So-net無料ブログ作成

貴公俊暴行 [その他]

これを見て、あ~あ~と、思わずため息が出てしまいました。
なんでしょうね、近年の日本のスポーツ~
スポーツの世界は一般常識が通用する世界じゃない・・と、どこかで聞いていましたが・・・
何かが間違ってる気がするのですよ・・
そう、スポーツマンに必要なのは技術以上に努力と根性!
腕や技術は勿論だけれど、堪えたり耐えたりする精神力があってこそ、真に強いスポーツマンになれるのではないだろうか・・
と・・
スケート選手で金メダル二連覇した羽生選手なんかは、自分をギリギリの所まで追い込んで追い込んで、他のスポーツ選手も勿論dえしょうが、私が想像をぜっする程に、苦しい思いをしながらも、それを乗り越え、やり遂げる精神力があったからこそ、あれだけの成果を出すことが出来た・・。
勿論、不幸や面倒ごとがタイミングよく重なってしまったことがあったでしょう・・
でも、そういうのはスポーツの世界ならよくあることで、自分だけが・・というわけでもないのではないでしょうか・・。
勿論、貴乃花部屋が複雑な環境であることも承知しています。
そして、それをちゃんとフォローできなかった親方の存在も勿論責任は凄くあると思う。
スポーツって、やはりチームワークだし、それを纏めるのが親方の務めだと思うし・・・
そのためには、力だけでなく心を鍛えるという意味でも、スパルタ教育というものは必需であり・・
優しく弟子を見守るだけが親方の務めではない・・
厳しく、辛い思いをさせている分、土俵の上以外の所のみ、愛情を与えるのが親方の役目なのではないでしょうか?
力士内での可愛がりは、昔と今では変化しているのかもしれません。
少なくとも、今の可愛がりは暴行とスパルタ教育の勘違い行動になっているのかもしれません。
そう、けれども、そんな伝統的な、可愛がりがあったからこそ昔の力士は強くなれた・・・という所も少なからず存在してしまうのではないでしょうか?
もの凄く難しい境界線かもしれませんが・・
優しく見守るだけじゃ人は強くなれません。
少し前にしていた、特番、キビシーを見て本当に思いました。
やりすぎだ~~い、痛すぎる!!!
という親方やトレーナーの厳しい教育も、土俵やトレーニング外での優しく子供達を見守る大人の眼差し・・・
ああ・・あの厳しさは愛あってなんだろうな・・
と、本当に、凄く思ったし、だからこそ、子供達はそんな大人達に応え、強くなれる
泣きながら、挫折しそうになりながらも、それでも立ち向かっていける精神・・
そういう厳しい世界で生きていれば、こんな暴行事件を起こすなんてことないのではなでしょうか?
心を鍛えたりないから暴行が怒るのじゃないの?
苛めだって、結局は力だけで心の弱い人間が行ない行為であり・・
かりにも、プロのスポーツマンが素人臭いことをしていて、世界に通用するのだろうか・・
と、凄く思いました。
なんでも限度があるんですよ。
厳しくするのも、優しくするのも・・
片方だけじゃダメなんですよ、やっぱり・・
と、心底思います。
何であろうと、ただ、感情のままに振るう拳は、暴力であり、その暴力は人の弱さ、甘さ以外何者でもないのです
人間、イザというときに出てくるのですよね、人間性って奴が・・・
厳しい世界に生きていればイライラすることも、上手くいかないことも多いでしょう・・・
でも、それを乗り越えられなければ、本当の強さを手に入れるときは出来ないのではないでしょうか・・。
そんな、優しい世界じゃないでしょう、プロの世界は・・てね。
そして、今回の出来事で貴乃花親方に対して、凄く残念な気持ちでもあります。
あれだけの発言、行動をしておいて、結局は彼の思う教育は弟子達には届いていなかったということでしょうから・・・。
本当に情けないやら、残念やら・・ですね。
今の日本のスポーツ~
なんだか、問題目立つ所が派手で悲しいですね。
一方では、メダルとりに活躍されている方は素晴らしい経歴を残して下さる方たちも沢山いらっしゃって・・やはり、精神力の差が力に出てきている・・と、思います。
そう、なんでも心の強い、弱さが全て物をいうのではないでしょうか・・・
だって、羽生君やその他のメダリスト達は、他人に対しての感謝や思いを忘れない方々ばかり・・そういう差なんじゃないでしょうかね、暴力を簡単に振るう人と、そんな愚かしいことしないでいい方々との差・・
感謝の気持ちがなきゃダメなんだよ、自分の思いだけでやっていけてるんだ~なんて思ってちゃダメなんです。
そんなんじゃ、強さの限界にすぐぶつかるんじゃないかな~と、個人的に思います。
本当に、メダリストの方々のように、心入れ替えるといいますか・・
感謝の気持ちを思い出しつつ頑張らなきゃダメなんじゃないかな~と、思いました。
なんだかんだで暴力ふるってしまう~てことは・・
自分の方がお前より上だ~ていう気持ちが少なからずともある~てことでしょうからね・・。
そういう形で上下関係作っちゃダメなんだよ、本当に・・・
親方も、もっと上手にやれないのだろうか・・
と、こういう結果になると思います。
好きじゃない相手に頭下げるのは嫌だろうけれど、本当に、貴乃花部屋のことを思えばどうすべきか・・・
て、見えてくるのじゃないかな?
と、思いました。
信念は大事だけれど、それだけじゃどうにもならないことって、世の中には多分、色々あると思うので・・
その辺りの見極めって、難しくて・・
だからこそ大事なものだと、本当に思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アンナチュラル 8話 [TV感想]

アンナチュラル 8話感想です!

なんだろ・・
ようやくメイン人物の話しになってきたというか・・
今までの話は普通に面白かったよ~的なレベルでしあが、個人的には、ようやくBDにバックUP保存しといてもいいかな~的レベルになってきました(笑)
事件というか、お仕事の話もいいけれど、やはりこういうメイン人物等のドラマをちゃんと描いてくれる方が個人的には物語に深みがあって面白いかな~なんて思います♪
それに、登場してくる人物達も、ようやく、窪田君意外のまともな人が出てきた~
というか、コイツのいってること共感できない~的な人物がおらず、すんなりと物語に入っていけた気がしまう♪
まあ、ゴミ屋敷のあの人は、色々理由があるんだろうな・・とは思いましたが・・
ある意味、精神的病気になっているような人も少なくないようですからね。
実際家族を失って、そのショックで・・てのはニュースで見たことありますし・・。
人間些細な事で怒る無意識の行動~て色々あります。
なんだこんな方がこんな人になってしまったんだ~~!
と、少しでも気を抜いちゃえば、些細な出来事で普通の人も簡単に変わり者~になりかねない
そうならないためには、日々人との交流ってのを大事にしていくのが一番近道な対策なんです
だって、人との関わりをちゃんとしていれば、ちゃんとした自分を保てる一番の薬ですからね。人との関わりあいがあれば、周りがよく見えるc、自分で自分のことを正しく見つめ直し行動していける要因の一つでもありますから
そして、今回の事件も凄く面白かったです。
明らかになる開明の度に、本当の真相に近づいていくという過程・・
その開明されていく展開が見ていて飽きなかったです♪
あ、でも、何時もの登場人物はいつもどおりのダメっぷりでしたが・・
てか、ここの人間、器の小さいやからが多いので突っ込み所満載でしたが・・・今回はそういう突っ込み所が少なくて・・(笑)
そして・・
ここで、登場~~
そう、窪田君演じる陣部うの父上様です!!
いや~なかなか、一筋縄ではいきそうにない父上のご様子で・・
そんな父親に反発して、今の仕事についた彼・・
なんとなく、反発したくなる気持ちはわからなくもないけれどね、この雰囲気の父親相手だと・・。
でも、この人のいってることは事実だから反論の余地がないので、窪田君への父親の扱いも分かるともいいますか・・。
私も子供の頃、窪田君の父親と同じような言葉を、違う形と場面だけれど、親に言われたことありますからね~
幼い子供の遠い頃の記憶でも、普段は忘れてるけれど、ふとした拍子に思い出してしまうというか・・(笑)
でも、窪田君の場合は、もっと気合入れて頑張れ、そんな簡単に折れてしまうな~
という厳しい親ながらの言葉でもあったような気もするしね・・♪
子供ながら、親が何を考えどうして欲しいのか、ある程度さとってしまってえる時期~てのは環境によって変わってくるので・・
恵まれた環境のはずが、卑屈になっちゃうと見えなくなってしまうこともあるだろうしね・・♪
主人工とともに語らう所は、そんな風に、ふと、思ったシーンでもあります。
親も人の子、不器用で、子供の私以上に子供で・・
子供よりも自分の気持ちに理解出来ていないし、何をどうすればいいのか分からない親へと子供の方から、こうすべきなんじゃないの?
と、背中を押してあげたり~てのは、普通はあんまりないのか、どうなんだろうね~~(笑)
たま~に、よく親子の立場が逆転することが少なくなかったです。
なんで私、親に説教しなきゃいけないんだ~て・・・(苦笑)
子供ながらに複雑でしたけど・・
だって、親って、やっぱ自分の理想であり、お手本であって欲しい~て、私個人思っちゃうのですよ♪
皆に自慢できるような、自分も親と同じような立派な人間になりたい~みたいな・・・(笑)
て、こういうのを親に求めるのは理想が高いすぎたのか?
皆さんはどうだったんでしょうね~なんて思いつつ・・♪
そして、物語は~そんな窪田君へと、ヒロインの、そんな父親なんて見返してやれ!私達は私達のやり方で仕事をしっかりこなしてやろう
的な意見をいってみせるところ~~
ぶっちゃけ、ようやく、まともに凄くイイこといってくれたよ~~~
なんて思いつつ・・(笑)
そうそう、悔しい思いは全部前向くためのエネルギーにしちゃえばいいんです!
そして、窪田君だけじゃなく、この上司にも色々過去があったんだな・・
なんてことを思わせてくれる回でもあり・・♪
そして、ヒロインの母親のあの言動も、単純にギャグかな~
とか、独り身のヒロイン心配してかな~とか思っていたのだけれど、もう少しおくが深かったみたい・・。
そうなんだよね、親って、子供が思っている以上に子供のこと考えてたりするんだよね。
子供の失敗とか、自分の教育の仕方が悪かったんじゃないかって・・
その気持ちが、極端に強すぎると、束縛へと繋がっていく・・
なかなか難しいものです。
子供に固執しすぎるのはよくないけれど、放任しすぎもよくなくて・・
丁度いい加減~な距離感ってのが凄く大変であり難しくて・・。
そういう人の内面が描かれると同時に、この会社が存在しているのには、色んな思いがあって・・
その時のことを、理由を、窪田君は神妙な面持ちで聞きます。
そして、人の死について、ようやく、凄く感じ、考えさせられる内容になったような気がします。
人は死んだらそこで終わりだけど、残された物にとってはそれで終わりというわけではない。
残された分一人で生きていかねばならなくて・・
一生の分かれというのが、何時何処で起こるかわからない・・
そして、悔いても悔やみきれない後悔を背負ってしまうことのないよう、日々を大事に生きていくべきなのだと・・
そんなことも感じさせられちゃいました♪
そして、窪田君、その話しを聞いて凄くはりきってお仕事します。
そして、そんな彼を温かい目で見守るヒロイン・・♪
そして、ご遺体の真相が明らかになるわけですが・・
そう、その話しが股イイ感じの話で、良い感じに裏切ってくれたといいますか・・♪
どんなに、ダメな息子でも、親にとっては息子は息子であり、まったく愛情がないわけじゃないし、だからこそ、あれだけ、自分の息子の遺骨へと罵声を浴びせたのだろうな・・
なんて思います。
なんとも思っていなければ、あんなに罵倒することはなかったでしょうから・・。
にしても、ヒロインの表情~
ショック受けたときの表情と声色は相変わらず気合の入っていない、気の抜けた、しまりのない表情といいますか・・(笑)
そして、暴君の台詞も、凄く胸に響いちゃいました。
遺体はしゃべらない・・
どんなに思っても応えてくれない・・
真実を追究したくても追及できないもどかしさ・・。
そんな傍ら、窪田君も、こっそりと頑張ります。
逃げて逃げてばかりだった父親へと、ちゃんと最後の最後には向き合うことも出来て・・
そう、逃げたって何も解決できませんからね。
なかなかに大きな一歩です♪
そして、この上司の言葉も凄く好き
バチがあたったわけじゃない。死ぬのにイイ人も悪い人もない、たまたま命を落としていて、私達はたまたま生きている
そんな私達が人の死をいい加減にしちゃいけないのだ・・
という台詞~~
そして、窪田君も、死んだ命は戻らないけれど、だからこそ真相をいい加減なままにしたら、あの世にいっても浮かばれないままなのは可哀想だ・・
という台詞~~!
そして・・殺人だと思っていた事件の真相がわかり・・
凄く昔、まだ私が未青年だったときの、とある電車の大事故によるニュース・・
亡くなった人に向けて母がいったんですよね、どうせそういう人は普段からの行いが悪くてバチがあたったんだろう・・て・・・
そんな母の話しを聞いて衝撃を覚えた記憶があります。
だって報道で明かされる方は真面目で親思いで、なんでこんな方が亡くなってしまったのだろう・・
と、悲しい思いを抱いていたので・・。
改めて思います・・
ああ、死っていうのは、善悪本当に関係なくやってくるものなんだな・・と・・。
そりゃ、イイことしてればイイことがある~てのは事実だけれど、病気や事故ってのは本当に運が良いか悪いか・・なんですよね。
健康に気をつけている人でも老いには叶わなかったり、体質だったり・・
原因不明な病気だって、突如発生してしまったりしますからね(汗)
そういう事実があって・・
そうでなきゃ、この世に善悪関係なく人が生残っているはずないんですよね、多分!
そしてそして~
今回、窪田君、とっても大活躍です!
彼が主人公だ~~と思えるくらいに、カッコイイ活躍を見せて下さいます~~♪
そして・・
事件だと思っていた死因は・・
これを見て、自分の息子は親不孝物で愚息でしかないと、泣きながら叫んでいた父親はどんな思いだったのでしょうか・・
そう、犯した罪は消えない・・
だからこそ、その後どうやって生きていくか、その大切さがどれ程のものか・・
そういうことを凄く語っててくれているように私は感じました。
ただ、人間、あんな怪我して動けるものかどうか・・という疑問符だけは凄く思います。
大怪我とかは、怪我の直後には痛みがなく、後々に死にそうな痛みに病院に担ぎ込まれる・・
なんてこと、聞いたことはありますけれど・・
と、ふと、そのことだけが凄く心にひっかかっちゃいましたが・・
でも、そういう分からない部分もありましたが・・
生きている間しか話せないんだよね・・
の主人公の一言・・
本当に、今自分を育ててくれている、又はお世話になった両親も、何時までいるかわからない・・
何時何が起こるかわからない・・
いて当たり前の存在を、当たり前だと思い込んでると、イザって時大切なこと伝えられずに別れがくるかもしれない・・
そんな後悔にだけは囚われたくない・・。
そんな風に、日々をちゃんと大事に生きていきたい・・
そんな風に、窪田君の背中を見て凄く思いました♪
よかったね、窪田君、本当におめでとう、一つ大人になったね・・・
当たり前の幸せを、当たり前に存在する大切な人を、本当に無碍にしちゃいけません!!
だがしかし~~感動ばかりもしていられません、、ここからが大問題です!
事件が解決したと思いきや~~
今度こそ続き物になるのか?
気になる所で続きです!

タグ:窪田正孝
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

森友文書改ざん [その他]

本当~~に凄く思う。
こういう物が何故にこんなに強くねづいているのか・・
昔はここまででなかったのか・・
国民による国民のための国作りがなくなったから・・
国民によって選ばれることのない総理大臣やそれに関わる官僚達・・
私も政財界のことは詳しくないので、はっきりと物はいえませんが、昔とはあるときからシステムが変わったらしいんです。
そう、よりよい国作りをするために作られたシステムが、悪徳三昧、やりたい放題、好き放題・・・と・・
悪い方へ、悪い使い方・・
ようは、権力に物を言わせてしまうシステムが完全に定着してしまったから・・・
そして、その究極が今回の事件になってしまったようで・・。

自分達は誰よりも偉い
何しても権力で握りつぶせる力がある
自分の思い通りにならないことはない

という思い込みというか・・・

自分は悪くない、悪いのはアイツだけだ

という、連帯責任というものを一切持っていない、存在しないことがこういう出来事を起こしてしまうのではないでしょうか・・
官僚は、怖い、逆らったら何されるか分からない・・
そんな圧力にかけられ、命を絶ってしまったのです。
そして、官僚の人間は、安部総理だけを追及していますが・・
そういう人間を生み出したのは、官僚全てのせいだと私は思う。
今は森友学園改ざん文章という、格好の餌食があるから、一人だけの責任として叫んでおりますが・・
それだけじゃ解決になんてならないんだよ。
麻生太郎のような、多くの自己中心な官僚達がいる限り、こういうことはなくならないのではないだろうか・・
と、凄く思います。
この事態は、安部さんだけでなく、官僚全ての危機です。
安部さんを責める人達は、自分達は悪くないと腹をくくっておりますが・・
私達一般人からすれば、同じなんですよ・・。
官僚のお偉いさんは皆同じ・・・。
国会という会社が存在していて、色々な官僚による部署がありますが・・。
会社全体の責任だと認識しない職員に信用を抱く客はおりません
抱けないんですよ、自分は悪くない、関係ない~と、責任放棄してしまう人間なんて、信用できない・・
そして、責任転換したって、なんの解決にもならない・・
罪を犯した人間に責任とらせるのも大事だけれど、どうやって全てを明らかにして、今後どうしていくべきか・・
そういう先々のことまで考えていかなきゃいけない・・
それが出来なきゃ、なんの意味もないし、国民からの支持なんて貰えないのではないだろうか・・
人間反省というものを覚えなければ何時までたっても、お馬鹿さんはお馬鹿さんのまんま、一生成長できないまんま
そんなんでいいはずもないのにね・・。

責任の擦り付け合いなんて見苦しい・・

これが悪い、アレが悪いと騒いでいる割には、まったく真相が掴めません。
部下が上司を庇うために行なわれた改ざんというのが事実というのなら、何故それが上司のためになると部下が思ったのか・・
それは、上層部からの圧力があったと自害せざる終えなかった人の言葉と繋がるのでは・・
直接言葉にしなくても、力のある物の発言は、必要以上の威圧感があり、立派なパワハラにだってなります。
力あるものはその使い方を正しく使わなければならない・・・
下らない責任転換や悪徳方法をする前に、そういうことに頭使って欲しいな~
と、思いました。
1日たつだけで、本当、膨大なニュースの量で溢れてきていますが・・

本当に、ただ一ついいたい!

大人なら責任転換せず、連帯責任で反省して行動して下さい!
力の使い方を間違わないで!
都合の悪いことばかり闇に消してしまわないで!
国民に信頼される国の代表になって下さい!

と、叫びたい~~~!
なんだか、切なくなっちゃうね・・
日本も、なんだかんだで権力で物を言わせてしまう恐ろしい国だったのか~
と、思うとね・・
ある物をない~と平気で発言できてしまうのは・・
ある物をなかったことにしてしまえる存在なのだ・・
て、ことですものね・・

本当に、国民に愛情注いで下さい!
貴方達だって、私たちの税金で生活できているのであって、国家だけでは国は存続できないのですよ?
勿論、国家があるから私達も生きていられるのでしょうけれど・・

な~んて、思います。
本当にもう~
しっかりして下さいよ!
税金分ちゃんと働く義務が貴方達にはあるのです!
そのための国家なのだから!

と、何度でもいいたくなっちゃいます(汗)

本当に、心改めて頑張って欲しいです!!
そういう人間もっと増えてくれ~~~!というか増えなきゃいけないんだ!

今こそ改革、組織を作り直すべきときです!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

決裁文書 改ざん [その他]

これを聞いて、思わず思ったこと・・
元々政財界って綺麗ごとだけではいけない世界であっただろうけれど、私達が生まれる前の時代は、多分ここまで腐りきっていなかったのではないだろうか・・
と、思わずにはいられない・・
本当に、救いようのない行いです。
森友学園のことが問題になっていたのでは・・・
と、色々言われているし、私もそうなんじゃないかな・・
と、少なからず思います。
でも、これは真実ではないのでなんともいえませんが・・
怪しまれていたし方ないことだろうと思います。
それだけのことやらかしちゃったのですから・・
今の私が言いたいのは、書き換えを行なわされた人間でよりも、行なわせた人間が誰かの追及を本当に求めています
私の中では総理大臣か、麻生 太郎とか・・
少なくとも、麻生さんの名前も消されていたことで・・・・
個人的に一番やりかねない人間かな~と、すご~く思ってしまいますね。
て、個人的にそう思えていたし方ないんですもの~
人間、疑われるようなことしちゃダメなんですよ。
こういう時、普段の行いが悪いと一番目に止められやすく、自分で自分の首を絞める結果になる・・と・・私は思う、
そう、改ざん自体は罪ですが、行なわせた人間は上から命令され、無理やりやらせれたこと・・
罪は罪ですが、この職員だけに責任をとらせても、きっとこの問題は解決しない
だって、命令された人間にはなんの得もないのです。
自身にとって何の得にもなないのに、罪だけを自ら好きこのんで被りたいと申し出る変な人間はいないでしょう・・
そう、改ざんした人間よりも、改ざんさせた人間が誰かを明らかにして始めて解決するのではないでしょうか・
と、思います。
今までなんのために会議やナンやら~をしてきたのでしょうかね・・・
私達は、無駄金使わせるために国に税金払ってるんじゃないですよ。
貴方達のお遊びのためのお金でもないし、無駄使いの上に大罪犯すとか、今の政治どうなってるんでしょう。
もっと、クリーンな世界に誰かして欲しい・・
なんて思います。
国民のための税金、国民のための国家
これが正しい国の有り方なのでは??
と、思わずにはいられません、

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アンナチュラル 7話 [TV感想]

アンナチュラル 7話感想です!
はい、もう、職場でお菓子タイムが凄いですね~
こんなに毎日食べて太らないのかしら・・(笑)
上司にも言いたい放題、やりたい放題な気がしなくもないし・・(苦笑)
なんだろ、この作品の世界~
今回は冒頭から突っ込みまくり~~(笑)
絶対無理、写真で死因解剖とか、既に解剖じゃなくなってるし、そんなんで正確に解明できるならもっとこの番組の仕事も楽なのでは・・?
と、思わなくもないです。
と、ここでも暴君の発言に珍しく同意権~~
てか、いくら要望があって、必要だから~といって、不可能なことにOK出しちゃ~だめでしょ~~
と、冒頭から凄い展開です(笑)
そして、窪田君・・
前回のことで、大分悩んでおられるようですが・・
少しだけ、心配・・かな??
回りが明るすぎる分、妙に気になってしまうのですよ(笑)
そして、主人公~何、若い男の子が可愛い?じゃなくて、人員募集のため?
まあ、この人の考えてることは別に構わないのですが(←おい!)
だって、この人のこと、未だによくわからないんですもの(笑)
そして、主人公に届いた異質な動画~
あまりにも異質すぎて、気味が悪いというかなんというか・・
殺人現場を動画をUPする人の気持ちがまったくわからない・・
いえ、分かっちゃいけないのですけれどね・・(汗)
どうでもいいが、顔を隠してる赤いピーマンだかカボチャだかが凄い気になるのは私だけ・・(笑)?
そして、そして~
ここの生徒達もなんとまあ・・(汗)
本当に、授業時間に平気でスマホで遊ぶとか、ありえない~~
教師、もっとしっかり注意しなさい~~!!
てか、こんな非常識なことが出来るのか、私の子供の頃には考えられなかったです・・
一人や二人、してる子は多分いただろうけれど、集団でこれはなかったかな・・
そして、次は次で又、ダメダメ警察の登場です(笑)
あんなに大量の血を見て真剣に取り組もうとしなくていいの?
そういうものなのか??
確かに、近年はネットにしろ子供達のイタズラ目立つようになっただろうし・・
確かに現場の刑事さん、今は人手不足で大変だというのはよく聞くのですが・・
なんだかな~て、感じです。
ストーカー事件も、事件が起こってからでないと動かないし警察・・
とか思っている間にご遺体様の死因が色々解明していきますが・・
ひ・・・酷い・・
このご遺体は無残すぎて、思わず目をそらしてしまいそうになりそうなくらいに・・
けれど、この不快感は、全て明るみになることで、最後の最後にすっきり~なるんですけれどね♪
てか、主人公達~
なんでしょ、ここの社員~
なんだかんだで、結局上司の許可なく又勝ってに動いていたのか~~(笑)
もう、普通の会社だと、大問題~なのでは???
とか思わなくもなく・・・。
そして、主人公・・
相変わらず、何があっても声のトーンが高いせいか、台詞がもの凄くひょうひょうとして聞こえてしかたない・・(笑)
多分、彼女に共感出来ないのは、このしゃべり方~かもしれません・・(笑)
さすがに真剣な顔してるときは、ああ、本気でいってるんだな・・て・・・思いますが・・。
何時も真剣なのかふざけてるのか、何をどう考えてものいってるのか、正直、わかるようで、よくわからないのかも・・(笑)
そして、やはり、学校のイジメって、皆見て見ぬふりなんだろうかね~て、思うと悲しくなります。
そして、学校の先生があまりにも酷すぎて・・
子供同士のイジメだし大人には関係ない~的な対応がありありで・・
この大人の対応が結果、悲劇の結末にさせてしまったんだよね
そして、このクラスメイトの女の子も、こんなことになる前にSOSに手を貸してあげればよかったのに・・
と、思わずにはいられないです。
虐めって、目に見える暴力だけでなく、たった一人をその他大勢で笑いものにする・・それも十分な苛めになるのです。
例えばイヤガラセされて困ってるクラスメイト見ても助けることなく、三文芝居の一つとして皆で大爆笑しては、ヤレ、ヤレー~のコール送ったりとか・・・
苛めは肉体だけではなく精神的な物でもあるのですよ。
2、3人程度の個人からのイヤガラセ的な苛めならば根性でなんとかなります・・!
そういう苛めは基本的に苛めている相手の反応を面白がるので、ボス的存在に、誰がお前のために泣いてやるか~と、眼飛ばせば苛めがいがないな~と、自然と離れて苛めはなくなっちゃいます~(笑)
でも、集団によるイヤガラセ~は、タチが悪く、一度広まるとなかなか止まらず、空気にのまれそうな圧迫感がある・・(笑)
な~んて、子供の頃思い出してしまうせいか・・
あ~~見てると胸が痛いし、気分よくない~~(笑)
けれど、これが、この作品のモチーフ~
最後まで見なければ・・・と、思いながら視聴します・・(笑)
そして、現場検証しつつ、新たな謎が解明されていくのですが・・
そして、こういうことをする首謀者って、やはり親に問題があるのでしょうかね・・
だって、万引きしてその謝罪を金でどうにかしようとする親・・
そりゃ、ダメな息子に育つの当たり前だろ、間違ったことを間違ってると教えないで何時親の役目をはたしているといえるのだろう・・・・・(汗)
と、思わず思ってしまったのです。
そうこうしている間にご遺体様の死因が解明されていき・・
そして、その真実の驚愕が・・
そう、この事件の真実が・・・!!
怖い、いくらなんでも、どんなに精神的に追い詰められているとしても・・
もっと他の方法で訴えるなり、仕返しさせる方法はなかったのでしょうか・・
そう・・
世の中悪いことして反省できる人は沢山います
でも、悪いことしても、それを理解できずに開き直って生きている、そう、人としての心が欠落している人間・・
悪いこと良い事の分別をつけづに、ただただ甘やかされて育てられてしまった故に人の心を忘れてしまった人の形をした肉の塊・・。
人の痛みを知らず、甘やかされて育つばかりでは、自分自身の痛みすら知る機会を失っていく・・
そう、現代のいじめでは、そういう子が多いのではないでしょうか・・
教育的指導と体罰をごっちゃにして、自分の子供や生徒を怒ることの出来ない大人達・・
体罰と教育的指導の違いを学ぼうとしない結果、正しい教育方法知らないままに子供と接する大人達・・
中には家庭環境が複雑で、苛めを犯す子供達もいるけれど、そういう子は傷みを知っているので過剰な暴力沙汰にまでは発展しない・・
だって、自分が心の痛みを知っているから、多分出来ないのでは??
と、思います。
個人的推測ですけれど・・
けれど、苛めは苛めなんですよね・・
そして、苛めという名の暴力による結果、一人の人の命を奪ってしまったとしたら、それは、ただの苛めではなくなってしまう・・
それは、苛めや暴力ではなく・・
そう、それは苛めという名の殺人になるのだと・・
法的に裁けなくても、罪なのです
大罪なのです
そして、それを目の辺りにしても知らん振りしてしまう大人の行為も罪・・・
あのとき、もしもこうしていたら・・
なんて思っても、失ってしまった命は消えないのです。
そして、クラスメイトも所詮は自分の身が可愛いだけで・・
なんだろ、もっと彼を助けようとか、力を貸してあげようとする人は誰一人としていなかったのでしょうか・・
そんな風に思えてならない内容です・・
とても、とても悲しい事件です・・。
どうして、こんな酷いことをしてしまえるのか、本当に私には理解できない・・
殴られたり、けられたりすれば痛いんだよ?
言葉の暴力だって、胸を突き刺すものだってある。
その、日常にようる積み重ねが、この結果になった・・
ちょっとした言葉の苛めなら耐える根性を身につけることだって出来る。
でも、暴力による苛め程に恐怖に支配される、耐えがたいものはないのです
そして学校側よ・・
こんな事態になってようやく危機感を持つなんて遅い、遅すぎるのです!
そして・・
人の命は尊いものなのです・・
けれど、こんな非道な行いをした人間に苦しませる方法はないのだろうか・・
だって、相手は心のない生き物です、痛みを知らない者にどうやって痛みをおしえればいいのでしょう・・
心ある人間は、大切な人を作り、守ります
だって、人は一人では生きていけるものではないと、心のどこかで感じているから。
けれど、心のない人間は、誰かを大切に思ったり、守るなんて行為は行いません
きっと、自分中心だろうから・・
だから、大切な物を奪われる痛みを知らない・・・
そう、理解できるというのなら、最初からこんなにも酷い行いを平気で行なえるはずがないのです・・
そう思うと、犠牲になった生徒が哀れで、涙が出てきそうになる・・
その苦しみを伝える術がないのがもどかしい・・
そして、そんな非道な奴らのために、この少年までもが命を落とすことなんてないのです。
自身の命は他人のものではなく、自身の物だから・・・。
頑張って生きるしかないんですよ
苛めなんて酷いことしてくる人間に負けない強い人間に・・
そして、失った大切な人の分まで、強く生きるのです・・
人が本当にこの世からいなくなるときは、記憶の中から忘れさられたとき・・
彼の分まで生きる限り、彼は彼の中で行き続ける・・
なんて、綺麗ごとな意見かもしれませんけれどね。
本当に、こんな奴らのために命を投げ出す~~なんて、私だったら悔しくてたまらない・・
そんな風に思いました。
そして、暴君男の、例の恋人の事件~
またまた動きがありそう?
そして、主人公の表情が相変わらず感情の読めないものですが・・(笑)
と、今回の感想はこんな感じです~~!
は~~
本当、最後の最後でなんというか、主人公の対応がまともな対応してくれてよかった~
て感じです。
次回はどうなるのかな?
てか、話し続いていきます~とみせかけて、続かずに次の吾一様に~てな展開になっちゃうのでしょうか?
いいかげん、続きものの話になって欲しいな~(笑)
なんて思いつつ~
今回の感想終わり!
タグ:窪田正孝
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

アンナチュラル 6話 [TV感想]

アンナチュラル 6話感想です。
なんだろ、窪田君、おもいっきり主人公ラブ度がますますUPしてきてますが・・(笑)
等の主人公・・
なんだろな、まったく恋愛対象として相手にしてない~てのはわかるけれど、人を馬鹿にしてるのか、呆れてるのか、本当に感謝してるのか凄く微妙~なニュアンスの音声です(苦笑)
この、他人に対して一歩ひいた感じのある演技は、わざとなのか、そうでないのかがよくわからないけれど・・。
個人的に、こういう主人公、あんま、好きじゃないかも・・・(笑)
も~~
それでも純真に、一生懸命彼なりにアプローチしてる窪田君が凄く好きです♪
確かに、あのものの言い方だと、投げやりっぽく聞こえてしまうのはいたし方ないかな~なんて思いつつ・・。
ちょっと、珍しくラブストーリーになりつつも・・
相変わらずの主人公~
そういう時に、私は分かってます~て、平気でいえてるのって実は反省してない証拠。
本当の意味で悪いことした~て思えばいい訳なんてものは普通出てきませんからね。
そもそも、本当に分かってるのなら、こういう行動が出来ないだろうし、こういうときは、わかりました・・
というべきなのでは・・なんて思います。
少なくとも私個人は・・・ですが・・。
本当に、ここの上司さん、こんな暴君な部下を持って同情しちゃいます~~
そして、隣の問題児な男の対応・・(汗)
反省しなきゃ直すものも直せない~~てば~
もう、ここまで開き直られると、そのうち見捨てられちゃうよ~
普通だったら・・ですが・・(笑)
にしてもあの男のどこがクレイジーといえばクレイジーなんだろ・・
もの凄いクレイジーじゃないか~~~!
とか突っ込んでいるうちに、コンパでとんでもない事件へとお友達がまきこまれるのですが・・(笑)
そして、駆けつけた刑事に、何やってんの・・・
という台詞・・
このいい加減で適当な刑事さんい始めて同感~てのを持ちました(笑)
いや、あ~いう場でお酒飲むな~とはいいませんが・・
なんか、凄く、こうなりそうな予感はしなくもなかったのですが・・
そして、ぐだぐだ刑事さん、相変わらずイライラしそうですが・・
まあ、被害者とはいえ、説教されるのはいたし方ないような気が・・
油断対敵?
油断禁物?
と、この作品の登場人物においては、どうしても理性的な視点で見てしまう私・・
そして、次に運ばれてきた、ご遺体様がまさかの人物であり・・
そのご遺体が彼女が巻き込まれた事件に何か関係しているのかもしれない・・・?
てことで、またまた、この子らは独断と偏見で突っ走っていこうとする~~
反省する~て気持ちがないのですか、主人公様は~~(笑)
てなことで、取りあえず上司様のご支持通りに動くのですが・・
どんどん、事件がとんでもない方へと・・。
そして、登場人物達も更にとんでもないことをしでかそうとするし・・
これが警察官にバレたら罪が加算されてヤバイだけなのでは~~~(汗)
それでも、上司はなんだかんだで警察相手に必死の早口フォロー姿がツボすぎです(笑)
そして、そして、主人公達はその間に事件を調べていくのですが・・
事件の真実をあかすためだけとはわかっちゃいますが・・
相変わらず犯罪に手をそめていく主人公達・・(笑)
そして、ひょんなことから喧嘩モードになるのですが・・
女どうしのこういう嫌味な言い合いなやり取り、見てて、あんま気持ちよいもんじゃないな~なんて思いつつ・・・(笑)
友達で、そういうタイプいなかったからね~
天然ボケというか、前向きオーラ系か、大人のお姉さんとかばかりで・・♪
嫌味の言い合いするような人間は友達というより、あくまで同期レベル~
僚、スクールメイト~てレベルの人・・。
そういうこと言ってくる相手とは波長あわずに、自然と距離置いてったような記憶がします・・・(笑)
そして・・
窪田君も、とんでもない形で首突っ込み始めるし・・
窪田君が微妙に危険な立場になりそうな予感・・・・!
おかげで色んなことわかりつつあるのですが・・・
本当に・・
今回の被害者、加害者共に・・・
なんだかな~
て感じです。
どんな人間でも生きる権利を他人がどうこういえないのですけれどね・・
そういうのは、被害者だけが言える権利というか・・
そして、そして・・
主人公の意見に再び同感~
私達で捌くのではなく、法律で捌くべき・・・
という台詞が凄い最もだな~
とか思いつつ、人物像なのか、役者の演技なのか、この娘がいうと、やはり重みある台詞も凄く軽く感じちゃったりするのは何故でしょう・・
感情移入?
好感?
まあ、取りあえず、なんでもいいから事件を未然に防ぐために頑張れ~~!
て、所でしょうか・・
その止め方が凄い笑っちゃいましたけれどね・・・
車で門突っ込む暴君っぷりに、とにかく叫ぶだけ~~
て、それしか方法がないとはいえ、冷静な頭で視聴している視聴者側としては・・(笑)
なんとか無事解決~~でよかったですが・・。
そして、女の友情も・・
あれだけ嫌味いいあってたのに、なんだかんだで仲良いという・・
喧嘩する程仲が良い・・
て、奴ですか・・・(笑)
にしても、今回の窪田君~
なかなか、冷静で頼りがいあったりして~
なんて思ってみたりして・・♪
後、刑事の親父も・・
初めて、この人いい人かも・・
なんて思っちゃいました(笑)
今回は面白い、面白くない関係なく、よかった、よかった~て、感じでしょうか・・♪
そして、それぞれに、人間関係少しは変化する?
のかな~?
でも、このメンバーだと、あんまり分かりやすく表面化してこないかも・・(笑)
それよりも、窪田君です。
知らないほうがよかった事実・・。
高い報酬がつけばつく程に危険度も高い・・・と・・
怖いですね・・
裏で全て握ってるというか、情報屋というか、全て見透かして相手の足元狙ってくるような男・・
次はどんな話しになることやら・・???

タグ:窪田正孝
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

アンナチュラル 5話 [TV感想]

アンナチュラル 5話感想です。
うむ~~
やはり、この作品、回によって面白い度合いに地味に差が出るのは何故でしょう・・(笑)
てか、相変わらず、唯一、誰一人として、まっとうな人がいないなか、何処までも普通な窪田君は、規格外メンバー振り回されてます(笑)
素朴な彼の心の声というか、リアルな叫びが凄い面白くて好きかな♪
そして、自分の暴君っぷり故の人手不足に嘆きを叫ぶ男・・
本当に、自業自得~!!!
てことが、気付けないのが一番人として問題あり~なんですけれどね(汗)
気付くことができなきゃ悪い所直せないですから(汗)
まあ、確かに見た目はイイ男ですがね~~
でも、それだけじゃ~ダメでしょ~~(笑)
そして、相変わらず登場人物に感情移入できないです~~~
法を無視して罪を犯してまで・・
という心理に、なぜか入れないのは、登場人物達に今一歩好感持てないからかな~
うん、真実を明るみにするのは大事ですが、そのためには片っ端から何をやってもイイ~てわけではない~って、理性が、どうして~も、走ってしまう(笑)
そして、今回の話しのメインの彼も・・
可哀想だし、哀れだけれど・・
でも、だからといって、人としてやっちゃいけないことをやってしまっては・・
救いようないし、フォローしきれないでしょう・・(汗)
だって、いくら納得いかないからといって、あの行いは犯罪そのものでしょう~~!!
第一、将来一緒になろう~とかいう気持ちあるなら、将来性を見越した職につくのが男の甲斐性~て奴なのではないでしょうか?
それが出来てない状態で将来考えるのは早い!!!
そんなだから、彼女のご両親にあんな対応されるのでは~~
と、思ってしまいました。
やはり、同情を得るためには人としてまっとうな考えや生き方、理性を持っていてこそだな~と、思います。
確かに一番傷ついたのは彼自身だと思います。
でも、両親だって負けないくらい悲しい思いもしていて・・
自身の信念を貫き通すのもいいけれど、やり方を間違えれば、それはただの自分勝手・・
と、思いながらも・・・
そういう事情だから、これだけのことをしていて、罪にとらわれない~~
てのも、凄く変じゃないか~~~???
と、思わずにはいられない~~!
とか思っている間に、窪田君が必死に探偵モードに~(笑)
でも、へっぽこ探偵扱いされる窪田君・・・(笑)
そして、こっちはこっちで~
相変わらず、平気で仕事に私情を持ち込んで違法をどうどうとやってのける男~~
あ・・ありえない・・
怖い・・
怖すぎて近づきたくない男ナンバーワン・・・(笑)
本当にこの男の考えと行動理解できない、ついていけない~~!!
もう、どいつもこいつも盗みを平気でやらかすとか、変な人間多すぎ(笑)
あ~~こういうヘリクツで犯罪を平気で犯してしまうの可笑しい~
前回の話しがよかっただけに・・・
この作品はどういう方向性に向かっていくのか、再びよくわからなくなってきたぞ~~
人間、一つや二つ苦しみを背負ってます。
又は、苦しみを乗り越えてきた人もいます。
人間、最終的に自分との戦いなんだよね、そこにいい訳入れちゃうと自分に負けちゃった・・てだけで・・
てか、この罪は些細な罪なの?
重大な罪じゃないのか???
と、今回は突っ込み所おおすぎる(笑)
そして、彼女の生い立ち・・
それを考えると、彼女の突拍子のない行動や理念も分からなくもないのですが・・
多分、そういう部分見せるのが非情に薄いせいか、やはり共感~てのが持ちにくいのですよね。
公式サイト見なきゃ人物設定が理解できない~てのは、痛恨のミスかな・・
て、思わなくもないですけれどね・・(汗)
まあ、同情はされたくない~て気持ちはよくわかります。
理解してくれるのと、同情~ていうのは全然違いますしね。
そして、なんだかんだで暴君に手をかし、上司に対して知らん振りする主人公~
もう、こんな社員ばかりでよいのだろうか・・
こういう形で人の死の真相突き止めるのって、どうなんだ??
と、今回の話しでは凄く思っちゃいました(笑)
でも、なんだかんだで皆集まって手伝っていくんだよね~
なんだろ、仲良しこよしな悪ガキの集まりに窪田君がまきこまれていっちゃってる・・ような気がします(笑)
そして、どうにかこうにか~真実を追究していくわけですが~
新たな予想外な真実が!!
そして、その真実が又身勝手きわまりない行為であり・・
本当に・・
人の幸せを妬む心程醜いもの以外ないです
彼が怒るのも無理はないです。
人間だから、醜い感情だって持っていて仕方ないものです・・・
けれど、だからといって、嫉妬に狂って人一人の命を奪った・・
その行為は許されるべきものでは絶対にない!
罪は償わなければいけない・・
でも、その罪の償わせ方がこれなのか~
と思うと・・
本当に、後味の悪い終わり方になったな~と、思いました。
確かに、人は人に殺意を抱くほどの苦しみを抱くこともあるでしょう・・
けれど、そこで感情のままに突き進んでしまったら・・
犯罪者と同等のにんげんに落ちてしまうのです。
そして、この男・・
確かに、人の命を奪える人間は同じだけの覚悟をせおうべき・・
そうはいいますが、罪は罪だし・・
今回の話しにいたっては、そんな覚悟よりも彼女の分までまっとうな人生をいきる、苦しみを耐えぬく覚悟の方が必要だったんじゃないかな・・
と、思いました。
なので、今回の話しは、被害者も加害者も、どっちもどっち・・
一番の被害者は娘を失った両親なのでは・・・なんて思ってしまいました。
そして、人の命を奪いたい・・
その思いを止められた人間の苦しみを理解しろ・・
なんてこと言われても、理解できないし、したいとも思えないです。
そんな気持ち、理解出来てしまうのは犯罪者だけなのでは・・・と、思わなくもないといいますか・・
人に対して殺意なんて向けたくないし、向けられたくないですからね・・
てな感じで・・・
本当に、今回は、すっきりしないお話でした~。
なんだか、色々、気分的に中途半~な感じ・・。
でも、唯一の救いは、殺人にギリギリならなかった・・
そう、でもそれは、結果でしかなくて・・
そんな罪を一度でも背負い、思い余ってしまった人間に、まっとうな人としていきる未来はとても難しいだろうな・・なんて思いましたが・・
今回、初めて主人公の言葉に共感です!
そうです、何時までも過去にズルズル縛られず、解決すべきことを、さっさと解決しろ~てね。
さてさて~次回はどうなることやら・・
かな?

タグ:窪田正孝
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

アンナチュラル 4話 [TV感想]

アンナチュラル 4話です!
はい、今回のは普通に面白かったです~~
多分お馬鹿さんな登場人物~や、変な裏設定みたいなのがなかったから、比較的入りやすかったのかも・・(笑)
こう、変に裁判とかそういう専門的?リアリティのある舞台を大罪にするより、完全オリジナルな世界設定のお話~にしつつ、色々割り切ってみた方がこの作品は面白いような気がする?
てのが個人的意見(笑)
てか、主人公のお母さん面白キャラすぎて、主人公よりも寧ろ好きなんですが・・(笑)
こういう行動、嫌味なくこなせてしまう・・愛嬌感じる振る舞いで出来てしまえるのっていですよね~~♪
昔ながらの田舎のおばちゃん~なノリというか・・・(笑)
にしても、今回のお話も又、ある意味リアルというか・・
勤務労働外による過労とか・・
病気の医療ミスとか・・
バイクの修理ミスとか・・
それが原因で、なんかも~
人が亡くなられたというのに、責任転換の押し付けあい~
うん、今の世の中、問題起こす企業ではこういう人材が必ず絡んでくるんだろうな
とか思いつつ・・・。
全ての会社や病院がそう・・とはいいません。
少なくとも、旦那が勤めさせて頂いている会社は、残業はあっても過労死させるような仕事はさせておりません。
その分休日出勤したり、有給休暇をとれるときに取らせてもらったり、色々調整したりしておりますが・・
病院も、信頼できる病院と、そうでない病院~と、両方確かにあるのは事実~
イイ病院はすごくいいけど、印象の悪い病院は凄く宜しくないと、結構あからさまに出てくることも・・(苦笑)
まあ、ここまで酷い病院~には直接であったことはないのですが・・。
なんかも~こういう病院、凄く、ヤですね。
そもそも、信用ないし、通院したくないや・・て、思ってしまう・・。
特に手術とか、凄く怖くなってしまう・・。
少し前、ニュースで気管支と食堂間違えて空気いれて患者を意識不明にさせるとか・・してしまいそうな病院です。
本当、健康が一番だよね。
後、病院はちゃんと選べるように~出来るだけしなきゃ・・です。
とか、思ってしまいました。
にしても、今回の事故死解明~は、事件は現場でおきてるんだ~~
じゃないですけれど、こういう捜査っぽい雰囲気は物語に動きがあって面白いかな~な~んて・・(笑)
そして、会社の立場も最初は凄く気に入らなかったけれど・・
後々会社内での事実を知ってからは、工場長に対する嫌悪感も変わったというか・・
というか、子供の前で大人のごたごた見せたくない母親の気持ちも分からないでもないけれど、生命保険も入っていないのに、貰える物もらわずして、今後どうやって生活していくつもりなんだ?
この母親は・・・
目の前のごたごたがいやだからと現実逃避しても何の解決にもならないのにな・・
なんて、奥さんに対しても複雑~な心境になるというか、すっきりしない態度というか・・。
小さいお子さんおいて夜のお仕事する覚悟はおありなのだろうか?
なんて思ってしまいます。
生命保険・・入っていれば・・・というのも思わずにはいられませんが、家庭環境そこまで厳しかったのでしょうか・・・
と、色々考えつつも・・
それとは別に、よくわからない脅迫状で色々騒いでるメンバーさんたち・・。
そんな彼女達と派対照的に、一匹狼なこの男・・
本当にこの男は謎すぎです・・。
過去何をしてきたのだろう・・
凄く気になるけれど・・
その疑問に対して、面と向かって、どんな罪をおかしたんですか・・
と、聞く主人公の神経もある意味凄い・・(笑)
そんな彼女らに対し、窪田君が本当に健気すぎるというかなんというか・・・♪
そんな彼に向ける主人公の台詞が、やはりよくわからない・・・。
女が男を部屋に誘って何でセクハラになるのか、よくわからない私は可笑しいのでしょうか?
男が女相手にいうならまだしも・・とか思うのですが?????
ん~~やはり、この作品~
主人公視点でこの作品見るの難しい~~(笑)
そうこういっている間に、死因がややこしいながらも判明しそうな展開に?
とか思っている間に・・
あの親にしてこの子供???
いくら親が心労で無くなって、辛いし憎いだろうけれど、お店の窓に石投げちゃダメだし、こんな状況下におかれた子供は石を投げるしかないですよ・・
て、子供のしたことを正当化する主人公も、凄く変です
気持ちはわからないでもない分、もう少し言葉の表現工夫してくれないと、彼女の発言違和感ありすぎてたまりません(笑)
リアルでこんな発言されたらどうなるんだろう??
とか思ってしまうのです・・。
そして、働いて働いて死にそうな思いをしているのは社員さん以上に・・・
そう、悪いのは無理を要求した、現場のしらない社長全てが悪い!
そう、商品の売り上げ、会社の利益だけを優先して現場を考えなかった社長全てが悪いのであり、工場長に責任はないのだと・・
倒れるまで仕事していた工場長の身を考えると、工場長も被害者であり・・。
てか、旦那さんの事故に対して奥さんの対応~
あんなに酷い怪我していたのに、なんで直ぐに病院につれていかなかったのだ~~
普通、あんなに血だらけで放置しとくとかありえないです(汗)
裁判になれば父親が悪く言われるから可哀想・・て・・
お金なくして、今後、子供の生活、本当にどうするつもりなのでしょう・・
夫が返ってこないのにお金だけ貰っても・・
て、本当、返ってこないからこそお金を貰わなきゃいけないのに・・
生きるってことは感情論や綺麗ごとだけじゃ生きていけないのです!
と、思わずにいられません。
そして、なんとか、色々判明してきたのだけれど・・・。
ここで久保田君がナイスな発言が、何気に優秀な刑事になれる~(笑)??
てか、今時のマンホールってこんなにカラフルなのか~~(笑)
そして、更に、更に~窪田君の有能度発揮~~!
それにくらべて、主人公のとんでも発言が~
いくらなんでも、あったことをなかったことをする、そんな大人の姿をみたら・・
石を投げるしかないですよ
て、こらこら~~
辛い思いしているからといって、子供は何してもいいのか~~
違うでしょ!
いくら子供でも、やっちゃいけないことと悪いことの分別はつけるように教育しなきゃダメだよ~~~~
いえ、子供だからこそ教育しなければ!!
とか思っている所に・・
工場長がカッコイイ!!!
急遽工場のラインをとめ、あることのために行動を起す工場長へと、仕事に対するプライドはないのか~~
と、どなりつける社長に思わず・・・
いや、そういう貴方だってプライドなんて持ってないでしょ?
ただ単に設けることとお客様への見栄の塊以外何ももってないんじゃないの?
と、思っている所に、工場長が強く発言します

プライドならあんたよりあるよ!
商品にだって愛情はある。
けど、人を死なせてまでやることなのか!

と・・
本当に・・
この台詞に凄く共感しました!
そして・・本当に良い人だったんだな~と・・
工場長のその後の行動を見て、ちょっと見直してしまいました♪
なかなか上司相手に、あれだけタンカ切れる人って、本当に仕事にプライドや現場の人間思ってくれてる人でなかれば出来ないと思います♪
そして、地道な操作が続き・・・(笑)
その努力の結果、とうとう見つけたのです!
2000個の中からの、たった一つを!
そして、事件の全てが明らかになるのです・・。
本当に、馬鹿で無能でダメな社長が・・
あんな怪我をしてまでも休み取らせてくれないなんて、ブラック企業としかいえないのではないでしょうか?
そりゃ、ちょっとした風邪だったり、多少の頭痛くらいなら、ちょっと我慢して出勤したりはするだろうけれど・・
本当に・・・
真面目で、家族思いな父親だからこそ、切なくてやるせなくて・・
無事解決し終わった後の主人公の台詞・・
労働が罪っていうのは、個人的にはやはり共感出来ないかな。
窪田君がいうように、生きるために働いてるのだから、それが罪だとかいってたらきりがない・・・
というか、そんなこと言い始めたら、人間生きていること自体が罪だと思いますよ。
というか生きとしいける生物全ててが罪になる?
だって、人間も野生の動物も生きるために多くの命を奪っているあけだし・・
なんて、少々明後日の方工の話しになりますが・・・(笑)
まあ、仕事なんてのは・・
誰かのためとか、夢のためとかは、その延長線上でよいと思いますし。
まずは生きていくため~
なんでも、お金がなければ夢所じゃないですからね・・。
持ちすぎるのはよくないけれど、自分の身に余った金額さえあれば人は幸せに生きていける・・
て、何の話しをしているのでしょう、私は(笑)
さあ、話しを戻して~例の会社はどうなったかというと~~
社長相手に社員全員での裁判に、労働改善!
これで一件落着~だといいのにね・・。
ていうか、本当に人の命を奪う程に仕事強いられる今の社会はどうにかするべきです。ある程度の残業に、残りは休日出勤にさせるとか、そういうやり方じゃダメなのかな?
て、個人的に思うのですが・・
というか、残業手当つけない~てのも可笑しいですし
これは改善すべきです!
そしてそして、話しの最後~
気になる暴君男の言動・・
自分の恋人を解剖する彼氏・・
本当に、何があったのか??地味に次回が気になります
と、気になる所で続く~です♪
タグ:窪田正孝
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

羽生結弦 怪我完治しない中の圧巻の滑りだったとは! [その他]

知りませんでした・・。
予約しておいた、TVのスポーツニュースや報道番組のインタビューを改めて、まとめ視聴していましたが・・・。
凄いです・・。
怪我してるから・・という弱音をはきたくない・
怪我を直すことが出来ない状態だということを受け止めることで、ふっきって滑ることが出来た
麻酔が無ければ到底ジャンプすることなど出来ない状態だった・・
なんてことを聞いて、驚愕しました。
確かに、ジャンプ、危うい所も多少あったしスピンもゆっくりだったり・・
それは、ただ単にブランクや体力だけの問題だと思っていたけど、違ったのですね・・・。
友達からの遊びの全てを理スケートに人生をかける男・・
人気者ゆえの非難中傷もあったということ・・
インタビューにて、彼を嫌う?
誰が??
と、?????
状態でしたが・・
そんな裏の話しがあったなんて、まったく知りませんでした。
私が思う以上に・・
いえ、メダリストは勿論、プロのアスリートは皆私の想像を絶する血の滲むような努力をされているのでしょう・・。
それ以上の話しがあったことをしり・・
本当の本当に、彼はプロのアスリートであり、日本の宝なのだと思いました・・。
力があり、人気物故の辛さってどんなものなのでしょうね・・・
なんて、想像も出来ないのですが・・!
少なくとも、私は彼を応援しているし、尊敬しているし、とっても大好きで憧れの存在です!
私には持ち得ない、究極のハングリー精神を、ストイックさ・・
素晴らしいです!
そして、今までファンや国民のために滑ってくれた羽生選手・・!
どうか、これからはご自身のためのスケートをなさって下さい
そして、何よりも怪我の完治を・・・!!!

と、心より思います。
改めて、本当に有難うございました!
貴方は最高に素的なアスリートです!
本当、王子でなく貴公子~ですね!!
旦那にいったら笑ってましたが(笑)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フィギュアスケート 羽生結弦 金、宇野 銀 メダル! [その他]

おめでとう~~~!
としかいいようがないです!
二連覇金メダルです!
前半のジャンプは全て完璧に・・
後半は少し危うい所もありましたが、根性で耐え、ブランクをのりこえジャンプをとびきりました!
連続ジャンプも、機転をきかせて完璧なジャンプへと跳び直したり・・
流石オリンピック経験者と自負されているだけのお方です!
それだけ胸はって、勝った!と、思えるには血の滲むような努力なくしてありえないでしょう!
もう、あれだけの怪我をして、何処まで期待に応えてくれるのか、心配しながらも期待せずにはいられなかったのですが・・
ここまで、圧巻の滑りをしてくれるとは、驚きです!
なかなかこんな素晴らしいハングリー精神はないです!
メンタルは強くない、といいきるご本人ですが、自分はまだまだだといいながら努力する、そのハングリー精神が今の彼を、キンメダル王者という彼を作りあげてきたのでしょう
プレッシャーと戦い、はねのけ、ファンの想いをしっかり受け取ってくれる・・・
そういうことでなければ、メダル争いに、きっと入れないのでしょう・・・
本当、金メダル確定~の時の・・
嬉し涙を必死に堪える羽生選手を見て、貰い泣きじゃないけれど、まるで自分のことのように嬉しくて仕方ありません!
本当に、滑れない時期があった中、もどかしい思いや焦り等、それこそ自分との戦いに日々を過ごされたことでしょ!
その自分との戦いに勝ち抜いた彼はまさに王者です!
そしてそして宇野君も、最初のジャンプ失敗したものの、その後は躍動的な滑りで素晴らしいジャンプをみせ・・
インタビュー時、咳き込みながらも、失敗に対して焦ることなく冷静に対応できる宇野君も凄いですね。
プレッシャーを感じないで滑れる・・・
ていうのも、ある意味凄いけれど、確かにそういう人ってプレッシャーに打たれなれない~て所でもありますからね~。
羽生君曰く、そういうのを感じて乗り越えるタイプと、そういうのを感じさせない能力のある人間・・
二通りいるけれど、宇野君は後者のようです・・。
やはりメダル候補の人たちは、メンタルのあり方が全てなのかもしれません!
なにはともあれ、日本人二人が無事銀メダル~~
本当に、本当に嬉しいことこの上ないです!
有難う、羽生君、宇野君!
あなた方は日本の宝です!!


PS

てか、宇野君を見守る羽生君、二人の姿は、本当に兄弟のようで・・
オリンピックの時も頭なでたりと・・♪
本当、心が安らいじゃいます♪

これからも応援させて頂きます!
感動を有難う~~!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感