のコードブルーは、頼れる医者と、まだおぼつかないながらにも医者として頑張るひよっこと・・
そういうお医者さん達が、人の命と向き合い医者としての技術成長していくのを描いていく作品だったから、好きなんです・・。
コードブルー三期は、医者の仕事が分からないサラリーマンが一からお勉強していく~みたいな雰囲気で、とても医者物語り~としては、追いつけていない・・そんな作品でした。
医療技術シーンも三期は、やたらと専門的用語が多すぎて、何がどう凄い技術で何をそう手術してるのか、よくわからず、漠然と~あ~なんか凄いんだな・・
みたいな感じで見ているふしはありましたからね~。
因みに、医龍では、その辺りの説明も素人に分かりやすく作ってくれてるので、あ~本当に難しい手術なんだな・・
なんて思いながら見ていたのですが・・
まあ、何はともあれ、ダメな奴も腕の立つ人も、医者が人の命を救おうと必死になる・・
心を熱くする姿が本当にカッコイイ!
と、思うのでした~
私の求める医者ドラマは、そういう感じです♪

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

SPドラマ BORDER(ボーダー)贖罪 [TV感想]

SPドラマ BORDER(ボーダー)贖罪の感想です!
いや~やはり、壮絶(笑)に、面白い~~!
この、刑事ドラマならでは~の緊迫した雰囲気!
この作品ならではの推理方法
カッコイイプロローグなOP!
もう、言うことなし、全てがカッコイイ!!!
そして~~今回は、前回のドラマのラストの続き~てことで・・
そう、最終回の終わり方・・
何がどうなったんだ~~と、凄く当時思っていたのですが・・成るほど、あのラストはそういうオチで今回の冒頭に繋がったのか~~と、納得させられました♪
そして・・
まさか、今回ノラストは、こういう展開とは~という驚きと共に、やはり酷く納得させてくれるラストであったことも、間違いなく・・♪
そう、この男の中には確かな正義感があるのです。
ただ、それを貫くには一般的常識からは卓越してしまい・・。
けれど、罪を罪と認めない、愚かな人間ではないのです・・
罪だと理解しているが故に悩む・・
そう、闇と光は背中合わせ・・・
一歩踏み間違えれば光も闇へと転じてしまう・・
そう、刑事という立場だからこそ守りきれない犯罪があるのも事実・・。
そう、法律という、矛盾した枷がある限り・・
けれど、彼は、その枷を突き破ってしまったといえるのでしょう・・。
そう、この覚悟は正しい行いかどうかは私にはなんともいえないけれど・・
これが、今後の彼の生きる、彼なりの正義という名の形に定まった・・と、いうことなのでしょうね。
普通の刑事ではきっと解決できない、彼の特殊な能力があったからこそ、今回の事件も解決できたといって過言ではなく・・。
そして、だからこそ、この世には二つの真実があるのも事実・・
そう、正義と悪・・・
悪意を持って悪事をおこす人と・・
善意を持って善意をおこせる人・・
まあ、善意ってのは自分から善意を持って行動してるよ~~ていうんじゃなく、周りがそう思える行動を無意識に出来るか~てのが大事なんですけれどね。
ようは善意の押し付け~ではなく、相手のことを心から考えられるようになれるかどうか・・
相手を思う気持ちなくして正しい善意な行動は難しいものです。
て、この作品にいたっては、そっち方面の語らいになるべき内容とは違いますが・・(笑)
簡単にいえば、正義の貫き方・・
闇と光への葛藤・・て奴ですね・・
刑事が人を殺めてしまった・・この事実をどうとるべきか・・
悪の為に人を殺めるのと、正義のために殺めてしまう・・
人には心がある、心からこの人間を憎むあまり・・と、心の中で思ってしまうことがあるかもしれない。
私自身はそこまで人を恨む気持ちは経験ないし、したいとも思えませんが・・
それは、そこまで追いやられる不幸を経験したことがないだけだからなのでしょう・・。
個人的に、自分自身の身におこりうる不幸ごとには幼き頃、既にある程度の免疫力~~つけてしまっていたのか・・自分一人が抱えて生きればいいだけのこと・・そんな風に思っている節もありましたからね~(笑)
でも、その不幸ごとが自分ではなく、大事な人の身へと移ってしまっていたら・・
それが、命にかかわることだったら・・
そして、自分の命が本気で奪われるような身になってしまったら・・
どんな感情を抱くかなんて正直私には理解できません。
多分、きっと、綺麗ごとだけでは通せない感情が生まれていたかもしれません。
そう、世の中綺麗ごとを通さなきゃいけないけれど、綺麗ごとだけじゃすまないことだってある。 でも、だからこそ・・・葛藤しなきゃいけないんです
罪は犯しちゃいけない・・
人が人を殺めてはいけない・・それは何があっても罪であることには変わらない・・
それだけは忘れちゃいけない・・
憎い相手だから命を奪われて当然というわけでもない・・
だからといって自分の命を奪おうとした人間、大切な人の命をう奪った人を憎んではいけない・・
なんていうのも難しい・・
感情と法律~て、なかなかに比例しないんですよね。
法律は人を被害者のためにあるのではなく、人を捌くためにある・・て、TVでいっていましたが・・
そんなこと考え始めると本当に難しいことですね。
私の頭では上手く整理仕切れない・・それ故に凄く考えてしまいます(汗)
でも、そう考えると、日本の法律~て、だからこそ、100㌫論理的目線になっているのかもしれません。
事件を防ぐよりも起こってからのことを考えて作られている・・のかも??
と、これは悪まで私の考えではありますが・・・。
なんて色々考えてしまいますが!
結論、人が人を殺める行為は進んで行なっては決していけないし、絶対にそれは間違えた認識!それだけは間違いない!
とだけ言わせてください!
これ以上は上手くいえないです~~(汗)
凄くデリケートな部分なので本当~~~表現が難しいです!
後、命繋がりで・・ですが・・介護による安楽死について・・・
自分だったら、無理やり生かされるのは嫌だ~とか家族の押し付けだろ~とか、そういう、経験がまったくない人が好き勝手に発言される人いますが・・
本当~~にこういうのは、身内のみが判断できることであり、赤の他人がどうこういうべきではないのです。
だって、その苦労や苦しみを本当に味わっているのは家族だけです。
その痛みを知らない人間が好き勝手いえる立場ではけしてないのです。
光があるから人は悩み苦しむのです。
何が大切なのかは分かっているからこそもがき苦しむのです。
それを心無い言葉でいうのは、正しい行いとはけしていえません・・。
感情のまま言葉を発する前に考えましょう
自分だけの視点ではなく相手のことを思い・・
そして、心ない人間は悩むことなく犯罪を犯してしまいますが・・
そう、心のどこかでセーブ出来るか、葛藤できるか・・
それが人の生き方なんだろうと思います
人には、そんな色んな心がある唯一の生き物です
家族が家族をい・・・
仲間が仲間を思い・・
助け、守り、時には厳しく叱責して・・
そして、そんな人間関係に希望を見出し羨望してしまうような人間もいて・・
これも人の心・・
正義感が強くまっすぐだからこそ、彼の中には葛藤があり・・
そんな彼だからこそ、自分達が彼の力になりたい・・
いや、なれるのだ・・と・・
そうこうしている間に、主人公は新しい亡霊と出会ってしまうのです。
そして、ここから又物語に変化が生じてきます。
今は自分の身を守ることのみを優先すべきなのに・・。
そう、助を求めてくるその声に・・
貴方は警察官ですよね、だったら貴方の仕事をまっとうしえ下さい。
その一言に眠っていた彼の脳が徐々に目覚めていきます。
頭を使い、他の誰にも見えない、聞こえない彼女との二人だけで語り始めます。
死者と通じることが出来る彼だけに出来る手法にて事件を解き明かす方法・・
そして・・・
そう、今ここで・・
今の今まで言葉少なに口を閉ざしていた彼の脳が開花され、いっきに犯人探しえと向かいます。
そして、この拘束状態からの開放されるための巧妙すぎる話術が素晴らしい!!
もう、それから相手に有無をいわせず説き伏せていくその頭の機転が~~
かっ・・カッコ良すぎる!
そう、こういう説得力を持てる人間~て、男女関係なくカッコイイ!
どんなに正論いっていても、冷静さをなくし感情にまかせ勢いだけでめちゃくちゃに叫んでるだけ~な人は正直カッコイイとは思えませんが(笑)
心を熱くして語るのと、頭にうかんだことをそのまま勢いだけで語るのでは天と地程の差があると思いますし♪
基本的にはネット炎上者~てのは、後者の人ばかりだろうと思いますけれどね。
発言するならばやはり、誰にも文句いえないだけの、ちゃんとした道理~てのが通ってないと・・と、思います。
冷静になってみると、もんの凄い無茶振りが多かったりして・・結構冷静にしてみてみると、辻褄がメチェクチャだったり・・(笑)
でも、それに気付いたり、羞恥心を持ちえなければ~~けっこ~危険きわまりない領域な精神状態~になっているのかも・・しれませんね~~なんて思いつつ・・。
そうして、自力で釈放された彼の行動も早く・・
なんでしょ、仲間との、緊迫したやり取り~の間にも見せる何気ない会話のやりとりに、ほっこり~とういうか、一瞬の和みというか・・
こういう、ちょっとした、何気ない会話をさりげな~く入れるのは・・・
脚本、演出家~のセンス~~ですよね~~♪
メリハリがあって、更に物語が面白くなるというか、感情移入しやすいというか・・
登場人物達の関係性~てのが、より見えやすくなって良いと思います♪
そして、この段階では、まだまだ犯人の方は余裕もいいところ~
本当、どうやって追い詰めるのかな~~
という感じで見させて頂いていましたが・・。
そう、殺されてしまった傷ついた女性の心まで上手くフォローしてたり・・
かと思いきや・・
うん、本当~に、この作品の演出最高ですね。
心和ませたと思いきや、いっきに心引き締めてくれる展開にさせてくれたり~~
本当、この、交互入れ替わり立ち代り~なバランスが最高に素的ですわ~♪
仲間同士のやり取りも・・
小栗演じる主人公がクールすぎる分、こちら側の刑事君は癒されてたまりません~~♪
いや、こういう作品には、そういう存在も凄く必要~ですよね♪
そして~こういう刑事物~によくある展開~
こう、いかにも犯人の残した手がかりっぽい布切れで隠された物~多分、違うんだろうな~犯罪の証拠じゃなくまったく別物に決まってるんだ~~~とか思いつつも、やはり事実を目にするまではドキドキハラハラしてしまう~というかさせられる~のが定番ですね♪
そして、仲間同士のやりとり
こう、何気ない会話で笑いあったり・・
真面目に生きて欲しい、一緒に生きたい・・・そんな語りであったり・・
小栗演じる主人公の~自分のことは何時死んでもおかしくない~~なんていいながら・・
全力しっそうで生き切らしながら走ってくる同僚に向かって・・
殺してもしななさそうな奴が来たよ、マラソンしてる小学生みたいだな・・
の台詞噴出しちゃいました(笑)
て、クールな顔して何気にナイスなこといってくれる、この会話センスといったら・・
その後の、もう一人の転べばいいのに・・
の一言に、さらに爆笑じゃないけれど、堪えきれない笑いが再びでてしまい・・(笑)
いや~でも、あの全力疾走~私の友人が、今にも力尽きそうな勢いで走ってくるのみたら・・私だったらなんていっていたでしょう・・
本当にぜーはーぜーはー言いながら息切らしちゃってるし・・・(笑)
いや~いいね~こんなに全力疾走で心配してくれる人がいてくれるのって、素的なことだよ・・主人公、幸せものだ(笑)♪
そして~~色々と、主人公の目の届かない所で物事は動いていってるようですが・・
こういう、駆け引きめいたやりとり~~てのもカッコ良くて素的ですね♪
そして、そして・・
更に主人公の鋭い推理・・
を、上手くごまかす仲間~~
何度もいいますが、本当に何気ないやりとり~仕草と表情って大事ですよね♪
そして、そして更に~~
あの、主人公の疑問点がこんな風につながるとは~~
そっか、あの毛はてっきり~と思っていましたが、推理が斜めにそれちゃいましたね(笑)
でも、そんな些細点を見逃さない~~
流石です!
てか、それが刑事のお仕事ではあるのでしょうけれど・・
そして、圧巻の推理~~!
そして、灯台元暮らし~てのはこういう奴ですね!
証拠の物と~可愛いニャンコ~~て、思わず猫にまで反応してしまう私です(笑)
にしても~
殺人事件を扱ってる作品の食事シーンて、本来美味しいお食事~なのに何か凄く恐怖というか緊迫感というか~そういう演出をさせて下さいます(笑)
役者さんの演技も勿論~ですが・・
口元UPで、噛み砕き、嚥下する時のシーンと音とか・・妙に演出感出させます♪
そして、新たな女性の被害者が出るかと思いきや~~
ここで、予想外な解決へと~~いっきに畳み込んで、カッコ良く終わり~~て感じですが・・・♪
いや~~キレ者のすることは凡人には理解できませんね。
この、初めてくれ~が、まさかこんな結末にさせる~~とはね~~
凄いです!
推理やサスペンス物に必要なのは、やはりこう圧巻具合ですね!!
いや~それまで、犯人がこれからしようと~切断用の大きな刃物を映し出されたときのハラハラドキドキ感~~♪
そのメリハリ~が~~♪
直接主人公が足を赴くのではなく・・・てのがたまりませんね♪
そして完全なる敗北に笑うしかない犯罪者・・
そして、物語はここで終わるのではなく、冒頭に書かいた感想へ~~と、繋がるのですが・・。
完全に迷いからふっきれた~というか覚悟を決めた主人公・・
そう、光は闇を呼ぶ、その逆もあれば・・
光は光を・・・
そして、闇は闇を呼ぶ・・・

という感じでEDです~~
は~久々に身のあるドラマ見て感動です!

この最だから二期~つくっちゃえばいいのに~~てか作って欲しい~~、心より思っております♪
本当に面白かった~~
大満足!
是非、TVドラマ復活して欲しいですね♪






タグ:小栗
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

奥様は取り扱い注意の視聴がとまってしまった理由・・(笑) [TV感想]

奥様は取り扱い注意~
ネット配信では、なかなかの人気作品のようですが~~
1話以降、予約しそびれてからは、じっくりちゃんと見れず、とびとび~途中から見たり見なかったり~な状態ですが・・(笑)
そう、基本的には1話完結~の話なので必ずしも全部見なきゃいけない~というわけでもなく・・
なおかつ、全話必ず見たい~という欲求が少なくて、余計に見そびれてしまう日が~
旦那が綾瀬はるかが好きなので、どちらかといえば旦那がつけてくれて、旦那と一緒に見る~
こんな状態です・・・(笑)
特に、嫌いなわけでもないのに・・
何故こんなにこの作品に入れこめないのか~疑問に思っていたるのですが・・
別に綾瀬の演技が上手い訳でも、ヘタというわけでもないと思うんですよ・・
昔見ていた世界の中心で愛を叫ぶ~なんかは、凄くイイ演技をしてて凄くイイナ~と思うのですが・・
後、精霊の守り人も悪くなかったと思いますし~~!
しかし、今回のは・・
台詞回しや、体の動かし方~が、どうしても棒読みであり、なおかつ演技がいかにも演技してます~っぽくって自然さにかけるように見える??
綾瀬好きの旦那曰く、台詞はクール系だから棒読みに見えるのじゃないか?
と、いってくれるのですが・・
クールでも別に無感情で心のない人間~てわけじゃないので、感情は見せなくても音程の変化~ていうのは、人間なら普通はあるべきであり、なかなか一定の音ではしゃべれにと思うんです。決まった音程の変化ではなく微妙に上がって、更に微妙上がって、ちょっと下がってまた上がって~と、ドレミファソラシド~の音程の中で細かいバリエーションの変化が出てくるのですが・・。彼女の演技はその音のバリエーション変化が少なく決まったパターンの音程しか出せていない・・・それが凄く違和感になってしまっているんだろう・・と、思うのです。
普通に、無感情な状態で相槌の返事うつときだって、微妙で繊細~な音程の差が、必ずどこかであると思うんですよ、日常会話では・・
旦那のいうようにクールだから棒読み~てのは、多分違う気がするのですよね・・
音程変化の一歳ない棒読み~てのは感情のない人間だけや、ロボットだけにしかありえない~と、私は思うのです
これでも学生時代は演劇部に所属していたので、演技には結構厳しいのですよ(笑)
なので、彼女には、この人物を演じるには技量というか、単純に肌にあっていないのかな~と、思ってしまうのです。
そう、何かが、たりないのですよね~
アクションにしても、あ~~ちゃんとやってるけど、どうしてもカッコイイ~というよりは凄くがんばってて可愛いな~~という風にしか見れない・・(笑)
それを疑問に思っていれば、再び旦那から一言・・
多分、綾瀬のアクションに切れがたりないのでは?
という一言に納得!
そう、今まで色んな刑事物にアクション物~
それこそハリウッドから邦画に~と色々見ていて・・
まあ、ハリウッドと比べるのは世界が違いすぎっるのでお遺徳として・・
小栗西島さんのアクションは当たり前に上手いのですが・・まあ、此方は男性だし・・
ならば、ストロベリーナイト竹内結子や、踊る大捜査深津絵里など・・・と、比べてみると・・女性ながらに、なかなかにカッコイイアクションを見せてくれていたんですよね・・・・特にストロベリーナイトなんかは・・♪
なので、どうして~も比較してしまって~
比較は宜しくないのですが・・・ゴメンナサイ~~!!
けれど、一度疑問を持ってしまうととまらないのが私なのです(汗)
別に彼女のことは、好きでも嫌いでもないければ、興味あるわけでもなく・・(笑)
ただ、今人気の俳優~というか、芸能人~てレベルの認識であります。
元々、ドラマは可愛い美少女よりも綺麗でカッコイイ女or前向き男性が主人公~~をメインに選んでおりましたので~(笑)
最近は、そういう作品がないので好き俳優さんより~で、若干見るようになってしまいましたが・・(笑)
だって、今時の人気俳優さん~若すぎて、大人の魅力を求める私としては方向性が違うといいますか~(笑)
後、出来れば演技派俳優さん押し~なので・・
イケメンより演技力が欲しい~~~!!!
後は人としての道徳をちゃんと持ってる人~~であり、初めてカッコイイ~~と、個人的には思うのです。
若い子より渋いクール系が好み~て、だけの話なのですがね~♪
あくまで私の好み~~ではありますけれどね。
以上~そんな感じで・・・
冬ドラマは妥協せず、内容で選抜します~~(笑)!!
気になるのは、どうしてもシリーズ物ばかりになってしまうんですよね~(笑)
多分、当時は興味持てなかったけれど、今の年齢になって興味出てきてしまっっている~と・・
そう思うと、私達世代向けのドラマは新規で作れる人?作ってくれる人がいなくなってきた~てことなのでしょうか~~とか思いつつ・・(笑)
冬ドラマは内容&キャスト共に気になる作品が見つかったので、今度は期待したいです♪
そして
それよりも先に~
BORDER2の視聴感想ですね~♪
ではでは~


タグ:西島
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

奥様は取り扱い注意 1話 [TV感想]

というわけで 奥様は取り扱い注意の1話がスタートです!
おお、波乱万丈な人生ってこういう設定か~
成るほど、私には確かに未知なる世界でした~(笑)
なんでしょ、個人的に綾瀬の演技が特別上手いとか、特別上手くないとか、そういうイメージはないのですが・・
個人的に、こういう背景設定な人物像を演じるには・・
ミステリアスというか、謎でクールな女を演じる色気?がたりない?
というか、モノローグも微妙にひっかかる演技なのは気のせいなのでしょうか?
もっと、こういう世界に生きてきました~という、ダークで迫力のある声色というか、大人の独立した女~な、そういう何かが、少し足りないかも・・と、思ってしまった私です(笑)
はい、アクションもそこそこ頑張ってる ・・
頑張ってるのに、そんなに迫力のある演技になってないのは何故でしょう??
セカチューの正統派ヒロイン~な彼女の演技は凄く好きだし、似合ってるな~~とは、思ったのですが・・(笑)
本当、あの演技は凄く可愛いし、とても似合っていました。
カッコよく振舞えば振舞うほどに明後日な演技になる、謎の綾瀬・・(笑)
好きでも、嫌いでも、どちらでもない~んですよ、彼女のことは・・。
それに、何にたいしても性格と技術は別個扱いで生きているので・・(笑)
て、カタギの世界に入っての一言~あんな仕事の方が派遣社員よりは安定してないか??
そりゃ~お給料は闇社会の方がきっと儲かってるのだろうけれど・・と、なんとなくな突っ込みを入れつつ・・
そしてそして~~
ここで西島さんの登場~~流石素的に男前です~~~!!
というか、綾瀬いわく、5秒で倒せそうな男って、どういう評価なんだ・・
暖かい家庭に、倒せそうとか、倒せそうじゃないとか、そういうの必要ないのじゃないか??
と、更なる突込み~~~(笑)
にしても、こういう世界~勿論私の経験のない世界だし、それゆえに遠い世界すぎるせいか、それとも、何かが足りないのか、いまいち、感情移入するのが微妙に難しそうな作品ですが・・・
多分、こういう役柄はカッコ良くてクールな女だからこそ、物語がはえそうかな~~というか、私好み・・なのでしょうね・・多分・・(笑)
そう、この後、平穏な主婦の生活を満喫しますが・・
半年たって飽きちゃうとか・・しかも、料理できない・・という設定が、やはり、個人的に物足りない・・(笑)
まあ、あんな命と隣り合わせのお仕事していれば、平凡で幸せすぎる生活は退屈すぎちゃうのかもしれませんが・・
う~ん~なかなか、難しいものです~~
とか思っていましたが・・
だがしかし~~
微妙に面白い感じになってきました。
旦那曰く、必殺仕事人~て感じ?という台詞に、1話を最後まで見て、成るほどな~て感じです。
そう、好感持てる登場人物はいないけれど・・ でも、嫌いになれる登場人物も少ない・・(笑)
そして、登場人物の考えや発言も、それはちょっと~あ、そっちのは同感~と、多種多様なタイプがいらっしゃるので、この人達、一切ついていけない~~的な所がないので、物語にはすんなり入っていけそうな感じがします♪
というか、そのあたりの作りはそこそこ、ちゃんと作ってる感じでしょうか?
そしてやはり、主婦は料理で旦那の心をキャッチしてこそなんだな~♪
そりゃ、仕事疲れて帰ってきたのに、美味しくない物出されて元気でないものね♪
美味しいものは元気の源です!
しかし、料理には苦労した覚えはあまりないので、そういう発想は気付かなかった・・・
まあ、ごくごく、たま~~にだけ、なれない料理チェレンジしたときとか、プチ失敗しなくもないですが・・(笑)
基本、子供の頃から母親と共にキッチンたたせて頂いていたので、同じ失敗は基本しないし・・ 結婚前に嫁入り修行にと料理は叩き込まれてましたしね~~ やはり、家庭持つと、家庭の味~てのは大事にしなきゃな~と、改めて思いました♪ 休日は出来合えのもの、平日は頑張って(主婦なので当たり前ですが)私の手料理~な感じですが、何気に私の手料理の方が、やはりいいな~ていってくれるのは、凄く有り難いことだな~と改めて思いつつ・・(笑)
そんな感じで、主人公は、ご近所づきあいしつつ、その中で起こった問題・・
一般的な人の手では解決できないことも、彼女ならではのやり方で解決していく~~という展開になっていくのですが・・・♪
基本的に、正義は勝つ~な展開は嫌いじゃないですから♪
にしても、西島さん~今回演じるやくは、妙にナチュラルで今まで彼が案じてきた登場人物像とは大分違ったタイプなのが面白いかも♪
そして・・
今回の問題は・・
DV・・
そう、こういう繊細~な問題って、作り方一歩間違えると作品の質が変わってしまうのですが・・
DVシーンは迫力というか、リアリティがあって、妙な怖さというか、迫力のあるシーンになっていたというか・・
本来、こういう問題を本当の意味で解決しよう~となると生半端な形では決着つけられないのです・・。
しかし、こういう結末のとり方も、王道だけどナイスですね♪
最初は主人公が、ちょっと世間知らずでお節介かな~なんて思えていたのですが・・
ラストよければ全てよし~~で、いいんじゃないか? と、珍しく思わせてくれた作品かな(笑)
もの凄くのめりこむわけでもなく、客観的に、あ、以外と面白いかも・・・と思わせて頂きました~~♪
微妙に、解決させるときの会話の後の言動~
なぜわざわざ敵の前に、奪われちゃいけない物を手放し、そこから離れた上でのアクションだったのか~
あの一連の動きは微妙に変だぞ~~プロならその場で普通にしかけて~アクションシーンになるのでは・・とか思いつつ・・
綾瀬がアクションしやすいように、安全な位置に移動させてあげたのでしょうか・・その変のツメはちょい甘かった感じです・・(笑)
それでも~~
弱さを認めるのには勇気がいる~て台詞とか・・
DVから逃げるために旦那さんと向き合い、戦う決意をした奥さんの行動とか・・
助けて欲しい・・と、皆に、ちゃんと訴えられたシーンとか、ちょいちょいと好感というより共感しやすいシーンもちゃんとあって・・ それ故に、面白い~と、思えたのでしょうね。
にしても、あのDV旦那~いや、DVする人間は何やらかすかわかったものじゃないし、あの行動はありえないことでもないですからね・・・。
そして、その後の綾瀬の行動はカッコ良かった

あの男をどうしたい? 私が何とかしてあげる
といって、被害者の前から立ち去っていった後の言動が~~♪

主婦として解決しようとしてむダメだった・・ だったら、主婦業をいったん離れようと思う・・

そいって、彼女はもう一つの裏の顔により無事問題解決~~♪
そして、夫婦仲の問題もね・・
今までこういう雰囲気のコメディドラマはみたことなかったので・・・
コメディ向けの作品は、基本、家族向けの物ばかりでしたし・・♪
まあ、なんだかんだで、色々と新鮮で面白かったかもしれません。
綾瀬の演技が微妙~~に気になるけど・・(笑)
軽い気持ちで見るには十分楽しめそうな作品かな♪

てな感じで今日の感想は終わりです!
タグ:西島
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | - TV感想 ブログトップ